秋雨前線とは?いつまで続くのか時期や仕組みを解説!

秋雨は、毎年秋の初めから半ば頃にかけて続く、日本の雨季のことです。

梅雨に比べて、あまり意識することが少ないものですが、台風と重なると、大きな災害を生むこともあります。

地球温暖化が進むにつれて、これから雨量も増えていくかもしれません。

ちゃんと知識武装して、備えておくことに越したことはないですよね?

というわけで、この記事では秋雨前線の時期や、仕組みなどをバッチリ解説しちゃいます!

スポンサーリンク



秋雨前線とは?

秋雨とは、毎年8月下旬~10月中旬頃を中心に続く、長雨のことです。

秋雨前線を挟んだ周辺の地域では、雨が多くなります。

でも、そもそもこの前線ってなんなのでしょうか?

前線とは何?

前線とは冷たい空気と、暖かい空気の境目のことです。

前線では暖かい空気が、冷たい空気に冷やされて雲ができやすくなります。

そのため、前線の周辺地域では雨が多くなるのです。

秋雨前線は秋にできやすい前線なので、秋雨前線と呼ぶわけです。

では、秋雨前線はいつ頃の時期にできるのでしょうか?

秋雨前線の時期

秋雨前線は、だんだんと南下していきます。

そのため地域毎に、いつまで続くかが微妙に違います。

秋雨の時期

  • 札幌
  • 8月下旬~9月下旬頃(ピークは8月下旬~9月上旬)

    青森
    8月下旬~10月上旬頃(ピークは8月下旬~9月中旬)

    福島
    8月下旬~10月上旬頃(ピークは8月下旬~9月下旬)

  • 東京
  • 8月下旬~10月下旬(ピークは9月中旬~10月上旬)

  • 名古屋
  • 8月下旬~10月上旬(ピークは9月中旬~9月下旬)

  • 大阪
  • 9月上旬~10月中旬(ピークは9月中旬~10月上旬)

  • 高知
  • 8月下旬~9月下旬(ピークは9月上旬~9月下旬)

  • 福岡
  • 8月中旬~9月下旬(ピークは8月中旬~9月上旬)

  • 鹿児島
  • 8月中旬~9月下旬(ピークは8月中旬~8月下旬)


※気象庁の平年値のデータより

こうして見ると、南西の地方の方が、早く秋雨の時期が終わってしまいますよね?

これは秋雨の仕組みに理由があるんです。

スポンサーリンク



秋雨の仕組み

秋雨前線は、冷たく乾燥した秋の空気と、暖かく湿った夏の空気がぶつかることでできる前線です。

秋の空気と夏の空気は、常に押し合っているため、秋雨前線は南北に上がったり下がったりを繰り返しています。

8月中旬~9月上旬

この時期は、秋の空気(オホーツク海高気圧)がだんだん強くなってきます。

そして、8月後半から9月にかけて、北日本に秋雨前線ができますが、同じ場所に停滞するのは、数日程度です。

そのため、天気は周期的に変わります。全国的にぐずついた天気が多い時期です。

9月中旬~9月下旬

この時期は、オホーツク海高気圧がかなり強くなり、太平洋高気圧が同じくらいの勢力になり押し合います。

そのため、秋雨前線が南北に上下動しながら、北日本を中心に多くの雨を降らせます

10月

やがて、10月に入ると、秋雨前線は本州南を中心に停滞するようになります。そのため、四国や九州では雨量が少なくなります。

最終的に10月後半には、秋雨前線は日本の南に移りますが、この頃には夏の空気も弱くなっています。

そのため、秋雨前線は弱くなり雨量自体も少なくなり、やがて消滅してしまうのです。

このように秋雨前線は、地域によっていつまで続くかには、微妙な違いがあります。

さらには、梅雨前線の特徴とも、微妙な違いがあるんです。

そこで、今度は秋雨前線の特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク



秋雨前線の特徴

梅雨前線のように、初夏の頃に雨季になる地域は、東南アジアを中心にたくさんあります。

しかし、秋雨前線だけは日本特有のものです。

そんな秋雨前線には、次のような特徴があります。

秋雨前線の特徴

  • 雨が強いのは初期の頃
  • 雨量が多いのは、夏の空気(太平洋高気圧)が強い、初期の頃です

  • 台風と重なりやすく豪雨になることもある
  • 時期的に台風と重なりやすく、時に豪雨災害になりやすいです

  • 雨量は北や東に行くほど多くなる
  • 秋雨前線は北日本から発生して、本州の南に停滞するため、北や東の地域で雨量が多くなりやすいです

  • 梅雨ほど開始と終了が明確ではない
  • 梅雨ほど明確な境目が無いため、秋雨の”入り”や”明け”の宣言はされません

秋雨の時期も実は、かなりの降水量なんです。

しかし、秋雨の入りと明けの境目が曖昧なため、“最近雨が多いなぁ…”なんて思っているうちに、だんだんと秋晴れの日が増えてくる…。そのように感じる人が多いのが、秋雨の最大の特徴かもしれませんね。

スポンサーリンク



まとめ

今回は秋雨前線の時期や、仕組みを紹介しました。

というわけで、この記事の内容を簡単にまとめておきます。

秋雨前線のまとめ

  • 秋雨とは8月中旬~10月中旬を中心に続く長雨のこと
  • 秋雨前線は北日本で発生し、南北に上下しながら南下する
  • 10月に入ると本州南で停滞するようになる
  • 雨量は最初の時期が多い
  • 東や北の地域になるほど、雨量が多い

実際には入りと明けが曖昧なので、いつの間にか雨が多くなって、いつの間にか秋晴れの日が多くなるといった感じです。

しかしながら、台風が多い時期と重なるため、水害に繋がりやすい厄介なものです。

秋雨の時期には、天気予報に十分注意して、過ごしてくださいね!


スポンサーリンク