当ブログ『青い空の雲』をご覧いただきありがとうございます。

私は“やふひち”こと齋藤陽一と申します。

現在は、宮城県仙台市在住で、自分でもブログを運営しながら、そのスキルを活かして、世の中の人にブログ運営の方法を教える講師業をしています。

朝は6時過ぎに起きて、朝食を食べたら、8時に車で妻を職場に送ります。そこまでは、忙しいのですが、その後は、毎日のんびり17時くらいまで仕事をしています。

仕事場は、コワーキングスペースが多いですが、いつも同じ場所で仕事をするのが苦手なので、ドライブがてら山形や岩手に行って、そこで仕事をすることもあります。

我ながら雲みたいな人間だなぁと思います。

その後は、また妻を迎えに行き、帰宅して夕食の支度をします。

夜は仕事をしたり、のんびりしたり、ダラダラしたりして過ごします。

こんな感じで私は、自由気ままに、雲のように好きな所に行き、好きな仕事をしながら好きな人と楽しく過ごすのが、大好きな人間です。でも、ただ、毎日好きな所に行って、好きな事をしてるだけじゃ生活できません。

自分を律して、程よく仕事をして、人並みに豊かな生活をしなければ、幸せを感じることはできません。

だから、私の人生のテーマは『自由と自律』なんです。

そして、青空に浮かぶ雲は、そんな私の人生テーマを象徴したものなので、『青い空の雲』というタイトルにしました。

今は、自分なりに満足できるライフスタイルが実現できていると思います。まぁ、常にもっとお金は欲しいですけど…。

こんな私が、今に至るまでの経緯を、自己紹介を兼ねて書きますね(^^)/

自己紹介

私は2017年まで、某大手携帯電話会社で、システムエンジニアをしていました。

働いていた当時は、日本を代表する大企業に勤めることができて、自分の人生は安泰だなと思っていました(^^;

給料は十分貰っていて、生活も十分豊かでした。東京湾岸地域にあるタワーマンションに住んで、誰もが羨む(本人はローンに苦しむ)生活をしていました。

仕事では、誰もが知ってる携帯電話サービスの、システム開発を担当していました。全社的なプロジェクトのリーダーなんかもやらせてもらいました。まぁ、私には荷が重すぎて、上司や仲間がほとんどやってくれましたけど(-_-;)

仕事で要求されることのレベルは高く、毎日、目の前の仕事を片付けることだけで精いっぱいでした。

それでも、なんとかこのまま定年まで働くことができたら、理想的だなぁって、思っていました。

でも、最初にも言った通り、私が追い求めているのは『自由と自律』です。

私が勤めていた会社は、典型的な日本企業です。ライバルから少しでもシェアを奪い取り売り上げを増やすこと、お客様の満足度を上げることを至上命題としていました。社員たちはそのために、みんな無理して働いていました。

そんな、厳しいプレッシャーの中で、みんな必死に仕事をしていました。

そういうわけで、辞めていく人たちの半分くらいは、心身の健康を壊したことが理由でした。

そんな仕事をしながら、定年まで仕事するなんて、自由と自律とは真逆のライフスタイルです。でも、当時の私は、自分にでも”自由と自律”が最も重要なことだと、分かっていなかったんです。

心と体が壊れていく…

そして、私自身もだんだんと疲弊して、耳鳴りや目まいがするようになり、たびたび片頭痛も起きました。

人生は安泰なはずなんですが、ボロボロの体調で、毎日目の前の仕事を片付けているだけの生活です。そうしているうちに、いつの間にか年が変わっていくことを繰り返すだけで、生き方は何も変わっていません。

本当に定年退職まで働けるのか、疑問に思うようになりました。そして「自由な生活をしたいなぁ…」と思い、職場の窓から青空に浮かぶ雲を眺めて、ボーっとすることが増えていきました。

そこで、贅沢できなくても良いので、50歳までにサラリーマンを引退して、自由な生活をすることを決めました。

そして、資産や収入を増やすために、色々なことをやりました。不労所得が欲しくて、資産運用をしたり、ブログ運営を始めたりして、本業をやりながら様々なことに挑戦したんです。

そして、ムチャクチャ頑張った結果、十分な資産を作ることに成功する…なんて、陳腐な成功ストーリーにはなりませんでした(-_-;)

結局、生まれつきの心臓の持病が悪化して、不整脈発作が頻発するようになってしまったんです。

これは、さすがに休まないとマズいのかもと思ったものの、私以上に仕事で苦労している、上司や同僚の顔が浮かんで、ダラダラと無理を続けていました。

妻からは何度も、病院に行くようにお願いされました。

しかし、私は自分からギブアップするのは、申し訳なくてできませんでした。でも、心の中では誰かがタオルを投げ込んでくれるのを待っていました。全く無意味なファイティングスピリットだったなと思います(^^;

最終的には、お願いだから病院に行って、ダメ元でいいから「休職したいので診断書を書いてください。」って、頼んできて欲しいと、妻に頼まれました。

私自身は、そんなにすんなりと診断書を書いてくれるほど、自分の状態は悪くないと思っていました。

ところが医者は「よくぞ決断ししましたね!今までも命に関わる、危険な発作が起きていたんで、早く辞めた方が良いって思ってましたよ。」と言って、その場ですんなりと診断書を書いてくれました。

そんなにヤバかったなんて、知らなかった…。

自由と自律を求めて…

そんなこんなで、診断書を貰った私は、上司に診断書を渡して、休職をお願いしました。

上司も同僚も、ひたすら私の体を気遣ってくれて、仕事の引継ぎも最優先でできるように、配慮してくれました。

そして、休職をお願いしてから、数日後には休むことができました。わずか10日間程度で、生活は激変です。急なお願いを聞いてくれた、皆さんには、今でも本当に感謝しています。

しかし、休職はしたものの、本当に復職できるかどうか不安でした。元気になって仕事に戻っても、再びダウンしちゃうかもしれないと思いました。

そこで、療養生活をしながら、以前からやっていたブログを頑張ることにしました。コツコツと記事を書いていったので、ブログの収入は少しずつ増えていきました。しかし、まだそれだけで生活するには、不安な状態でした。

そして会社を辞めました

しかし、ある日、新しい収入源を考えていた時に、自宅を貸して家賃収入を得れば、計算上は、なんとか生活できることに気付いたんです。

そうすることで、自動的に引っ越すことができます。だったら、長年の夢だった、地方移住ができると考えました。

体を壊してからは、バタバタして気付きませんでしたが、いつの間にか、好きな時間に仕事をして、好きな場所に住むことができるようになっていたんです。

結局、1年後に復職せずにそのまま会社を辞めることにしました。会社を辞めた翌日に、青い空に浮かんでいた真っ白な雲は忘れられません。

夫婦で相談して、移住先は仙台にしました。会社を辞めてすぐの、2017年の6月のことでした。

今の生活

仙台に移住してからは、ブログの方も急にアクセス数が増えました。

一時期は月間100万pvを超えたりもして、かなりバブリーな時期でしたが、そのお陰で、ブログ講師のオファーもいただきました。

その分、アクセス数が激減した時には、ショックで自分を見失ったりもしました(*_*;

でも、色んな事を通して、自分が理想とする自由で自律的なライフスタイルに近づいています。

念願だった家庭菜園や米作りもできました。

将来は電気などのエネルギーも、自給したいなぁなんて思っています。

このブログでお届けすること

そんな私がこのブログで皆さんにお伝えしたいことは、私の人生テーマである『自由と自律のエッセンス』です!

自由と自律を求めて、結果的にサラリーマンを辞めてしまった私ですが「サラリーマンを辞めて自由になった!」なんて、どこにでもあるような文句で煽るつもりはありません(^^;

実際、ブログだけで生活できるほど、世の中は甘くありません。最近の確定申告でも、”所得額”の数字は、サラリーマン時代の半分でした…(-_-;)

『もっと収入を増やしたいなぁ~』と思うことはしょっちゅうです。でも、たとえ収入が増えたとしても、サラリーマンに戻って、また昔のストレスフルな生活に戻ってしまうのであれば、意味が無いですよね。

だから、私は“サラリーマンになったら増えるはずのお金で、今のライフスタイルができる権利を買っている”と思うことにしています。

そして、そのお陰で、“自由と自律”が実現したと、胸を張って言えます(^^)/

だから、皆さんにも、私が考える、自由と自律の考え方やコツなんかをお伝えしたいと思っています。

とは言っても、そんなに特別なことは書いていません。日常に笑顔を増やすためのちょっとした情報をお届けしています。

例えばこんなことです。

  • 日常生活を便利にするお役立ち情報
  • 会話が楽しくなる雑学
  • 仕事に役立つ知識
  • お得な生活をするための豆知識

読んでくれる人が、ちょっとでも笑顔になれることを意識して書いています。

皆さんの暮らしに、少しでも”自由”と”自律”がもたらされれば、幸いです(^^)/