寿司屋のネタにサーモンが無い理由!理由はやっぱりアイツのせいだった

お寿司のネタの中で、サーモンって安くて美味しくて、コスパが良いですよね(^^♪

生以外にも炙りなんかでも、美味しいです。

でも、サーモンのお寿司って、昔は存在しなかった気がします。今でも、回らないお寿司屋さんでは、ネタの中にサーモンは無い所が多いですよね?

これっていったいなぜなんでしょう?

調べてみたら、サーモンのお寿司が食べられるのって、とっても恵み深いことだと分かりました!

というわけで、今回は回らないお寿司屋さんのネタに、サーモンが存在しない理由を紹介します。

スポンサーリンク



寿司屋にサーモンが無い理由

ご存知の方も多いと思いますが、寿司のルーツは、江戸時代の江戸ですよね。

元々、お寿司は「江戸前寿司」と呼ばれていて、東京湾で取れる魚を、新鮮なうちに生で食べるものでした。

そして、サーモン、つまり鮭が寿司ネタに存在しないのも、”江戸前”であることに大きな理由があります。

順番に見ていきましょう。

東京湾には鮭がいないから

寿司が誕生した当時の江戸時代は、冷蔵・冷凍技術なんて存在しません。そのため、鮮度が命の寿司ネタ、を長距離輸送することができなかったわけです。

わざわざ”江戸前”なんて標榜しなくても、すぐ近くの東京湾の魚しか使えないわけです。

東京湾や関東地方の川には、鮭は生息してないので、寿司ネタには使えないわけです。

とは言え、日本人の”新鮮で美味しい魚を食べたい!”という執念は、もの凄いものがあります。

同じ江戸時代でも時代が進むと、船の中に生簀を作った生船(なまぶね)というものが登場します。

この生船を使って、地方で取れた魚を生きたまま、江戸に運ぶなんてこともやっていました。

しかし、鮭に限っては、この生船を使って運搬しても、生で食べられない理由がありました。

その理由は、やっぱりアイツでした…。

アニサキスがいるから

鮭をお寿司で食べられない一番の理由は、寄生虫のアニサキスがいるためです。

この記事にも書きましたが、サーモンはアニサキスがいることが多い魚の一つです。

通常アニサキスは魚の腸の中にいますが、宿主の魚が死ぬと、腸を食い破って身の中に移動する事があります。

この状態の魚を食べてしまうことで、アニサキス中毒になってしまうわけです。

新鮮なうちに食べれば、アニサキス中毒のリスクは下げられますが、決してゼロではありません。

激痛を伴うアニサキス中毒を考えると、とても生で食べられる魚ではないと考えられてきたわけです。

そいういうわけで、アニサキスの危険が高いサーモンは、お寿司屋さんでは扱われてきませんでした。

ところが、最近になってサーモンを扱うお寿司屋さんも増えてきました。回転寿司店では、サーモンは普通に存在するメニューです。

いったい、なぜサーモンのお寿司が食べられるようになったんでしょう?

スポンサーリンク



なぜ回転寿司にはサーモンの寿司があるのか?

アニサキス中毒を防ぐためには、60℃以上で1分以上加熱するか、-20℃以下で24時間以上冷凍することとされています。

生で食べたいのであれば、当然、冷凍するしかありません。しかし、冷凍したサーモンは、細胞が壊れてしまい、解凍した時に汁が出てしまいます。そうなると、お寿司で食べでも美味しくありません。

実はこれがサーモンのお寿司が、存在しなかった真の理由です!

ところが、最近になって冷凍技術が向上して、数巡年前から、食品を急速冷凍することができるようになりました。

急速冷凍した食品は細胞が壊れないため、ほぼ元通りの状態で解凍できるようになりました。

急速冷凍の設備導入のコストは、当初は高かったのですが、さらなる技術向上のお陰で、コストも下がってきました。そのお陰で、安く急速冷凍できるようになり、安全なサーモンを美味しく食べられるようになったわけです。

冷凍可能な食品は、長期保存が可能になるため、安定して安く供給可能です。そのため、回転寿司で主要なネタとして、重宝されるようになったわけです。

サーモン(鮭)をお寿司で食べることは、実は日本人の悲願だったわけです(*^^)v

それでも、まだまだサーモンを扱ってないお寿司屋さんはたくさんあります。きっとそのようなお寿司屋さんは、江戸前寿司としてのプライドがあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はお寿司屋さんのネタにサーモンが存在しない理由を紹介しました。

その理由を時代毎にまとめてみました。

お寿司屋さんにサーモンが無い理由

  • 東京湾で鮭が取れなかったため(江戸時代)
  • アニサキス中毒の危険があったため(数十年前まで)
  • お寿司屋さんにプライドがあるから(現代)

最近は回らないお寿司屋さんでも、サーモンのお寿司を出すお店もありますよね。

ヘタなネタよりも全然美味しいですし、あまりこだわらずに、どんどん美味しいサーモンを握って欲しいですよね(^^;


スポンサーリンク