トグル入力とフリック入力はどっちが良い?簡単な練習方法を紹介!

最近のスマートフォンって、性能が良いですし、何でもできちゃいますよね。もはや、パソコンとできることが変わらなくなってきました。値段だって下手なパソコンよりも高いですしね…。

そんなスマートフォンを最大限に活用するためには、文字入力を素早く、効率的にすることがとっても大事です。そのためには、トグル入力ではなく、フリック入力をマスターすることが必要不可欠です。

私の奥さんも、いまだにポチポチとトグル入力です。たまに私のスマホをいじる時には、苦労して文字入力しています。(私のスマホはフリック入力オンリーです)

ていうか、それ以前に、“トグルとかフリックって何のことか分からない!”なんて人もいるかもしれませんね。

そんな人のために、この記事では、トグル入力とかフリック入力とは、何ぞや?ということを説明したいと思います。

スポンサーリンク



トグル入力とフリック入力

トグル入力とかフリック入力とは、スマートフォンの文字入力方式のことです。

いわゆるガラケーと呼ばれる、携帯電話を使っていた時代は、文字を入力する時には、数字のボタンをポチポチッと押してましたよね?

あの文字の打ち方が、実はトグル入力とかトグル打ちと呼ばれるものだったんです。

言葉だけだと分かりにくいので、アニメーション画像で解説しちゃいますね。

トグル入力

上の画像がトグル入力で「とぐる」と打ち込む時のアニメーション画像です。

こんな感じで、た行の文字を打ち込む時は、ポチポチ“た”のキーを押して、次は“か”のキーをポチポチと押す…なんてことを繰り返すのが、トグル入力です。

そして、”とぐる”と入力する場合は、次のような手順で、打ち込むことになります。

トグル入力の場合

  • “た”のキーを5回押す
  • “か”のキーを3回押す
  • 濁点のキーを1回押す
  • “ら”のキーを3回押す

全部、足し算すると、12回ボタンを押すことになるわけです。

トグル入力あるあるは、急いで文字を打ち込もうとして、ポチポチ押している内に1周回ってしまうことです。そして、打ち直すために、またポチポチ押すと、どんどん回数がかさんでいきます。

本当に非効率的な文字入力の方式です(-_-;)

昔の自分は、よくこんなことをしていたなぁと感心します(^^;

フリック入力

一方で、こちらがフリック入力で「とぐる」と打ち込むという、シュールなアニメーションです(^^;(キー操作の回数を比較するためにこんなことしてます)

例えば“と”を打ち込む場合は、”た”のキーにタッチしたら、指を離さずにそのまま下にスライドさせてから離すと、“と”が入力できます。

フリック入力の場合、”とぐる”と入力する場合は、次のような手順で、打ち込むことになります。

フリック入力の場合

  • “た”のキーに触れて指を下にスライド(1回)
  • “か”のキーに触れて指を上にスライド(1回)
  • 濁点のキーを1回押す
  • “ら”のキーに触れて指を上にスライド(1回)

全部で4回です。

誤入力を直す時も、バックスペース+再入力の2回で済みます。

慣れないうちは大変なんですが、一度マスターすると、メチャクチャ早く文字が入力できて、快適です!

というわけで、うちの奥さんのiPhoneを、イタズラで勝手にフリック入力のみにしたところ「戻したくても戻せない!」と怒られました…。

戻し方くらいググれば、すぐに分かると思うんだけどなぁ(^^;

スポンサーリンク



“フリックのみ”がおすすめですよ!

iPhoneの場合、初期設定では、トグル入力とフリック入力が、両方できるようになっています。

フリック入力に慣れてない間は、これでも良いんです。しかし、だんだん慣れてくると、この状態はウザく感じるようになります。

例えば、“ななめ”なんて入力する時には、“な”のキーを2回タッチすると“に”になっちゃいます。

“な”の入力が確定するまで、多少待たなければならないので、これがとってもウザいんです。これもトグル入力の欠点の一つです。

というわけで、慣れてきたら、文字入力は“フリックのみ”にするのがおすすめです。

そこで、iPhoneの場合の設定変更の手順を紹介しますね!

フリックのみにする方法

  1. iPhoneの設定を開く
  2. まずはiPhoneの設定を開きます。

  3. 一般を選択
  4. キーボードを選択
  5. 一覧の中から”フリックのみ”を見つける
  6. スイッチにタッチして、”フリックのみ”をonにする

とは言え、いきなり”フリックのみ”の設定にせず、初期設定でフリック入力に慣れてからがおすすめですよ!

スポンサーリンク



おすすめの練習方法

フリック入力を上達したいなら、やはり練習するのが一番です。

例えば、iPhoneならフリック入力練習用のFlickFunというアプリがあります。

単語や文章なんかで、手軽に練習できます。

私の場合、片手の入力で3段でした!まぁ、凡人レベルでしょうかね(^^;

試しに練習してみてはどうでしょうか?

ここからダウンロードできます!

 

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はトグル入力とフリック入力の違いを解説してみました。

簡単にメリットとデメリットを比較してみますね!

入力方式 メリット デメリット
トグル入力 操作が単純 非効率的
焦ると入力ミスしやすい
フリック入力 とにかく効率的 マスターするまで大変

一度、できるようになると、文字入力の速さは格段に上がります。

ボタン操作の回数的には、3倍~4倍の差が出ます。

スマホユーザーの必須のスキルなので、ぜひぜひマスターしてみてくださいね(^^)/


スポンサーリンク