電子レンジで爆発するもの!その食べ物は本当に温めて大丈夫!?



電子レンジは今や生活に無くてはならないものですね。

手軽に食べ物を温められる便利な家電製品です。


でも、温める食べ物には注意が必要ですよね。あまりに手軽過ぎて、何も考えずに、どんな食べ物でも温めてしまうため、うっかり爆発させちゃったなんて経験がある人は多いかもしれませんね。

私なんかは揚げ物を温め過ぎて、爆発させてしまい、電子レンジを汚して怒られてしまいます。

このように電子レンジで温めると危険な食べ物って色々あります。

あらかじめ知っておくと、電子レンジを汚さずに安全に使うことができると思います。

そこで、今回は電子レンジで温めると爆発するものを紹介して、それが爆発してしまう理由をお伝えします。

スポンサーリンク


温めると危険な食べ物

電子レンジは何でも温められるので、何も考えずに色々な食べ物を温めてしまいます。

でも、中には温め過ぎると爆発してしまうものがあります。

電子レンジが汚れるくらいで済むならまだ良いのですが、場合によっては火傷をする可能性のある危険なものまであります。

そんな爆発しちゃう食べ物・飲み物にはこのようなものがあります。

  • ソーセージ
  • 肉類
  • 牛乳などの飲み物
  • ペットボトル飲料

これらがなぜ爆発してしまうのか、順番に説明しますね!


生卵を電子レンジで温めてはいけないことは、有名ですよね。

生卵の中の水分が蒸発することで、殻の中の圧力が上昇して、一気に爆発します。

私はやったことがありませんが、これをやると、卵が大爆発して電子レンジの中が見るも無残な状態になります

その後の掃除は、本当に大変なので、くれぐれも生卵を電子レンジで温めないようにしてください。

ちなみにゆで卵も生卵ほどではありませんが、爆発して飛び散ります。

やはり、殻の中の圧力が上昇して、爆発することが原因です。

この後に紹介する食べ物にも共通することですが、温められて蒸発した水分の出口が無いような食べ物の場合は、爆発しやすいので、十分注意してください。

ソーセージ

ソーセージも爆発しやすい食べ物です。

皮付きのものはもちろん、皮で包まれてないソーセージでも爆発します。

爆発する理由はやはり、肉の中の水分が蒸発して、圧力が上昇していまうからです。

生卵のように大爆発をするわけではないので、電子レンジをそれほど汚すことはありません。

とは言え、爆発してしまったソーセージは、単純に美味しくありません

ソーセージはフライパンで焼くか、鍋で茹でましょう。

肉類

肉の塊も爆発します。

爆発する理由は、肉の中の水分が蒸発して、圧力が上昇するからです。

ポイントは唐揚げやとんかつ、豚の角煮など、肉の塊のままの食べ物であることです。

ハンバーグやメンチカツのような食べ物の場合は、膨張した水蒸気が外に逃げやすいので、爆発しにくいです。

肉の場合は、相当温めなければ爆発しないので、少しずつ様子を見ながら温めるのがおすすめです。

牛乳などの飲み物

牛乳などの飲み物の場合は、爆発というよりも吹きこぼれる危険があります。

牛乳に限らず、濃くてとろみのある液体は、温め過ぎて沸騰させると、ブクブクと泡立ってしまい、電子レンジの中を汚してしまいます。

もちろん火傷の危険もあるので、注意が必要です。

濃くてとろみのある液体は温め過ぎないように注意してください。

実は水は温め過ぎると非常に危険です。

水は徐々に加熱する時には、中に気泡ができるため、それを核にして沸騰が起きます。

しかし、急激に加熱すると、100℃を超えても沸騰しないという性質が水にあるのです。この状態の時に、衝撃を与えると一気に沸騰する、突沸という現象が起きるのです。

火傷の危険がある大変危険な現象です。

水を温めるのは、電気ケトルなどを使うのが安全でお勧めです。

ペットボトル飲料

ペットボトル飲料は、絶対に電子レンジであたためてはダメです。

ここまで読んでくれば、ダメな理由はお分かりですよね?

密閉されたペットボトルの中で、温められた水分は蒸発して、圧力が上昇します。

ペットボトルの場合は、卵の殻や肉なんかよりも遥かに耐久力があるので、爆発する圧力は相当高くなります。

つまり、ペットボトル飲料が爆発すると、電子レンジも破損させるくらいの大爆発になります。場合によっては近くにいる人間も火傷する可能性があります。

絶対にペットボトル飲料を温めたりしないでください。


というわけで、電子レンジであたためると爆発する食べ物を紹介しました。

でも、温める食べ物は大丈夫でも、器がまずい場合があります。

今度は食べ物を電子レンジで温める際に、使ってはいけない器を紹介します。

スポンサーリンク


電子レンジ入れてはいけない器

電子レンジで食べ物を温める時に絶対に、使ってはいけない器があります。

それは金属性の器です。

陶器の器であっても、金や銀などの金属で装飾されているものもNGです。

例えば下の画像のような、外国製のティーカップなんかには、金属製の装飾が施されている物がよくあります。


このような器を電子レンジに入れると、金属の装飾部分が焦げて、器が台無しになってしまいます。(実際に私は妻が大事にしていた器をダメにして怒られたことがあります>_<;)

また、アルミホイルも金属なのでNGです。

こちらの記事に書いた通り、電子レンジは強力な電磁波で水の分子を振動させ、その摩擦熱で食べ物を温めるものです。
電子レンジの仕組みを簡単解説!なぜ食べ物だけ熱くできる?

しかし、この電磁波は金属原子の中の電子にも、強いエネルギーを与える効果があります。

強いエネルギーを持った電子は、金属中を激しく動き回り、金属の端の部分から放出されます。

この時に稲妻のような激しい火花が放出されます。この火花は強いエネルギーを持っているので、電子レンジ本体を壊してしまう可能性があります。

実際に私も間違ってアルミホイルを電子レンジにかけてしまったことがあります。その時には”ビリビリビリ”という異常な音と共にアルミホイルの端から稲妻が出ていました!

慌ててすぐに止めたので、何事もありませんでしたが、本当に恐ろしい現象なので、十分に注意してくださいね!

スポンサーリンク


まとめ

というわけで、今回は電子レンジで温めると爆発してしまう食べ物を紹介しました。

もう一度簡単にまとめておきますね。

  • 大爆発を起こして、電子レンジ内がメチャメチャに汚れます

  • ソーセージ
  • ボンッと破裂して、美味しくなくなります

  • 肉類
  • ボンッと破裂する上、パサパサになって美味しくなくなります

  • 牛乳などの飲み物
  • 暖め過ぎると沸騰して吹きこぼれます

  • 突然一気に沸騰する突沸が危険なので、温め過ぎに注意が必要です

  • ペットボトル飲料
  • 爆発して、過熱した中身が飛び散る危険があります

  • 金属全般
  • 稲妻のような火花が出て、電子レンジを壊す危険があります

実はここで紹介したのは、ほんの一部の食べ物です。

大切なのは、なぜ爆発するのかを理解することです。それが分かると、他の食べ物を温める時に判断しやすくなりますよ!

便利な電子レンジですが、正しい知識を持って、安全に使ってくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事


コメントを残す



このページの先頭へ