ソーセージとウインナーの違い!それぞれの微妙な差を徹底解説!



私は普段からよく料理をします。

私はお肉にはうるさくて、あまり安いお肉は好きじゃないんですが、ソーセージだけは別です^^

そのまま焼いて食べても美味しいですし、色んな料理に豚肉なんかの代わりによく使います。


で、先日もスーパーに買い物に行く妻に、ソーセージを買ってきてもらうようにお願いしたところ「ウインナーでも良い?」と逆に聞かれました。

「え?別にいいよ…って言うか同じもんじゃないの?」と思ってしまったんですが、果たして本当にそうなんでしょうか?

気になった私は早速調べてみたところ、もの凄く納得しちゃいました!実はそれぞれ同じようで微妙に違うんですね~^^

といういわけで、今回はソーセージやウインナー、フランクフルトなどの違いをお伝えします!

スポンサーリンク


全ての基本はソーセージ!

ソーセージやウインナーは、私たちの食卓にお馴染みの食べ物ですよね。

他にもフランクフルトやボロニアソーセージなど、似たような食べ物が色々あります。それぞれ特徴に微妙な違いがありますよね。

でも、実はこれらは全てソーセージなんです!

つまり、図に表すとこんな感じです。


↑クリックすると拡大します

このように、実はソーセージという言葉は、ソーセージの製法をそのまま表した言葉なんです。

そして、その語源には、次の3種類あります。

  • salsus(塩で味付けされた)とsicium(細切れ肉)が合成された言葉「salsicium」が変化して「sausage」になった
  • sau(メス豚)とハーブのsage(セージ)」が合わさった言葉
  • sauce(塩水)とage(寝かす)が合わさった言葉

最も有力な説は1つ目のsalsusとsiciumが合わさったという説です。

一番綺麗なのは、2番目のメス豚とセージが合わさったというものですね。でも、セージのようなハーブや香辛料を使うようになったのは、ずっと後世のことです。そのため、あまり有力な説ではないようです。

とは言え、いずれの語源も肉や塩、ハーブを使った食べ物であることを示しています。

だから、同じ製法で作られた食べ物は、全てソーセージと呼ぶわけです。

ウインナーやフランクフルトも、作り方は基本的に一緒です。

では、ソーセージの製法って、具体的には、どのようなものなのでしょうか?

ソーセージの製法

ソーセージの基本的な製法は次のようなものです。

【ソーセージの製法】
★材料
  • 鶏、豚、羊、牛などの肉
  • スパイス
  • ハーブ
★作り方
  1. 材料の肉を細かく刻む
  2. 刻んだ肉を塩、スパイス、ハーブと混ぜ合わせる
  3. ケーシングと呼ばれる豚や羊などの腸に詰め込む
  4. 腸詰めにした肉をお湯で煮たり、燻製にして保存する

ソーセージの基本の製法はこれだけです。あとは、使う肉や香辛料の種類やサイズの違いによって、様々な種類に分けられるのです。

このように、単にソーセージと呼んだ時は、腸詰め肉全般のことを指し、その中でどれか特定のものを指定したい時にだけ、ウインナーとかフランクフルトと呼ぶのです。

さて、このソーセージですが、私たちには、ドイツの食べ物というイメージが強いですよね?

でも、実はソーセージの由来はドイツじゃないんです。

では、ソーセージにはどんな歴史があるんでしょうか?

ソーセージの歴史

ソーセージの歴史は古く、非常に昔から食べられてきました。

記録によると3,500年前のエジプトやバビロニアで、ソーセージのようなものが食べられていたという記録があります。

また、紀元前の古代ギリシアの文学「オデュッセイア」には、山羊の胃袋に血と脂身を詰めた兵士の携行食、「ブラッドソーセージ」なる食べ物の記述が、登場するそうです。うぇ~なんかマズそうですね…^^;

まぁ、味はさておき、古代ギリシアは多くの植民地を持っていたため、世界各地にソーセージが伝わりました。

特に古代ローマ人はソーセージが大好きで、お祭りの時には欠かさず食べていたご馳走でした。

しかし、四世紀のローマ帝国の皇帝コンスタンティヌスが「ソーセージは贅沢だから」という理由で、このお祭りとソーセージ作りを禁止しました。でも、ソーセージが大好きなローマ人たちは、せっせとソーセージを密造して、こっそり食べていたんだとか…。

ソーセージの密造って、現代の私たちのイメージからは、なんだか奇妙ですね…。

結局、ソーセージの密造が蔓延した結果、禁止令は形骸化してしまい、廃止されてしまいました。

そして、ソーセージの製法も肉や塩、香辛料を使う物が主流となり、ますます庶民の人気の食べ物になりました。更に各地域の特色も加えられて、様々な種類のソーセージが誕生したのです。


こうして、今では世界中にたくさんの種類のソーセージがあります。中には日本人に馴染の深いものもあります。

そこで、今度は色んなソーセージの種類と、その特徴を紹介します!

スポンサーリンク


色んなソーセージたち

一言でソーセージと言っても、世界中には非常にたくさんの種類があります。

その中から、日本人にも馴染の深い、次のものをピックアップして解説しますね。

  • ウインナー
  • フランクフルト
  • ボロニア
  • サラミ
  • チョリソ
  • 魚肉ソーセージ
  • 赤ウインナー

どれも日本人にはお馴染みのものばかりだと思います。特に最後の2つなんかは…^^;

というわけで、順番に見ていきましょう。

ウインナー

ウインナーは、正式名称はウインナー・ソーセージです。

意味は「ウィーン風ソーセージ」です。つまり、オーストリアのウィーンで食べられているソーセージだからこのような名前なのです。

日本のJASの規格では、太さが20mm未満で、ケーシングに羊の腸を使った物をウインナーと呼びます。

ちなみにウインナー・コーヒーというコーヒーがありますが、あれもオーストリアのウィーンで飲まれているコーヒーの飲み方です。

フランクフルト


フランクフルトも、正式名称はフランクフルト・ソーセージです。

やはり、ドイツのフランクフルト地方で食べられているソーセージです。

JAS規格では、太さが20㎜以上、36㎜未満で、豚の腸をケーシングに使っている物をフランクフルトと呼びます。

太いので、家庭で食べることは少ないですよね。

コンビニや高速道路のサービスエリアなんかで売ってる、串にささった太いやつのイメージが強いですよね^^

ボロニア


ボロニアも、正式名称はボロニアソーセージです。

やはり、イタリアのボローニャ地方で食べられていたソーセージの事を指します。

ボロニア・ソーセージはJASの規格では、太さが36㎜以上で、ケーシングに牛の腸を使った物を指します。

ボロニアはとっても太いので、このまま食べることは少ないです。

大抵はスライスして食べることが多いようですね。

サラミ


サラミはドライソーセージというソーセージを乾燥させて作るものの代表格です。

豚の挽肉に塩や香辛料、ラム酒を加えて腸詰めにした後に、60日間以上乾燥させると完成です。

日本人に馴染のあるのは、固くてスパイシーなものですね。

ピザなんかのトッピングのイメージが強いですね。

チョリソ

チョリソはスペインで広く食べられているソーセージです。日本ではチョリソーと語尾をのばした呼び名の方が一般的ですね。

チョリソの特徴はパプリカをたくさん使っていることです。そのため、赤い色をしています。

私たち日本人はチョリソと言えば、辛いソーセージというイメージが強いですよね?でも、本場スペインのチョリソは赤いだけで、辛くないものが一般的です。

実は私たちが食べているチョリソは、メキシコ産の唐辛子が入っているものが多いのです。私たちに馴染み深い”チョリソー”は、メキシコ人が自分たちに好みにアレンジしたものなんですね~。

魚肉ソーセージ


日本人にとって外せないソーセージの1つ目は、何と言っても魚肉ソーセージですよね!

魚のすり身と塩や香辛料、ラードなどを混ぜ合わせて、ビニール製のケーシングに入れて高温高圧にして作ります。

JASの規格では、魚肉または鯨肉の割合が50%以上でないと、魚肉ソーセージとは呼びません。

皆さんも子供の頃は、よく食べたんじゃないでしょうか?

私もお腹が空くとよく食べていました。でも、それと同時にとにかく、開けにくいという思い出も強く残っているのは、私だけでしょうか…?

赤ウインナー


日本人にとって外せないソーセージの2つ目は、赤ウインナーですね!

赤ウインナーは、お弁当のおかずの定番で、広く日本人に愛されているソーセージです。

でも、これは、完全に日本のオリジナルのソーセージです。世界ではこんなウインナーは、全く知られていませんでしたが、最近では日本のアニメなどに赤ウインナーが登場するため、知名度が上がっているんだとか…。

ちなみにこの赤い色の由来は、見た目を良くして、美味しそうに見せるためです。

戦後の日本では、ソーセージの原料にする質の良い肉がなかなか手に入りませんでした。そのため、見た目の色が茶色く、くすんでしまい美味しそうに見えなかったため、苦肉の策として、表面を赤くしたのです。

ちなみにこの赤い色はいかにも体に悪そうですよね?そんな疑問について調べた記事があるので、良かったらそちらもご覧ください。
赤ウインナーの原料って何?危険性はあるのか調べてみました!

今ではちゃんと良い原料が手に入るようになっているため、わざわざ表面を赤くする必要はありません。

それにも関わらず、赤ウインナーが残っているのは、日本人のソウルフードである証ですね^^

スポンサーリンク


まとめ

というわけで、今回はソーセージとウインナーの違いということで、世界中の色んなソーセージのことを紹介しました。

ウインナーは、そもそもたくさんあるソーセージの種類のうちの一つだったんですね~。

簡単にソーセージとウインナーや、フランクフルトの違いをおさらいしておきますね。

  • ソーセージ(sausage)とは塩で味付けされた(salsus)細切れ肉(sicium)が合成された「salsicium」という言葉が由来
  • 細かく刻んだ肉を塩や香辛料と一緒にケーシングに詰めたもの全般をソーセージと呼ぶ
  • ウインナーやフランクフルトは、その地方独自の製法で作られたソーセージの一種

このように、基本的な製法が一緒の食べ物は、みんなソーセージです。そのため、世界中には、とってもたくさんの種類のソーセージが存在します。

日本にだって、魚肉ソーセージや赤ウインナーという、独自のソーセージが存在するわけです。

ちなみに日本のスーパーで売ってるソーセージは、ほとんどが太さ20mm以下なので、JAS規格でいうところのウインナーです。

日本人にとっては、ソーセージと言った場合は、ウインナーの事を指すと思っておけば、問題無いわけです。

皆さんも世界の色んなソーセージを楽しんでみてくださいね~^^


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事


 

理想のライフスタイルを手に入れよう!

現在、メルマガを配信中です。名付けて『Another Life』通信です!

 

某大手携帯電話会社のシステムエンジニアとして、働いていた私は、熾烈な競争を繰り広げる携帯電話業界の厳しさと、巨大なシステム開発のストレスの二重苦によって、体を壊してしまいました。

 

このメルマガでは、ストレスで体を壊してしまい、仕事を辞めることになった管理人の私の経験に基づいて、理想のライフスタイルを手に入れるためのお役立ち情報を配信中です。

 

仕事が続けられなくなり、お先真っ暗の私が、どのようにして、理想のライフスタイルを実現できたのか?その理由が書かれています。

 

ポイントは"人生を下る"ことです。

 

いったいそれってどういうことでしょう?そして、なぜ下った方が良いんでしょうか?

 

その理由はメルマガ読めば分かりますよ!是非、こちらからご登録ください!↓↓↓

 

 

コメントを残す



このページの先頭へ