人混みでイライラする3つの原因!その場でできる対策とは?



人混みでイライラする経験をしたことはないでしょうか?私は人混みはかなり苦手です!イライラしてしまうだけでなく、もの凄く疲れてしまいます。

私と同じように人混みが苦手な人は多いのではないでしょうか?

そんなに嫌なら人混みに行かなければ良いのですが、社会人として生活しているとそうもいきません。いったいなぜ人混みはイライラするのでしょうか?

そこで、人混みでイライラする3つの原因と、その場ですぐにできる対策をお伝えします。

スポンサーリンク


人混みでイライラする原因

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s
人混みでイライラするのは自分だけかと思いきや、ほとんどの人は人がたくさんいる場所では不快に感じるものです。

その理由を調べてみると、共通しているのは概ね次の3つです。

  • ぶつからないように歩くのが疲れる
  • パーソナルエリアが侵害される
  • 懲罰的になってしまう

それぞれの理由を詳しく解説します!

ぶつからないように歩くのが疲れる

e17840108549fc9a5aceeaa8098bcb76_s
人が少ない場所を歩く場合、注意する必要があるのは、障害物にぶつからないようにすることだけです。

物は勝手に動くことはないので、ぶつからないようにするのは簡単なことです。

しかし、人混みでは予測不能な動きをする人たちがたくさんいます。その人たちの動きに注意しながら、ぶつからないようにして歩くのは、集中力が必要なため疲れてしまいます

また、割り込まれたり、道を阻まれたりすれば不快な気持ちにもなります。

パーソナルエリアが侵害される

3e6a67818d9b2c4adb235702bbe1797d_s
人間にはパーソナルエリアと呼ばれる心理的な縄張りがあります。

このパーソナルエリアは目の前の1m~2mくらいの空間で、この空間に赤の他人が無断で入ってくると、人は不快に感じます。人混みは基本的に赤の他人だらけです。その人たちが自分のパーソナルエリアを次々に通過するため、絶えず不快感を感じます。

ただし、信頼関係がある人の場合はパーソナルエリアに侵入されても不快には感じません。そのため、どんなに人がたくさんいても、友人たちとのパーティや職場などでは、不快感はほとんど感じないのです。

懲罰的になってしまう

080711
人混みには様々な人がいます。

中にはたばこを吸いながら歩いている人や、スマートフォンをいじりながら歩いている人もいます。そういったマナーの悪い人たちに対してイライラを感じてしまうのです。

恐らく皆さんもこれが一番イライラする理由ですよね。


でも、完全に人混みを避けて生活することは難しいですよね。いったいどうすればイライラしないで済むのでしょうか?

今度は人混みでイライラしないために、すぐにできる方法を紹介します!

スポンサーリンク


すぐにできる対策!

473311
人混みでのイライラは避けて通れないものです。どんな人混みでも平和な心でいたいですよね!

そこで、イライラしてきた時にすぐにできる対策を4つ紹介します!

  • 深呼吸
  • 力を抜いてリラックス
  • 周りを見ない
  • 6秒待つ

どれもすぐにできて効果的な方法です。順番に解説していきます!

深呼吸

6cd1ec05fd58380c3d02790ef02ae77b_s
まず最初が深呼吸です。

何だかありきたりな方法ですが、一番即効性がある方法です!

イライラしている時は交感神経が活発になっている状態です。深呼吸には交感神経の働きを鎮めて、副交感神経の働きを活発にさせるこうかがあります。

深呼吸のやり方はこうです。

  1. お腹に空気を入れるイメージで、鼻からゆっくりと息を吸う
  2. 吸った時の倍以上の時間をかけて、口から息を吐き出す
  3. これを数回繰り返す

深呼吸は即効性が高くどこでもできるため、イライラしてきたら、なによりもまずは深呼吸がおすすめです!

力を抜いてリラックス

イライラしてくると、いつの間にか体に力が入っています。

しかし、自分では体に力が入っているのは気が付きにくいものです。イライラしてきたら深呼吸と一緒に、意識して体の力を抜いてリラックスしましょう。

筋肉から力を抜くことは、深呼吸と同じように、副交感神経の働きを活発にする効果があります!

周りを見ない

b11c42fadf3a4bc0e861c15f7449e27a_s
人混みで一番イライラさせられるのは、マナーの悪い人ですよね。

自分には関係の無い所で起きているトラブルでも、不快な気持ちになってしまうものです。そういった不快になるものが目に入らないようにするために、必要以上に周囲を見ないで、前に集中して歩くようにしましょう。

サングラスなどをするのも一つの方法です!

6秒待つ

5256f5b2935c9917422874f461511784_s
イライラしている時には脳の中でアドレナリンという脳内ホルモンが出ています。このアドレナリンは人を攻撃的な気持ちにさせる働きがあります。

しかし、このアドレナリンは、脳の中で6秒程度で代謝されてしまいます。そのため、イライラさせる状況が継続していなければ6秒我慢するだけで、落ち着いた気持ちに戻るのです。

人混みでイライラする状況というのは、大抵の場合は一瞬で終わってしまいます。6秒待てば忘れ去ってしまうものばかりなので、ぐっとこらえましょう!

スポンサーリンク


まとめ

f38ed990e715a6850d1819431af68dda_s
人混みを歩いていると誰でも少なからずイライラしますね。

人混みでイライラする次の3つの原因は、誰でも感じるものです。

  • ぶつからないように歩くのが疲れる
  • パーソナルエリアが侵害される
  • 懲罰的になってしまう

人混みでイライラするのは、避けられないことです。そんな時には意識して力を抜いて、6秒間深呼吸をするのがおすすめです!

私の場合は、人混みの中で、カチンとくることがあったら肩の力を抜いて深呼吸しながら「どうせ10分後には忘れてしまうんだから気にしない気にしない…」とつぶやくことにしています。

実際に数分経てば忘れて二度と思い出すことはありません。

イライラの感情は体にもダメージを与えるので、普段からこの方法で平和な心を保って生活してくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ