おならの音を出ないようにしたい!完全に消す極意を伝授!



おならというものは品が悪くて、周りに失礼になるものとされていますが、私はどうもガスが溜まりやすい体質なのかおならがよく出ます。家に一人でいる時なんかは気にせず大音をたてておならをしてしまえば良いのですが、仕事中だとそうはいきません。

平気でおならをするわけにはいかないので、残された道は音を立てずにおならをする、つまりすかしっぺです…。しかし、音を立てずにおならをするというのは難しいですし、失敗して音が鳴ってしまうリスクもあります。

しかし、社会生活をしている以上、音を立てずにおならをしたい状況は常につきものなので、音を立てずにおならをする方法は必須なのです!

そこで、今回は私も実践しているおならの音が出ないようにする方法をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク


おならで音が出る仕組み

おならの音を出なくするためには、まず最初におならをすると音が出てしまう仕組みを理解することが大切です。そこで、まずは簡単におならの原理から説明していきます。

唇で原理を理解する

016753
おならの音はどこから出ているのでしょうか?普段、肛門や肛門の周りの皮膚は合わさった状態で閉じています。この状態で腸の中のガスが勢いよく通過すると、合わさった皮膚がぶるるんと振動して音が出てしまいます。

この原理は唇で試してみると分かりやすいです。唇を閉じた状態で勢いよく息を吐き出すと唇がぶるるんと振動して音が出ると思います。また、吐きだす息がゆっくりだと唇は振動しません。更に唇を軽く合わせた程度の状態だと、勢いよく息を吐き出しても唇は振動しません。まさにこれが肛門で起きていることと同じです。

このぶるるんという振動音は閉じる力の強さと通過する空気の勢いの両方が揃うことが条件なわけです。

ちなみに、実はおならは人間特有のものです。人間は2足歩行をするようになったため、便が漏れ出てしまわないように肛門の筋肉が発達していて、ギュッと固く閉じることができるようになっています。

ギュッと閉じているがゆえにガスが通過する際に音が出てしまいます。動物は4足歩行なので、便が漏れ出てしまう心配はないため、肛門の締まりが弱いです。そのため、腸の中の空気はスーッと通過してしまうだけで、おならの音は鳴らないのです!

おならは人間が2足歩行するようになってからの宿命的なものだったのです…。

スポンサーリンク


音が出ないおならの方法!

では、いよいよおならの音を出ないようにする方法です。最初に説明した通り、ポイントは肛門の皮膚を振動させない事です。そのための極意は次の二つです!

  • 肛門を広げる
  • 風圧をギリギリまで弱くする

それぞれの具体的なやり方を見ていきましょう。

肛門を広げる

肛門を広げる
動物は肛門の締まりが弱いため、ガスが通過しても肛門の皮膚が振動することはありません。人間でもこれと同じ状態にしてしまえば良いのです。つまり、お尻の周りの肉をグイッと横に広げてやれば、動物と同じ締まりの弱い状態になるため音が鳴らなくなります。

しかし、そもそもおならの音を出ないようにしたいシチュエーションで、お尻をグイッと広げるのはおならの音を聞かれるのと同じくらい恥ずかしいものです。そこで、普段の生活で自然に肛門を広げて、締まりを緩める方法を二つお伝えします。

【緩い肛門になる姿勢】
  • 椅子で広げる
  • 椅子に座っている時に、座り直すふりをして、どちらか片方のお尻を上げて、グイッと肛門の周りを広げて座り直します。十分緩くなったところで、ゆっくりお腹に圧力をかけて、おならをしてください。会議中などにおすすめの方法です!

  • しゃがんで広げる
  • 立ち仕事をしている時に、靴ひもを直すふりや、ストレッチをするふりをして、しゃがみ肛門の周りを広げます。なるべく股の間が広がるようにしゃがむと効果的です。肛門の十分な広がりを感じたら、お腹に圧力をかけておならをしてください。こっちは立ち仕事中におすすめの方法です!

どちらも慣れてコツを掴んでしまえば、好きな時に音の心配をせずにおならをすることができます!私の場合は打ち合わせの多い仕事のため、椅子で広げる方法を愛用しています。

風圧をギリギリまで弱くする

最初に唇の原理でおならの音の出る仕組みを説明しましたが、唇を通過する息がゆっくりだと振動音が鳴らなかったと思います。これをお尻の場合でも実現することができます。しかし、腸の中のガスを出す勢いを調整するのは、熟練が必要なので、この方法は上級者向けです。

これができれば、すかしっぺの達人といえます。このすかしっぺのやり方は次のようにします。

【すかしっぺのやり方】
  1. 全身をリラックスさせる
  2. その状態で腹筋にだけ意識を集中させ、ゆっくり圧力をかける
  3. おならが肛門から外に出た瞬間に一気に腹筋に力を入れ、残りのおならを出しきる

ポイントはおならが出る瞬間のお腹の圧力をギリギリまで低くすることと、出た瞬間に一気に放出することです。慣れないと音が鳴るリスクが高いので、熟練が必要なやり方になりますが、マスターするともはやおならの心配は永遠になくなります!


ここまで、おならの音をならさない方法を見てきましたが、それでも最初のうちは音が鳴ってしまうことへの不安は消し切ることはできないと思います。そこで、最後に、もし、おならの音が出てしまった時の対策をお伝えします。

スポンサーリンク


音が鳴ってしまうことへの対策

042485
まず、おならはブリリッという、ある程度の強さと長さの音がしないとおならと認識されないという特徴があります。

今回紹介している方法を使えば、失敗しても多少のプッという音がするくらいです。その上で次のような対策をすれば周りの人は全くおならだと気付くことはありません!

【おならと気付かれない方法】
  • 指パッチンをする
  • 物事を集中して考えているふりをして、指をパッチンパッチンとスナップさせて音を出します。周りの人は考え事してる時のあなたの癖なんだなと思い、おならの音を指パッチンの音と勘違いしてくれます。

  • 足をタップさせて音を出す
  • 貧乏ゆすりをしているかのように足を上下動させて、床と靴底をぶつけて音を出します。これも周りの人はあなたの癖なんだなと思い、おならの音だと気付かれない効果があります。

  • ポーカーフェイス
  • プッという単発の音くらいであれば、何事もなかったようにポーカーフェイスをしているだけで、周りの人は気付かないものです。

どれも何だかバカバカしい方法ですが、実際にはとても効果的です。ちなみにどの方法でも共通なのは、音が鳴ってしまった時に周りの人と目を合わせないことが重要です。「あっ音が出たみんな気付いてないかな」といって人の目を見てしまうと怪しさが出てしまいます。

スポンサーリンク


まとめ

146939
おならは周りの人を不快に感じさせるものですし、音を聞かれてしまうのはとても恥ずかしいですが、我慢するのは体に良くありません。おならをすることに罪悪感を持たず、積極的におならを出すようにしましょう

また、おならの音は意外に小さいので、ある程度の騒音がある場所であれば、全然聞こえません。例えば管理人の私は次のような場所では、音を気にせず全力でおならをしてしまいます。

  • 車通りの多い道路沿い
  • 駅のホームで電車が出入りしている時
  • 映画館
  • コンサート

私なんかは駅のホームで電車が入ってくると、おならのチャンスと考えてしまっているくらいです。是非こういったうるさい場所でもおならをこまめにして、無理におならを我慢せずに生活してください!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ