クッキーとビスケットの違い!知らないと太っちゃうかも!



焼き菓子で昔からあるポピュラーなものと言えばクッキーがあります。小麦粉を中心とした生地を焼き上げたサクッとした食感のお菓子は、小腹が空いたときについ手が伸びてしまいます。

しかし、同じようなお菓子にビスケットというものがありますが、クッキーと何が違うのでしょうか?食べてみてもどちらも同じように感じます。商品名とか商標名とかの違いなんでしょうか?

不思議に感じたので調べてみました。

スポンサーリンク


クッキーとビスケット

bbf4926f432017ab41f109f627d37b37_s
クッキーとビスケットは何が違うのでしょうか?それぞれの歴史や製法を調べてみました!

クッキーとは?

クッキーとは主にアメリカで食べられているお菓子です。生地の材料に小麦粉と砂糖、バターを使い、そして良く練って粘りを出すことで、焼き上がった時にサクッとした食感になるのが特徴です。

生地を練り上げるのにとっても力がいるので、生地作りはかなりの重労働です。

元々はアメリカに移民したヨーロッパ人達がそれぞれの国で作っていた小麦粉の焼き菓子が合わさって、クッキーとなりそれぞれの家庭の味として、定着しました。

ビスケットとは?

8cffff104772ad220bb2fe28f884fabe_s
ビスケットは小麦粉に砂糖とバター、牛乳を入れて良く練り、粘りを出した生地を焼き上げるお菓子です。やはり、焼き上がった時にサクッとした食感になるのが特徴です。ていうか、ほとんどクッキーと同じような気がしません?そうです実はほとんど同じお菓子なのです。

ビスケットは、元々イギリスのお菓子なのですが、小麦粉と砂糖とバターを練って焼いたお菓子をイギリスではビスケットと呼ぶだけで、フランスならサブレと呼ぶだけで、このお菓子はヨーロッパ各地に広く知られているお菓子なのです。

クッキーも実は元々ヨーロッパ各地の小麦粉を練って焼いたお菓子が元になっているだけです。それをアメリカではクッキー、それ以外の英語圏の地域ではビスケットと呼んでいるだけの違いなのです!

スポンサーリンク


日本の場合

クッキーとビスケットの由来を調べてみると、どっちも同じだったことが分かります。しかし、なぜか日本においては、クッキーとビスケットは違う物と定義されています。それはなぜなのでしょうか?

今度は日本のクッキーとビスケットについて見ていきましょう!

クッキーとビスケットの違い

日本では全国ビスケット協会が、1971年にクッキーは原材料のうち砂糖と脂肪分の割合が全体の40%以上のものと定義しました。そして、ビスケットは砂糖とバターの割合が40%以下のものとしました。それ以来、商品名はこれを基準に決めなければいけなくなりました。

そういえば、ビスケットの方がクッキーよりも軽い感じがしますね!

なぜ違うものとされているのか?

じゃあ、なぜ日本だけクッキーとビスケットの定義が違うのでしょうか?

日本では、ビスケットよりもクッキーの方が高級なお菓子というイメージがあったため、バターや砂糖を節約して安く作ったものをクッキーという商品名で売るのは、誤解を与えるという理由から、こうして区別することにしたのです。元々、同じものなのに、日本ではクッキーの方が高級なイメージがあったんですね~。

しかし、こうして日本でのクッキーとビスケットの違いを踏まえると、実はクッキーよりもビスケットの方が砂糖と脂肪分が少ない分、ビスケットの方が低カロリーなお菓子ということになります!これは覚えていた方が良いですね!スーパーで市販の物を買う際には要注意ですね!

スポンサーリンク


まとめ

032771
今回はクッキーとビスケットの違いについてお伝えしました。

元々は同じものなのに、日本では違う物になってしまうことって結構多いですよね。クッキーとビスケットの場合、絶対に知っておいた方が良い違いです!

私もこれからはビスケットを食べるようにしようと思います!(私の場合はそもそも甘いものを控えた方が良いのですが…)


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ