平米の計算方法!坪・畳・メートルへの計算フォーム付き!

家を買ったり、部屋を借りたりする時に、広さを表す単位が色々、登場しますよね。

でも、“平米”とか“坪”“畳”って、それぞれどれくらいの広さかピンと来ないですよね?

すぐにパッと計算できればいいんですが、普通に生活してると、それぞれの換算方法なんて知らないですよね?

私もそんな人間の一人です。坪とか畳なんて言われてもピンと来ないので、家の広さを説明する時に、苦労するタイプです(-_-;)

というわけで、今回は主に自分のために、平米を坪や畳に換算する計算フォームを作りました。

ついでに、その広さの土地の一辺の長さも算出するようになっているので、使ってみてくださいね!

坪・畳・メートル換算フォーム

まず早速、計算フォームを置いておきます。

平米(㎡)を入れると、坪・畳・メートルに自動換算します。(小数点以下2桁で四捨五入しています)



 
換算するだけなら、これで十分だと思います。

でも、計算方法を知りたい方もいると思うので、次は”平米”から”坪”や”畳”に変換するための計算式を、簡単に紹介します。

それぞれの換算方法

土地の一辺の長さは、平米の平方根なので、それは問題無いですよね?

そこで、ここでは坪と畳の計算方法を順番に紹介します。

平米から坪の計算式はこうです。

1(平米)×0.3025

1坪は、一辺が6尺の正方形の土地の面積です。明治時代に定められた度量衡に基づく単位です。

ちなみに1尺は30.3cmです。

平米から畳の計算式はこうです。

1(平米)×0.6038

1畳は文字通り、畳1枚の面積です。

しかしながら、実際には畳には色んな種類があるため、実際の畳の枚数とは違うことが多いです。

まとめ

というわけで、平米(㎡)から坪と畳に換算する方法を紹介しました。

頭の中で、ざっくりと計算する時には、坪は平米の3割、畳は平米の6割と考えるとピンときやすいのではないかと思います。

便利なので、ぜひ覚えておいてくださいね!