夫にお願い事をする時のコツ!重要なポイントは一人称で伝えること!



よく女性は”気まぐれ”とか、”移り気”、”気難しい”なんて言いますよね。でも、女性の皆さんにしてみれば、男性の方が気難しいと感じるんじゃないかと思います。

結婚していると、夫にお願い事をする時なんかは、とても気を遣うのではないでしょうか?

私も何かに集中してる時に、お願い事をされると、イライラが出てしまうようで、妻もお願い事をする時のタイミングには注意しているようです。


恐らく、皆さんも同じなのかもしれませんね。ちょっとしたお願いをしているだけなのに、不機嫌になったり、怒られたりする夫に困っている人も多いかもしれません。

そこで、気難しい夫を代表して、どのようにお願いされたら、夫は言うことを聞いてくれるのか?そのコツをお伝えしちゃいます。

これで、あなたのご主人を上手に、手のひらの上で転がしちゃってください。

スポンサーリンク


男性の性質

お願い事をする時のコツを見ていく前に、まず男性に共通する性質を軽く説明します。

これを知ってると、今回紹介する方法以外にも、応用が効くようになります。お願い事以外でも、気難しい夫と上手に付き合うのに役に立ちますよ!

とうわけで、見ていきましょう。

男性に何かを伝える時には、次の2つの性質に注意する必要があるんです。

  • 男性は尊敬されたい
  • 集中を妨げられるのが苦手

それぞれを簡単に説明しますね。

男性は尊敬されたい


男性の性質の基本中の基本が、”男性は尊敬や尊重されるのが好き“というものです。

まぁ、要はおだてていれば良いってことです。

「あなたって凄いのね」とか「あなたのおかげで助かったわ」、「あなたじゃないとダメなの」みたいなことを言われると喜ぶのです。

だからと言って「今日のあなたって素敵ね。」みたいな、薄っぺらいことを言っても通用しません^^;

「あなたがこの前やってくれた○○のおかげで、□□になって助かったわ。ありがとう!」みたいに、凄いと思ったことを具体的に表現してあげるのがコツです。

また、男性は尊敬されたいと思っているので、侮辱するような言い方や、上から目線の言い方をするのは、全くの逆効果です。

結婚生活も長くなると、夫への不満もたくさんあるでしょうが、それをぶつけてしまうと、夫は不機嫌になって、お願いどころではなくなるので、止めましょう。

集中を妨げられるのが苦手

男性は自分の世界に没頭するのが、とても好きです。

趣味なんかに没頭することで、ストレスを解消して、また仕事に励むわけです。

時には家族のことを、そっちのけで自分の好きなことばかりやってしまいます。そんな夫の姿を見て、不満に感じることも多いかもしれません。

でも、これって男性にとっては、必要な時間なので、なるべく尊重してあげた方が良いです。時間に制限を付けるなど、ほど良いルールを作って、お互いが嫌な気持ちにならないように工夫すると良いです。

また、何かお願いする時にも、夫が集中している時には注意が必要です。

男性は、夢中になっているのを中断されたり、集中を妨げられるのを不愉快に感じます。そのため、話しかけるタイミングに注意したり、没頭中の夫に割り込んで話しかける時のルールなんかを作ると良いです。


で、これらの性質を踏まえると、上手なお願いのコツが見えてきます。

次はそのコツを紹介しますね。

スポンサーリンク


一番のコツは一人称で伝えること

夫とのコミュニケーションで、常に意識すると良いのは、尊敬と尊重です。

夫を尊重し、侮辱したりしないことが最も重要です。

そのため、まず大切なのは、お願いをするタイミングを見計らうということです。

重要なお願いでないのなら、夫が何かに集中していない時に、お願いするようにします。もし、何かに没頭中であれば、”後でお願いがある”とだけ伝えておいて、お願いは後回しにしましょう

もし、今すぐのお願い事であれば「邪魔してごめんね。お願いしたいことがあるんだけど、ちょっと話を聞いてくれる?」といった感じで、謙虚に伝えると良いです。

そして、これが一番重要なのですが、お願いする時は主語を”一人称”にすることです。

つまり「あなたに○○やって欲しいの。」ではなく「私はあなたに○○をやって欲しいの。」と伝えるということです。

主語が”私”になるだけで、印象が少しマイルドになるんです。

実際にはもっと工夫して、こんな伝え方にすると、非常に効果的です。

「私は今大変だから、あなたに○○をやってもらえると、とても助かるんだけど、お願いできないかな?」

こんな感じで、謙虚に伝えると、更に夫への尊敬と尊重が感じられて、効果的です。


ここまでへりくだってお願いされると、夫もかなり断りにくいはずです。

でも、ここまで言ってるのに、お願いを断る不届きな夫もいるかもしれませんね。

そういう、困った夫に有効な応用技も紹介します。

スポンサーリンク


組み合わせると有効な方法

ここまで言ってもお願いを聞いてくれない夫には、更に他の方法も組み合わせてみましょう。

おすすめなのが、この3つです。

  • あなたじゃないとダメなの
  • いつもありがとう
  • 命令ではなく提案にする

どれも基本は”尊敬”と”尊重”です。

具体的に説明しますね。

あなたじゃないとダメなの


男性は尊敬されたいと思っています。

そのため、”あなたじゃないとできない“、”自分も含めて他の人には無理“というメッセージを込めたお願いの仕方をするのです。

例えばこんな感じです。

○○が得意なあなたじゃないと無理なの、だからお願いできないかな?」

このような伝え方をすると、”あなたの方が優れている”というメッセージが暗黙のうちに伝わります。

夫の方も、気持ち良く言うことを聞いてくれる可能性が高くなります。

いつもありがとう

感謝を伝えるのも、尊敬を伝える効果があります。

公衆トイレに”いつも綺麗にお使いいただきありがとうございます。”なんて言葉の後に、ルールやお願い事を書いている張り紙をよく見かけますよね?

夫にお願いする時にも、これと同じように、先に感謝を伝えれば良いのです。

例えばこんな感じです。

「いつも○○をやってくれて、本当に助かってるの。だから、またお願いしても良いかな?」

もちろん、お願い事をやってくれた後にも、感謝を伝えるのを忘れないでください。

命令ではなく提案にする

夫に”妻から尊重されている”と感じさせるには、命令ではなく”提案”の形で伝えるのも有効です。

そうすることで、夫は自分の都合を尊重されていると感じます。

例えばこんな感じです。

「忙しいのに悪いんだけど、○○をやってくれないかな?無理にはお願いしないけど…。」

このように、夫の方にも断る選択肢を与えることで、命令や強制じゃなく、提案として伝えるわけです。

ただし、強制力がかなり弱くなるので、断られる可能性も高くなってしまう欠点があるので、ご注意ください。

スポンサーリンク


まとめ

女性から見れば、男性は気難しいと感じるものだと思います。

でも、ちょっとしたポイントを押さえれば、夫も気持ちよく、お願い事を聞いてくれるものです。

もう一度、夫にお願い事をする時のコツをまとめておくので、参考にしてみてくださいね。

  • 男性は尊敬と尊重が大切
  • 侮辱するような頼み方は絶対にNG!謙虚に腰を低くしてお願いして、夫を上手に操りましょう!

  • お願い事を伝える時には、タイミングに注意
  • 男性は自分の世界に没頭するのが好きなので、何かに集中している時にお願いする場合は、慎重に!

  • お願いする時は、主語を”私”にする
  • “あなたにお願い”ではなく、”私がお願い”という言い方にすると、表現がマイルドになってGood!


要は夫というものは、基本的にプライドが高いものなので、そのプライドを傷つけないことがポイントです。

「何でそこまで下手に出なきゃいけないのよ!」って、思っちゃう奥様方もいるかもしれませんね。

でも、夫は機嫌を良くして、上手にコントロールするのが、一番良いのです^^

好きな時に自分のお願い事を聞いてもらえるように、上手に夫を操っちゃってくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい記事


コメントを残す



このページの先頭へ