おざなりとなおざりの意味の違い!どっちの方がより適当なの?



物事を適当に済ます意味の言葉におざなりなおざりという言葉があります。

どちらもなんだか似たような言葉で、使い分けが難しいと思うのは私だけでしょうか?私の場合、おざなりはよく使うんですが、なおざりの使い方が良く分かりませんでした。


でも、調べてみると意味がはっきりと違っていました。

ていうか、違いを知らずに使ってしまうと恥をかくかもしれませんよ!

というわけで、今回はおざなりとなおざりの意味の違いをお伝えしちゃいます。

スポンサーリンク


おざなりとなおざりの意味

まずは早速、おざなりとなおざりの意味の違いを国語辞典で調べてみました。

【おざなり】
おざなり(御座なり)いいかげんに物事をすませること。その場だけの間に合わせ。また、そのさま。「お座なりを言う」「お座なりな処置をする」

【なおざり】
なおざり(等閑)いいかげんにしておくさま。本気でないさま。おろそか。「等閑な練習態度」「子供のしつけを等閑にする」

goo国語辞書、おざなりなおざりより

まぁ、要はいい加減ってことですよね…。これだけだとまだ違いがよく分からないですよね。

しかし、それぞれの語源を調べてみると、その違いがよく分かりました。

【おざなりの語源】
江戸時代では御座なりのことを、座成(ざなり)や座敷成(ざしきなり)と言っていた。

この座とはお座敷のことで、座成とはお座敷芸者たちが、客によって扱いを変えたり、その場だけの取り繕った振る舞いをすることを指した隠語のこと。

【なおざりの語源】
“なお”は以前の状態が続く意味を表す”猶”という言葉で、”ざり”は”ぞあり”は変化した言葉、あるいは遠ざける意味の”去り”と考えられている。

このことから直接の意味は「依然としてそこにある」とか「そのままにして遠ざける」となり、「気に留めない」「本気じゃない」「おろそかにする」という意味の言葉になった。


これらの語源から分かることは、おざなりの方は物事に着手してるものの、いい加減に済ませてしまうことを表していて、なおざりは着手せずほったらかしなわけです。

このようにおざなりとなおざりには、ハッキリとした差があるわけですね!


では、実際に使い分けるとしたら、どのようになるのでしょうか?

というわけで、次は実際の例文を紹介します。

スポンサーリンク


それぞれの例文

おざなりとなおざりの一番の差は、着手してるか未着手かどうかです。

それを踏まえるととっても分かりやすくなります。

【おざなりの例文】
  • 宿題が面倒だったので、おざなりに済ませた
  • 中身のない会議だったので、おざなりな発言をした
  • 忙しかったので、晩御飯の準備をおざなりにした
【なおざりの例文】
  • 宿題が面倒なので、なおざりにした
  • 中身のない会議だったので、なおざりに済ませた
  • 忙しかったので、晩御飯の準備をなおざりにした

実は同じような使い方ができてしまうのですが、微妙に意味が変わってくるので、要注意です。

例えば「宿題が面倒だったので、おざなりに済ませた」だと、一応宿題はやってるものの、いい加減で適当に済ませたという意味です。一方で「宿題が面倒なので、なおざりにした」になると、宿題はやってないことになります。

このようにいい加減だけと、とりあえず物事をやってはいるのがおざなりで、そもそも何もやってないのが、なおざりなわけです。


おざなりとなおざりにはこのような違いがあるわけですが、ここで私は疑問に思いました。

どっちもいい加減とか適当を表す言葉ですが、より適当なのはどちらなのでしょうか?

というわけで、最後におざなりとなおざりのどちらの方がより適当度が高いのかを考えてみます。

スポンサーリンク


どっちが適当なの?

おざなりとなおざりの違いは、物事を一応やっているか、それともやってないかです。どっちの方が、よりいい加減で適当なのかは、個人の価値観で分かれる所だと思います。

でも、私はおざなりの方が適当度が高いと思います。


なぜなら、おざなりは既に適当にやっちゃってるので、取り返しがつきません。

一方、なおざりの方は、まだ未着手なので、本気になればちゃんとやれる可能性は残ってるからです。

例えば、もし自分のお医者さんがおざなりに治療をしたら困りますが、治療をなおざりにしてるのであれば、まだちゃんとした治療を受けられる可能性は残ってますよね…。

もちろん、おざなりな処置をしても、本気になってやり直すこともできますが、それも取り返しがつく状況であればの話です。

このように考えると、中途半端にやられる方が、より害が大きいと考えられるので、おざなりの方が適当度が高いと判断しました!

といわけで、私はなおざりよりもおざなりの方が悪質と考えましたが、皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク


まとめ

おざなりとなおざりは両方ともいい加減で適当な意味を持つ言葉です。

普段は使い分けを意識せず使ってる人も多いと思います。

でも、実は微妙に意味が違うんですね~!

というわけで、もう一度、それぞれの意味をおさらいしておきます。

  • おざなり
  • いい加減な言動やその場を適当に取り繕うこと。物事には一応着手しているものの、いい加減に済ませてしまう意味がある

  • なおざり
  • 物事を気に留めなかったり、本気で取り組まないこと。そもそも、未着手でほったらかしの状態

このようにそれぞれの大きな差は、物事に着手しているか未着手かということです。

どっちも、いい加減な様を表す言葉です。

しかし、ここでは、中途半端にやっちゃってる分、おざなりの方をより適当度が高いとしました!

でも、なおざりだって相当いい加減で適当です。

皆さんは物事をおざなりにも、なおざりにもしないでくださいね^^;


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ