匂いで相性が分かる?お互いが理想の相手か見分ける方法!

理想の相手を見つけ出すことは、人生においてとても重要なことですよね。誰を選ぶかによって、人生が左右される大きな選択です!

でも、星の数ほどいる異性の中から、誰を選んだら良いのでしょうか?どうしても迷ったら、匂いで選ぶと良いかもしれません!

皆さんも、今まで出会った異性の中には、良い匂いと感じる人もいれば、嫌な匂いと感じる人もいたのではないでしょうか?

これって実はちゃんと意味がある事なんです。

そこで、今回は匂いと相性の関係をお伝えします!

スポンサーリンク


匂いと遺伝子

恋愛において、理想の相手の条件に、良い匂いのする人をあげる人はあまり聞いたことがありませんが、本来動物は匂い(フェロモン)で相手を判断しています。

ちなみに人間のムダ毛の代表格であるわき毛も本来はわきの下から出るフェロモンをまき散らすためのものだったそうです。今では人類はわきからフェロモンを分泌する機能が退化してしまいました。

それでも、匂いは理想の相手探しのための重要な判断基準なんです。

では、匂いで相手を判断することにはどのような意味があるのでしょうか?

好ましい匂いの人とは?

ある大学で異性の匂いと遺伝子の近さの関係を調べるための実験をしました。

まず無作為に男性を選びます。次に容姿やその人の家柄や職業などを排除するために、全ての男性に同じTシャツを数時間着てもらい、その後そのTシャツを個別に瓶に入れます。次に複数の女性にその瓶入りのTシャツの匂いを嗅いでもらい、自分の好みの匂いのするTシャツを選んでもらいました。

その結果、全ての女性が、自分よりも遺伝子の型が遠い男性のTシャツを選ぶ傾向がありました。

このように匂いと遺伝子的な相性の良さには、関連性があるんです。

b5a44233d260e3ca3446ebdfa38321e2_s

人は無意識に多様性を求める?!

でも、なぜ自分より遺伝子が遠い人の匂いほど、良い匂いと感じるのでしょうか?

生物には自分の遺伝子を多く残したいという、本能的な欲求があります。そのためには数多くの子孫を残すことはもちろんですが、病気に強い子孫を残すことも重要です。

人はそれぞれ、免疫的に強い部分と弱い部分を持っていますが、もし自分と遺伝的に遠い相手と結婚して子孫を残すことができれば、自分の強い部分と、相手の強い部分も兼ね備えた丈夫な子孫を残すことができます。

そのため、無意識のうちに自分と遠い遺伝子をもった人の匂いを良い匂いと判断するのです!

ちなみに先ほどの実験を男性と女性を逆の立場にして、男性に女性のTシャツの匂いを嗅いでもらうようにしたところ、女性の時ほどこの傾向は現れませんでした。

女性にとって妊娠出産はとても大きなことで大変なことです。そのため、自分の子供が健康で丈夫に育つことはとても重要な事です。だから、女性の方が男性の遺伝的な遠さをより厳しくに判断してると言われています!

そして、この厳しさは、女性の一生の間で、好みの匂いの変化にも表れます。

スポンサーリンク


好みの匂い

女性は一生の間に、好みの匂いが移り変わります。

でも、それにもちゃんとした意味があるんです。

4431c8821123750fe58bd57368158f37_s

子供の頃はお父さん大好き!

女性は子供の間は両親をはじめとする近親者の匂いを好みます。

子供のうちは自分一人では生きていけないため、守ってくれる人と親密な関係にあることが重要だからです。よく女の子が「将来結婚したい相手はパパだよ~」などと言ってくれるのは、そういった理由からです。この時期のお父さんは幸せですね!

間もなく訪れる拒絶の前に、一生分の幸せを味わってください…(^_^;)

090213

「お父さん臭い!」は大人の証

やがて、思春期になると近親者の匂いを嫌うようになります。

これは身体が成熟して、子供を産めるようになると、前にも説明した通り、遺伝的に遠い男性と親密になる必要が出てくるからです。そして、世界中で最も遺伝的に近いお父さんは、最も嫌われる対象です。世の中のお父さん、これはしょうがないことです…。お嬢さんが健康に育っている証なので、受け入れましょう!

それにやがてまたお父さんの事を好きになる時期が来ますから…。

妊娠するとまた親族が好きになる

やがて女性が結婚して、妊娠すると再び近親者の匂いを好むようになります。

女性にとって、妊娠中は守ってもらう必要があります。そのため、再び自分を守ってくれる存在である近親者の匂いを好むようになります!お父さんもまた好まれるようになるわけです。

よく妊娠中の女性が里帰りして、出産をすることがありますが、妊婦も精神的に安心するので、実は理に適っていることなんですね!

というわけで、相手の匂いと遺伝的な相性には、重要な関係があることが分かりました。

じゃあ、もし好きになった人の匂いが、好みとは違う場合はどうしたら良いのでしょうか?

スポンサーリンク


相手の匂いが好きじゃない場合はどうする?

もし、自分の恋人や配偶者の匂いが、好きじゃない場合はどうすれば良いんでしょうか?

その場合でも、別に深く考える必要はありません。

人間にフェロモン分泌機能が無いのは、結婚相手を決める基準の中で匂いが、それほど重要じゃなくなったからとも言えます。

人間には知性があるので、価値観や考え方などもっと大切なことがあるからです。

長い人生では、匂いなんかよりも、お互いのキャラクターの方が遥かに重要です。

人間同士の関係は、匂いなんかにこだわり過ぎないようにした方が、幸せになれますよ!

スポンサーリンク


まとめ


ロマンチックのかけらもない話だったかもしれませんね。

今はインターネットやSNSでも結婚相手を探せる時代です。理想の相手を探すにしても、色々な条件があって迷ってしまうものです…。そんな時の最終手段として相手の匂いで判断するのも一つかもしれませんね!

とは言え、人間にとっては、遺伝子的な相性よりも、お互いのキャラクター的な相性の方が重要です。

匂いにはこだわり過ぎず、理想の相手を見つけて幸せになってくださいね!


スポンサーリンク