アメリカンドッグはアメリカにはない?!由来と本当のレシピ!



アメリカンドッグと聞けば、高速道路のサービスエリアで売ってる食べ物というイメージが強いですね。最近ではコンビニでも手軽に買えるので、つい手が出ちゃいます。

しかし、先日、アメリカ生活の経験がある友達が、アメリカンドッグを見て言いました。「アメリカではアメリカンドッグなんて見たことないよ」えー、本当に!そういう、いかにも外国生まれの名前なのに実は日本生まれ、みたいな食べ物って多いですよね~。

そういうわけで、アメリカンドッグの由来について調べてみました。

スポンサーリンク


アメリカンドッグはアメリカに無い!

あんな腹にたまるオイリーでぼってりとした高カロリーな食べ物はアメリカ生まれに決まってる!(スミマセン、悪口言ってるわけではありません。私は大好きなんですよ)

しかし、同じようにアメリカ生活の経験がある友人はみんなそんな食べ物アメリカでは見たことが無いと言います…。

97fb6029e66e10fdca51ad70deea08a2_s

元々はコーンドッグ

調べてみると確かに、アメリカンドッグという食べ物は存在しませんでしたが、よく似た食べ物にコーンドッグという食べ物がありました。コーンドッグはコーンブレッドの材料としても使われるコーンミールで作った生地をウインナーソーセージに纏わせて、油で揚げて作ります。私はコーンブレッドが好きなので、なんかこっちの方が美味しそうですね~!

日本では小麦粉の方がポピュラーなので、生地に小麦粉を使ったレシピの方が一般的になったものの、そうなるとコーンドッグとは呼べないので、アメリカンドッグと呼ばれるようになったのでしょう…。

スポンサーリンク


コーンドッグのレシピ

というわけで、コーンドッグのレシピも調べてみました。

本場アメリカには魚肉ソーセージなんてないのでしょうが、アメリカンドッグと言えば、中のソーセージは魚肉ソーセージでしょうということで、魚肉ソーセージのレシピにしていますが、普通のウインナーソーセージでももちろんOKです!

【材料】
魚肉ソーセージ:6本~10本
小麦粉:1/2カップ
コーンミール:1/2カップ
ベーキングパウダー:小さじ1
塩:少々
揚げ油:適量
ソーセージを挿すための割り箸
※砂糖:大さじ3
※溶かしバター:大さじ1
※卵:1個
※牛乳:60ml

【作り方】
  1. ※印の材料を小さなボール等に入れて、あらかじめよく混ぜておく

  2. 混ぜ終わった1の液に小麦粉、コーンミール、ベーキングパウダー、塩を入れて混ぜ合わせ生地を作る

  3. 魚肉ソーセージを割り箸に挿して、生地をまんべんなく纏わせる

  4. 180℃に熱した油で揚げる

  5. こんがりきつね色になるまで揚げたら、引き揚げて油を良く切って完成

良かったら作ってみてください!

127964
スポンサーリンク


まとめ

ていうか、アメリカンドッグ(正確にはコーンドッグ)ってアメリカにあるじゃないですか~。なんでみんなアメリカでは見たことないって、言ったんでしょうかね?

謎は残ったままですが、美味しいコーンドッグを食べて忘れることにします…。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


2 Responses to “アメリカンドッグはアメリカにはない?!由来と本当のレシピ!”

  1. ななしさん より:

    大手コンビニで魚肉を使っているところはないですよ
    魚肉を使ったアメリカンドッグで市販されているのは
    家庭向けの冷凍食品ぐらいです

    • yahuhichi より:

      ななしさん

      コメントありがとうございます。

      私の場合は高速道路のサービスエリアで買うことが多くて、コンビニであまり買わないので、魚肉ソーセージのイメージが強いんです。
      でも、たまたま私が買うところが魚肉ソーセージを使ってる所というだけで、確かに今はお肉のソーセージを使うのが一般的みたいなので、魚肉ソーセージのイメージを持ってる私の方がマイノリティなのかもしれませんね!

      やふひち

コメントを残す



このページの先頭へ