牛タンの歴史!なぜ仙台なの?それは情熱の結晶だった!



先日、関東地方でチェーン展開している牛タンのお店が、テレビでやっていました。

私もよくいくお店なのですが、普段牛タンのことをあまり深く考えずに食べていたので、色々な牛タンのエピソードに感心しました。ところで、牛タンと言えば仙台ですが、最近では仙台牛というブランド牛肉が有名ですが、元々牛肉が特産じゃなかった気がするし、そもそも、なぜ牛の舌だけ食べるのか?名物って、その地方で取れる食材を使ったものが多い気がするので、すごく気になってしまいました。

仙台産牛タン」なんて滅多に聞かないですし…。

そこで、仙台の牛タンの歴史について調べてみました。

スポンサーリンク


仙台牛タンの歴史

仙台の牛タンの発祥の歴史は戦前戦後の時代に遡ります。

137007

牛タンの元祖

牛タンを塩焼きするという今の食べ方を考案したのは、仙台の牛タンの名店「味太助」の初代、佐野啓四郎さんでした。

啓四郎さんは昭和10年代に東京で和食の修行中に、フランス料理のシェフから牛タンシチューなどの料理から牛タンの味を学びました。それ以降、日本人向けの牛タンの美味しい食べ方の研究を始めました。

やがて、戦後を迎え、啓四郎さんも屋台で焼き鳥を売っていましたが、ヒット商品を生んでもすぐに周りに真似されてしまうことから、オリジナルの誰にも真似できない料理を考え出すという情熱の元、牛タン焼きを生み出しました!ただ、牛一頭から一本しか取れない舌を戦後の食糧難の時代に安定的に入手することは困難で、啓四郎さんは東北地方の各地を牛タン入手のために駆け回ったそうです!

凄い情熱…いつの時代も成功の秘訣はあきらめない情熱なんだと痛感するエピソードです。そんなこと書いてたら、なんか牛タンが食べたくなってきました…。

味太助の仙台本店はこちらです。

仙台まで行けないよという方は、太助の牛タンはこちらから買えます。 ⇒ 杜の都 太助

ああ、口の中に唾が出てきました…。

109287

牛タンだけはたくさん入手できた

牛タンが広まったもう一つの理由には、戦後のアメリカ軍の進駐というのあります。

アメリカ人は牛肉をよく食べる食文化です。ただ、アメリカ人の食文化では、牛の舌や尻尾の部分は食べないため、その部分だけは余りました。そのため、余った舌や尻尾の部分を、日本人が入手して、食べるようになりました。牛タン定食に牛テールスープが一緒に出てくるのはこういう理由からのようです。

ただし、こちらの理由は嘘という意見もあります。アメリカ軍が食べるための牛肉がアメリカ本土から入荷される時には、舌や尻尾などの部分は最初から運んできていないからという理由です。でも、実際には牛タンを食べる食文化は当時日本にもアメリカにも無いことから、舌や尻尾の部分は実際に余っていたんじゃないかと、個人的に思っています。

スポンサーリンク


まとめ

d88591b045756ad26ce719211292157d_s
仙台の牛タンは、一人の和食料理人の情熱と戦後の食糧難の時代が生んだ名物だったんですね!

そう考えると、お好み焼きやうどん、ラーメンの粉もんの食文化など、日本の庶民に愛される食文化の多くは戦後に生まれています。食べ物に限らず、様々な発明や飛躍は困難な状況と人間の情熱によって生まれています。私も何か歴史に残ることをしたいなぁと思いつつも、牛タンのこと書いてたら、もはやガマンできなくなってきました。

私は夢や野望を抱くよりも、やはり目の前の食欲の方が勝るタイプの人間なので、この後牛タン定食を食べに行きたいと思います!

※後日更新

本当に行ってしまいました!

image
やっぱり、美味しかったです!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ