南極では風邪をひかないって本当!?理由は寒さじゃない!



よく南極では風邪をひかないとい言われています。私はその理由を南極はとても温度の低い環境のため、風邪のウィルスが生きていけないからと思っていました。

でも、最近知ったのですが、実は本当の理由は寒いからじゃなかったのです!ずっと寒さで殺菌されてしまうからだと思い込んでしました。

というわけで、今回は南極では風邪をひかない理由の真相についてお伝えします!

スポンサーリンク


南極では本当に風邪をひかないの?

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s
南極では風邪をひかないと言いますが、果たして本当なのでしょうか?まずはその噂の真相について見ていきましょう!

風邪といっても様々

まずは混乱を避けるために、風邪という病気について、軽くおさらいします。

一言で風邪と言っても、次2つがあります。

  • ウィルス性の風邪
  • 細菌性の風邪

この2つの大きな違いは、ウィルスは人に感染して生きているのに対し、細菌は人以外にも付着して、生きていることができるという点です。

また、共通の特徴としては、人間が生活できる環境であれば、ウィルスも細菌も生きていることができることです。

これらの特徴を踏まえると、実は南極でも条件を満たすと風邪をひいてしまうのです!

南極でも特定条件下では風邪をひく!

174830
では、どういう条件を満たすと風邪をひいてしまうのでしょうか?

具体的には次の2つの条件を満たすと、南極でも風邪をひいてしまいます。

  • 南極の外から来た人が、新しい型のウィルスを持ち込む
  • 細菌に汚染された物からの感染

それぞれの条件を詳しく解説していきます。

南極の外から来た人が、新しい型のウィルスを持ち込む
518422
人間には免疫があるため、一度感染したことのあるウィルスに対しての免疫力を持っています。

しかし、南極で働いている人の増員や交代などで、外から新しい人が来る場合があります。もし、その人が新しい型のウィルスに感染していると、元々、南極にいた人たちには、そのウィルスに対して免疫力が無いため、風邪になってしまうのです。

南極がいくら寒くても、ウィルスは生きている人間の体に感染して生きているため、外がどれほど低温であっても関係無く生きていることができるのです。

細菌に汚染された物からの感染
もう一つの可能性は、風邪の原因になる細菌に汚染された物から感染してしまう場合です。

南極の外から来た人が持ち込んだ物や、元からあった物の中に、風邪の原因になる細菌に汚染されたものがあった場合に、そこから感染する可能性があります。

人間が南極に来る際は、快適な温度に保たれた乗り物で来るため、荷物も快適な温度に保たれて運び込まれます。もし、その荷物が細菌に汚染されていれば、元から南極にいた人が風邪をひく可能性があります


というわけで、南極でも風邪をひくことはあります。そして、この2つの条件は南極に限らず、私たちが住んでいる暖かい場所の感染条件と基本的には変わりありません!

では、なぜ南極だと風邪をひかないと思われているのでしょうか?これには理由があります。

次は「南極では風邪をひかない」の真相について解説します。

スポンサーリンク


南極で風邪をひきにくい理由

118165
南極でも感染条件を満たせば、風邪をひくのですが、実際に風邪をひくのは稀です。そう、やっぱり「南極では風邪をひかない」のは事実なのです!

では、なぜ南極では風邪をひかないのでしょうか?

寒いのは関係ない!

dbeef9dfa263086395db700bb5a1c0ff_s
南極では風邪をひかない理由は、寒さとは全然関係ありません。

人間には免疫力があるため、ウィル性でも細菌性でも、一旦かかった風邪に再びかかることは稀です。そのため、一度誰かが風邪をひくとそこにいる全員に感染しますが、全員がそのウィルスに対する免疫力を持つことになるので、その後は2度と風邪をひくことは無くなります

また、南極の外から新しい人が来る場合も、大抵は風邪なんてひいていない元気な状態でくるため、外から新しい風邪のウィルスが持ち込まれることもあまりありません。

本当の理由

120898
つまり、本当の理由は「人間同士の交流が少ないため、新しいウィルスに感染する機会が少ない」からなのです。

南極以外でも、文明社会との交流が極端に少ない、アフリカやアマゾンの先住民なども風邪をひくことはありません。彼らが風邪をひかない理由も南極の場合と全く同です。

もし、南極にもっと多くの人が住んで、外部との交流も盛んになれば、風邪をひく人が増えてしまうのです!

スポンサーリンク


まとめ

1bdb23bccbaf8e55ac5c169890fca8f2_s
南極では風邪をひかない理由は「人が少な過ぎて、感染原因となる人の交流が少ないから」でした。そして、人との交流が少なければ、南極に限らず、地球上のどこであっても風邪をひくことはないのです!

しかし、人と交流しなければ、風邪をひかないなら、「外出するのを止めよう」という考えも出てくるかもしれません。確かにそれなら風邪などの感染症にかかることは少なくなりますが、病気に対する免疫力もつきません。

実際にアフリカやアマゾンの先住民なども文明社会と交流したことで、免疫力を持たない病気にかかってしまい、全滅するという悲しい出来事も起きたことがあります。

元気な体を作るには、外出して軽く風邪にかかるくらいがちょうど良いという事です!

私も元気にどんどん外に出ていきたいと思います!

ちなみにその他の南極の面白い情報についてはこちらの記事に書いてあるので、良ければご覧ください!
北極と南極はどっちが寒い!?違いを知ると行ってみたくなるかも!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ