オーブントースターの温度はどれくらい?オーブンでの代用方法を解説!

私は主夫を自称するくらいなので、いつも家事をやっている(つもりの)男です。

そういうわけで、日常的に料理もやっています。

でも、今でもたまに失敗するのが、オーブントースターの調理です。

トーストを焼くのでも、黒焦げにしちゃうことが良くありますし、グラタンを焼く時にも、表面はきつね色なのに、中は冷たいなんてこともよくやらかします(-_-;)

そもそも市販のオーブントースターには、温度調節機能が無いものもありますよね。

温度が分からないのでは、繊細な調理をするのは、難しいですよね?

というわけで、今回はオーブントースターの実際の温度や、オーブンで代用可能かどうかを調べぬいたので、皆さんにもシェアしますね!

スポンサーリンク



オーブントースターの温度

まず、一番気になるオーブントースターの温度ですが、これはメーカーによって、ある程度のばらつきがあるものの、200℃~250℃の間です。

商品によって、出力(800Wとか1000Wのような数字)にはばらつきがありますが、これは温度が上がるまでの時間の差に過ぎません。

つまり、800Wのトースターよりも、1000Wのトースターの方が、素早く熱くなるということです。

パンをトーストするような使い方が多い場合は、出力が大きいオーブントースターを使った方が、早くこんがり焼き上がるので、良いかもしれませんね。

しかし、200℃~250℃だと分かったとしても、実際に料理に使う場合は、そう単純にはいきません。

実はトースターとオーブンの仕組みには、微妙な違いがあるからです。

というわけで、次からはトースターやオーブンをそれぞれ代用する方法を、解説しますね。

スポンサーリンク



トースターとオーブンの違い

例えば、自分のトースターの温度が230℃だとしても、オーブンの230℃の設定とは、微妙に違います。

その原因はヒーターの違いにあるんです。

トースター

トースターの場合は、ガラス管ヒーターを使って、庫内を温めます。

具体的には、こんなことを繰り返します。

トースターの仕組み

  1. ヒーターに電気を流すことで、一気に温度を上げる
  2. この時のヒーターの表面温度は590℃~750℃になります。

  3. 庫内の温度が一定温度以上になったら、ヒーターに流す電気を止める
  4. 『一定温度』は、商品によってばらつきはあるものの、概ね200℃~250℃の間です。

  5. 庫内の温度が一定温度以下になったら、ヒーターに電気を流す
  6. タイマーが切れるまでこれを繰り返す

大雑把ですが、大体こんな感じです。

ポイントは、庫内の最高温度と最低温度に、かなりばらつきがあるということです。庫内の平均温度が230℃前後というだけで、それよりももっと高温になっていることがあります。

“一気に高温になってから、ゆっくり冷める”を繰り返すため、表面にだけ火が通りやすいという特徴があるわけです。

トースターが向いている用途

  • トーストなどカリッと焼きあげたい食べ物
  • 表面に焦げ目を付けたい時
  • べチャッとなった揚げ物をカリカリにしたい時

トースターの仕組み上、目を離すと焦げやすいことに注意が必要です。

どちらかと言うと、短時間の調理に向いています。

オーブン

一言でオーブンと言っても、ガスオーブンや電気オーブン、果ては石窯とか陶器の窯など、種類は様々です。

しかし、共通しているのは、一定温度の熱風や、オーブンの壁面から放出される赤外線で、食べ物を熱することです。

最大の特徴は、温度が一定しているということです。

そのため、ちょっと目を離していたら、真っ黒焦げなんて事態が起こりにくいです。

オーブンが向いている用途

  • 中まで火を通したい料理
  • 長時間の過熱が必要な料理
  • 低温での加熱が必要な料理

設定温度や加熱時間さえ間違えなければ、放置していても、失敗しにくいです。

そのため、長時間じっくりと火を通す料理に向いています。

このように、トースターとオーブンには、向き不向きがあります。でも、どちらかで代用したいことだってあると思います。

そこで、次はそれぞれを代用する時のコツを紹介します。

スポンサーリンク



それぞれの代用方法

オーブンの代わりにトースターを使う時や、その逆をやるときには、それぞれコツがあります。

順番に説明しますね(^^♪

オーブンの代わりにトースターを使う場合

トースターの特徴は、庫内温度の上下動が激しいことが特徴です。

温度調節機能があっても、それはあくまでも平均温度の設定なので、高温の時は食べ物を焦がす恐れがあります。

とにかく、焦げないように目を離さないことが重要です。

特に調理温度が、200℃以下の料理を作る時には、細心の注意が必要です。もし、温度調整機能が付いてないトースターであれば、低温調理の場合は、使用しない方が良いかもしれませんね。

トースターの代わりにオーブンを使う場合

オーブンの特徴は、熱くなるまで時間がかかる代わりに、温度が一定であることです。

例えばトーストをトースターで焼くなら、250℃で2分~3分焼けば十分です。それをオーブンで代用するなら、250℃で予熱してから、2分~3分焼けば良いだけです。

ただし、トースト程度を焼くために、オーブンを使うのはちょっと面倒ですけどね(^^;

スポンサーリンク



まとめ

というわけで、今回はオーブントースターの温度や、オーブンとの違いを紹介しました。

もう一度簡単にまとめておきますね。

トースターとオーブンの違い

  • オーブントースターの温度は200℃~250℃の間
  • オーブントースターのワット数は熱くなるまでの時間の違い
  • オーブントースターの温度は平均温度なので、実際の庫内温度にはばらつきがある
  • オーブンは熱くなるのに時間がかかる代わりに、庫内温度は一定
  • トースターは短時間調理に、オーブンは長時間調理に向いている

もし、オーブンの代わりに、オーブントースターを使いたい場合は、とにかく目を離さないことが大事です。

要はトースターは一気に熱くする仕組み上、焦げやすいことにだけ注意すればOKです。

そんなことに注意しながら、上手に使い分けてみてくださいね~!


スポンサーリンク