「その仕事、私では役不足です」は間違い!正しい意味と使い方!



日本語には意味を間違えやすい言葉がよくあります。

役不足もそんな言葉の一つです。間違って使うと赤っ恥の”役不足”の本当の意味をお伝えします。

ちなみに私は完全に間違った使い方をしていました…。

スポンサーリンク


役不足の意味

使い方を間違えやすい言葉である「役不足」の意味について見ていきましょう。

誤解されている使い方

私たちが役不足という言葉を使う時はよくこのような使い方をするのではないでしょうか?

  • 「こんな大きな仕事は、私では役不足です。他の人に任せた方が良いですよ!」

  • 「このような大役は私では役不足です。うまくいくわけないです」

  • 「この仕事を彼に任せるには役不足ですよ」

つまり、この場合の役不足の意味は力不足と同じ意味で使っているわけですが、実はこれが間違いなのです。

166122

正しい意味

役不足の正しい意味は、本来のその人の力量よりも低い仕事などを与えられることを指します。

また、そういった簡単な仕事しか与えられないことに対する不満を表す時などに使う言葉です。

つまり、正しい使い方はこんな感じです。

  • 「こんな仕事は私には役不足です。もっと大きな仕事をください」

  • 「この役は彼には役不足です。もっと大役を与えた方が良いですよ!」

  • 「今の仕事は役不足だから、もっと大きな仕事をしたいなぁ」

自分に対して使う場合は、今の境遇に対する不満を表現するために使うわけです。

そのため、力不足の意味と勘違いして、「この仕事は、私には役不足です」なんて言ってしまうと、「こんな仕事は自分には不足です」とか「こんな仕事はちょろいもんです」といった意味になってしまうため、実はとても傲慢な意味になってしまうんですね~(>_<)私は恥ずかしながらずっとこの意味で使ってました…。思い出すと色々と恐ろしい使い方をしてしまっています。本当に恥ずかしいです。

69dba97e65c62d64b3e5f26cb878733c_s

役不足に気を付けましょう!

役不足の由来は、歌舞伎役者が力量より低い役を与えられてしまうことからきています。

よくサスペンスドラマを見ていると序盤で、大物俳優が明らかに役不足な端役を不自然に演じていて、結局その大物俳優が犯人だったみたいなことがあります…。せっかく良いストーリーなのに配役でバレバレというのはいただけないですよね(^_^;)

スポンサーリンク


まとめ

052435
今回は”役不足“の言葉の意味について調べてみました。

“役不足”の意味を考えていて思いましたが、人はどんどん成長するものですね。誰の人生でも今の仕事が役不足になることは宿命だと思います!そんな風に成長してどんどん新しいことに挑戦する人生でありたいなと思いました!

以上、我ながらかっこつけたことを言って終わる管理人でした…。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ