レインボーブリッジを徒歩で渡る!入り口の場所はココ!



今や東京の大きな観光スポットになったのが台場です。日本だけでなく、外国からもたくさんの観光客が訪れています。

そんなお台場に行く人のほとんどが通ることになるのが、レインボーブリッジです。

レインボーブリッジは高速道路に一般道、ゆりかもめなどが通っていますが、意外にも徒歩でも渡ることができるのです!

それを知った私は今回、レインボーブリッジを徒歩で渡ってみることにしました!

というわけで、遊歩道の入り口など、徒歩で渡るための情報も交えてレポートしてみたいと思います!

スポンサーリンク


レインボーブリッジ

b93821c98040f1c89d6134928e095735_s
レインボーブリッジとは、言わずと知れたお台場にかかる大きな橋です!夜になるとライトアップされるため、お台場のシンボルのような存在です。

そんなレインボーブリッジを徒歩で渡るレポートの前に、まずは基本情報から見ていきましょう!

レインボーブリッジのデータ

レインボーブリッジの基本データは次のようなものです。

【大きさ】
 橋げたの高さ:最高52m
 遊歩道の全長:1.7Km

【通行可能時間】
 4月1日~10月31日:午前9時~午後9時(最終入場は午後8時30分まで)
 11月1日~3月31日:午前10時~午後6時(最終入場は午後5時30分まで)
 ※毎月第3月曜日はお休み、第3月曜が祝日の場合はその翌日がお休み

【アクセス】
  • お台場側
  • ゆりかもめ「お台場海浜公園」から徒歩10分

  • 芝浦側
  • ゆりかもめ「芝浦ふ頭」から徒歩7分
    JR山手線「田町」から徒歩15分
 駐車場は無いので、公共交通機関を使うのをおすすめします!


レインボーブリッジの入り口

レインボーブリッジを徒歩で渡ろうと思った時に一番分かりにくいのが遊歩道の入り口です。

特に芝浦側の入り口は、非常にうらぶれた場所にあり、知らないとそこが入り口だなんて思いもしません

徒歩で渡る場合の、お台場側と芝浦側のそれぞれの遊歩道の入り口の場所はここです!

【お台場側】

お台場側の入り口は場所さえ分かっていれば、とても分かりやすいです。

【芝浦側】

芝浦側は場所が分かっていても、一瞬中に入って良いものか戸惑ってしまいます。

でも、自由に入って良いので、勇気を出して入りましょう…。(本当に勇気が必要になるくらいの寂しい場所にあります)


というわけで、入り口も分かったところで、いよいよ渡ってみることにしましょう!

スポンサーリンク


いよいよ渡ってみましょう!

それでは、いよいよ渡ってみましょう!

今回はお台場側から渡ることにしました。しかし、芝浦側から渡った方がだんだんお台場に近づくので、気分が盛り上がるかもしれませんね。皆さんはそうした方が良いかもしれませんね。

さて、まずはお台場側の入口へ向かいます。ゆりかもめの場合はこちらのお台場海浜公園駅が最寄駅です。
img_4661
お台場側へ向かう道にはオシャレなお店やマンションが立ち並んでいます。日本にいるとは思えません!
img_4662
左にお台場海浜公園を見ながら歩き続けると行き止まりに何か見えてきました。
img_4665
ありました!レインボーブリッジの遊歩道の入り口です。
img_4666
受付のようなところに警備員さんがいますが、料金は無料なので、そのまま通過してしまって構いません。まずはレインボーブリッジの遊歩道に向かうまでの橋を渡っていきます。
img_4667
左にはこれからわたるレインボーブリッジが見えます。
img_4668
お台場ともこれでお別れです…。
img_4669
これから渡る遊歩道の案内板がありました。レインボーブリッジの遊歩道は正式には「レインボープロムナード」と呼ぶようですね~。
img_4670
ここで、いきなり分かれ道です。遊歩道には北側と南側があるので、どちらかを選ぶ必要があります。南側通路だとお台場側北側通路だと東京都心側を眺めながら渡ることになります。私は東京都心を眺めながら渡りたいと思ったので、北側を選びました!
img_4672
北側遊歩道を歩いてゆきます。
img_4675
遊歩道から移した東京です。東京って大都会なんだな~と改めて感じます。
img_4673 img_4674 img_4680
しばらく行くとサウスルートに行ける階段が現れました。やっぱり気が変わったら南側に移れるみたいですね。
img_4681
この遊歩道、景色は文句なく最高ですが、すぐ横が車道なので、とにかく騒音が凄いし、排気ガスの臭いもします。そこが残念な所です。
img_4683
しばらくするとゆりかもめがやってきました!
img_4685 img_4688
右に東京の景色を眺めながら、ひたすら歩きます。全然人とすれ違いません…。
img_4689
しばらく歩いていると、自動ドアがある場所に来ました。なんじゃここは…。
img_4695
中に入ってみるとそこは台場アンカレイジという、お台場側の橋脚の部分でした。エレベーターなんかもありますが、下に降りても何もないので、利用不可能です。ここはそのまま通過するだけの場所ですね。
img_4697
更に歩き続けると、ようやく橋の真ん中付近に到達しました!するとそこにはいくつものパネルがあります。
img_4699
パネルはそこから見える建物などの説明用の写真でした。ちゃんと観光客を想定した作りになっているようですが、渡っている人は正直少ないようですし、写真も色あせてしまっています…。
img_4700
更に歩いていきます。どうやら芝浦アンカレージがゴールのようですね。
img_4702
だんだん、ゴールに近づいてきました!
img_4706
そして、芝浦アンカレージのエレベーターが見えてきました。
img_4708
遂にゴールに到着です。
img_4709
また、自動ドアをくぐって、中に入ります。
img_4710
今度はエレベーターが使えるので、乗り込んでみます。
img_4711 img_4716
エレベーターを降りて芝浦側の出入り口のロビーに来ました。
img_4717
ロビーには展示物や飲み物の自動販売機、トイレなんかもあります。やっぱり芝浦側から渡るのが順路のようですね…。
img_4718 img_4719
芝浦側を出ると外の景色はこんな感じです。とにかく人がいません…。
img_4724 img_4725
芝浦側の入り口はこんな感じです。芝浦側からくる時の参考にしてくださいね。
img_4726 img_4728
というわけで、レインボーブリッジを後にして、今回はJR山手線の田町駅に向かいます。
img_4729
田町駅へは真っ直ぐ行けば到着します。途中にはこんな標識もあります。田町駅から来る時はどんどん寂しげな場所に向かうことになりますが、この標識を信じてひたすら直進してください。
img_4736
田町に近づくにつれて、高層マンションなどがあるセレブな雰囲気の場所になってきます。
img_4737
そして、田町駅に到着です。今回は東京散歩旅の経路の都合上、田町駅に来ましたが、最寄駅はゆりかもめの「芝浦ふ頭」なので、ご注意ください。
img_4740

というわけで、東京の景色をたっぷりと堪能できるレインボーブリッジですが、渡る時にいくつか注意点があります。

次はその注意点をお伝えしますね!

スポンサーリンク


渡る時の注意点!

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s
今回渡ってみて、注意した方が良いことを私なりにまとめてみました。

それは次の4つです。

  • 遊歩道は北側と南側がある
  • 自転車は手押しで渡る
  • 風が強い!
  • 騒音が凄いのでムードが無い

順番に説明しますね!

遊歩道は北側と南側がある

遊歩道には北側と南側があります。

南側はお台場の景色を楽しめますが、基本的に港湾施設が多い場所なので、ちょっと殺風景です。北側は東京都心の景色を楽しむことができますが、お台場の景色は全く見ることができません。

途中で反対側に行くことはできないので、あらかじめどちらにするか決めておきましょう

自転車は手押しで渡る

遊歩道は歩行者優先です。

自転車の場合は、手押ししかできないように、入り口で警備員さんに台車を取り付けられてしまいます。鍵が無いと取り外しできないので、手押しはしんどいです。

また、自転車の場合は、芝浦側から渡る場合は南側通路お台場側から渡る場合は北側通路を渡らなければいけないため、選択肢がありません。

自転車で渡る必要が無いのであれば、徒歩で来ることを強くお勧めします

風が強い!

この日は強風注意報が出ていたため、特に風が強い日でした。

そのため、とても寒く、涙と鼻水が大量出ました…。

物が飛ばされそうな勢いで、写真を撮るのも大変だったので、くれぐれも風の弱い時を選ぶようにしてください。

騒音が凄いのでムードが無い

常に車やゆりかもめが通過するので、騒音と排気ガスがもの凄いです!

しかも、お台場は港湾施設がある場所でもあるため、大型車両が多く通過します。大型車両は排気ガスも臭く、通過すると橋げたが揺れるため、結構怖いです^^;

ちょっとデートには向かないかもしれませんね…。

スポンサーリンク


まとめ

img_4729
というわけで、今回はレインボーブリッジを徒歩で渡ってみました。

個人的には、大都会東京の景色を堪能できる北側の遊歩道がおすすめです!

私はもうすぐ地方に移住する予定なので、東京の街並みもこれで見納めかもしれないとしみじみ思いながら渡りました。

強風と排気ガスが難点ですが、1.7Kmという距離もちょうど良いので、皆さんも一度徒歩で渡ってみるのも良いと思いますよ!

注意点は自転車の場合は手押しで渡らなければいけないという点です。1.7Kmを手押しで渡るのは、結構しんどいと思うので、ご注意くださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ