曲のキーの意味って何?キーや転調を分かりやすく解説!



よくカラオケなどで「キーを変える」なんていいますよね。それ以外にも「この曲のキーはDメジャー」だとか言うこともあります。

いったいキーって何のことなのでしょうか?

実はこれが分かると音楽が楽しくなります。もしかしたらカラオケが上手になるかもしれませんよ!

というわけで、今回はキーの意味や、キーを変える転調(キーチェンジ)の意味を分かりやすく解説します!

スポンサーリンク


キーの意味


キーという用語は、音楽でよく耳にします。なんとなくしか分かってない人も多いですよね。

まずはキーが何を意味しているのかを見ていきましょう。

キーとは日本語では調と言います。キーとか調は次のような意味です。

【キー】
キーとはその曲の調のことで。日本語だとハ長調とかニ短調、英語だとCとかDマイナーなどと表現する。

例えばハ長調(C)の場合は、ハ(C)の音から始まる長音階で、ニ短調(Dマイナー)であればニ(D)の音から始まる短音階。


調とか音階という用語が分からない方は、まずこちらの記事をご覧になってから戻ってきてください。
長調と短調の違い!簡単な見分け方を解説!

言葉だけだと、一体何のことやらって感じなので、鍵盤を見ながらだと分かりやすいです。

例えばハ長調(C)というキーの場合は、下の画像の通りハ(C)の音から”ドレミファソラシド”が始まっていますよね。だから、ハの音がキーになります。

【ハ長調の音階】

↑クリックすると拡大します。

一方でニ長調(D)の場合は、下の画像の通りニ(D)の音から”ドレミファソラシド”が始まっていますよね。だから、ニの音がキーになります。

【ニ長調の音階】

↑クリックすると拡大します。

つまり、キーというのはその曲の”ド”の音の高さの事を表していると理解すると良いのです!

これを理解すれば、キーを上げたり下げたりすることの意味も分かってきます。

そこで、次はキーチェンジの意味を見ていきましょう。

スポンサーリンク


キーチェンジ(転調)の意味

例えば童謡の「きらきら星」という歌のキーは、ハ長調です。ハ長調はハの音がドですが、実はこれをニ長調にすることもできます。

そうすると、二の音が”ド”になった分、曲全体の高さが上がるのです!言葉で説明するより実際に聞いた方が分かりやすいです。

下の画像はきらきら星を曲の途中で様々なキーに上げたり下げたりしています。どのキーに変わる場合でも、歌詞の「みんなを見てる」の部分からキーチェンジしています。



どの場合でも、曲全体の高さが変わるだけで、きらきら星であることに変わりないですよね。

例えばカラオケで、キーを上げたり、下げたりしますが、これは曲のキーを変えて、自分の歌いやすい高さに調整しているわけです。

キーって面白いですね~。


というわけで、キーが何なのかが分かってくると、今度は自分の好きな曲のキーが何なのかを知りたくなりませんか?

そこで、最後は曲のキーを探す方法をお伝えします。

スポンサーリンク


キー(基音)の探し方


キーの意味が分かると、自分の好きな曲のキーも知りたくなるものです。

でも、残念ながら曲を耳で聞いただけでは、キーを判別することは困難です。それができるのは、絶対音感がある人だけです…。

そこで、ここでは絶対音感が無い人が、キーを探し出すための方法を紹介します。

ポイントは次の2つです。

  • 原曲の楽譜を入手する
  • 曲を聞いて感じを判断する

それぞれについて、順番に説明しますね!

原曲の楽譜を入手する

まず、原曲の楽譜を入手してください。

アレンジされている曲の場合は、最初から違うキーで楽譜が書かれている場合もあるので、それでは全く意味がありません。

必ず原曲のままか、それに近い楽譜を入手してください。

その上で、楽譜の左側のト音記号やへ音記号の横に付いている#や♭の記号の数を確かめてください。下の画像のようなやつです。


↑クリックすると拡大します。

この場合は、#が2個付いているわけです。記号の数が分かると、その曲のキーの種類が2つまで絞り込まれます。

その関係は次の表のとおりです。

【♯と♭の数とキーの関係】
♯の数 ♭の数 長調 短調
ハ(C) イ(A)
1 ト(G) ホ(E)
2 二(D) ロ(B)
3 イ(A) 嬰ヘ(F#)
4 ホ(E) 嬰ハ(C#)
5 ロ(B) 嬰ト(G#)
1 ヘ(F) ニ(D)
2 変ロ(B♭) ト(G)
3 変ホ(E♭) ハ(C)
4 変イ(A♭) ヘ(F)
5 変ニ(D♭) 変ロ(B♭)

例えば#が2個の場合のキーは、ニ長調かロ短調に絞り込まれます。

あとは実際に曲を聴くことで確かめることができます。

曲を聞いて感じを判断する


楽譜を見て2種類に絞り込まれたら、あとは実際に曲を聞いて感じる印象がポイントになります。

曲の感じが明るければ長調の曲と考えられます。逆に暗い感じなら短調の曲です。

例えば、楽譜の#が2個の曲で、明るい感じならニ長調、暗い感じだったらロ短調というわけです。

また、もし調べたい曲が合唱曲であれば、実際に曲を聞かなくても、その曲のベースパートの最初の音がキーである事が多いです。ただし、絶対ではないです。特殊な曲の場合は、そうじゃない場合も多いのでご注意ください

スポンサーリンク


まとめ


曲のキーの意味をちゃんと知ると、音楽がとても楽しくなりますね!

改めておさらいしておくとこういう意味です。

  • キーとはその曲の調のこと
  • キーを上げ下げするのは、曲全体の高さを調整する事

同じ曲でもキーを変えると、高さだけ変わるなんて面白いですよね!

そんなふうに上手にできている音楽というのも、とても不思議ですね!

皆さんもキーのことをキーのことを理解して、音楽を楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ