七五三の意味とは?子供のために準備に必要なものを解説!



11月15日は七五三のお祝いをする日です。子供の頃のアルバムには、私が楽しそうにしてる写真が残っています。最近では、11月15日にこだわらず、その前後のお休みの日にすることも多いようです。

そんな七五三の準備のためには、何が必要なのでしょうか?なにぶん、かなり小さい頃の事なので、よく覚えていないですよね…。

子供の七五三を楽しく、家族の思い出に残る素晴らしい時間にするために、しっかりと準備できるように、今回は七五三の意味や準備に必要な事柄について見てみましょう!

スポンサーリンク


七五三とは?

七五三とは子供の成長を祝う日本の伝統的な行事です。

元々は関東地方の行事でしたが、段々と全国に広がって、現在では日本全体の行事として定着しました。女の子は3歳と7歳の時に、男の子は5歳の時に(一部は3歳の時にも)お祝いします。男の子と女の子のお祝いする歳から七五三という名称になっています。意外と名前の由来は単純ですね(^_^)

お祝いの年齢になった子供は、毎年の11月15日に神社に参拝し、健康に育つことを祈願します。

ab1044b658b8c2e32d4ff170c1817ebb_s
スポンサーリンク


七五三の準備

七五三はお子さんの晴れ舞台ですので、しっかり準備して心にゆとりをもって臨みたいですよね!

そんな七五三で準備が必要な事を早速見ていきましょう。

プランを決める

まず、大切なのは写真撮影と参拝を同日にやるか写真撮影だけ事前にやるかを決めることです。

それぞれのメリット・デメリットを見て、お子さんの性格も踏まえた上で決めると良いと思います。

写真は事前に撮影する
写真撮影だけ事前に行い、当日は子供は軽装にして、参拝と食事会だけにするプランです。

もちろん、当日の服装もおめかししても良いのですが、着慣れた服装の方が、疲れにくく、集中力が持ちやすいです。

メリットは子供が疲れないこと、写真ができていれば、参拝当日に見せることができることなどがあります。退屈して集中力が長く持たない子供にとって、祈祷などは退屈なものですし、写真撮影もお子さんによっては飽きてしまう場合もあるので、それらを別々の日にすることで、比較的集中力が持ちやすいでしょう。

デメリットとしては、スケジュールを2日間確保する必要があることぐらいです。

全て当日にする
全てを一日でやってしまうプランです。

忙しいご家庭の場合は、1日で済ませられることはメリットですが、その分子供が疲れて飽きてしまいやすいデメリットがあります。

服装

七五三はお子さんの服装は、一番こだわりたい部分ですよね!

今度は服装について見ていきましょう。

007024
服装を決める
七五三の服装には、特にしきたりはありません。和装でも洋装でも構わないのですが、人気があるのはやはり男の子なら羽織・袴、女の子なら着物といった和装のようです。

服装に関しては、一生の思い出に残る特別な日なので、お子さんに似合った服を選んであげてください!

レンタル衣装の予約
お子さんの服装をレンタル衣装にする場合に注意することは、早めに予約をするということです。七五三の時期は予約が集中して、直前では好みの衣装が無くなっている場合がほとんどです。

できれば3ヵ月前には予約しておきたいところです!

食事

参拝が終われば、食事会です。

親子だけとか、近い親戚だけでするのが主流ですが、地方によっては親戚一同参加してのちょっとした披露宴をやるところもあるようです。どれくらいのサイズの食事会にしても、ゆっくりと親族でお祝いの食事ができるようにあらかじめお店は予約しておきましょう!

写真

一生の思い出として残る写真になるので、大切ですね!

やはり、写真館やフォトスタジオは七五三の時期は予約で一杯になってしまいます。3ヵ月前には、予約しておくことをおススメします!

お参り先

さて、七五三のメインは神社での祈祷です。

子供の成長を祝う儀式なので、これを外すことはできません!こちらも予約が必要な場合が多いので、参拝先を決めてから祈祷料や時間などを確認しておきましょう。

やはり、2ヵ月~3ヵ月前くらいに予約しておくと良いです!

190588
スポンサーリンク


まとめ

今回は七五三の準備に必要なことを見てみました!

七五三はお子さんの成長を祝う楽しい時間ですので、慌てたり、焦ったりせず、素晴らしい七五三を迎えることができるようにこの記事を役立ててもらえると幸いです!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ