シリコンカバーやゴム製品のベタベタ汚れを落とす方法!



最近はスマートフォンや携帯用音楽プレーヤーを持っている方も増えてきていると思います。そういったものはデリケートな精密機器なので、カバーを付けて使用している方も多いのではないでしょうか。

私も以前使っていたipodにシリコン製のカバーを付けて使用していましたが、ある日、間違って直射日光の下に置きっぱなしにしてしまいました。幸いにもipod自体は壊れていませんでしたが、シリコンカバーが融けてしまって、本体がベトベトになってしまったんです!

ベタベタで本当に気持ち悪く、ティッシュで拭いてもネチャネチャして、全然落ちません…。もう諦めて捨ててしまおうかと思ったのですが、実はある方法で簡単に綺麗に落とせてしまいました。

スマートフォンや携帯音楽プレーヤーに限らず、こうしたシリコンやゴム製のものが熱や劣化により、ベタベタになってしまうことはよくありますよね?

いったんそうなると、普通の方法では落とすことができないのです!

そこで、今回はスマートフォンのカバーなどのあの厄介なベタベタ汚れを落とす方法をお伝えします!

スポンサーリンク


シリコンカバーのベタベタを綺麗にしよう!

では、早速あのベタベタ汚れを綺麗にしちゃう方法をみていきましょう。

あのベタベタは実はアルコールによく溶けます

そのため、次のような方法を使うと綺麗に落とすことができます。

  • 無水エタノールを含ませたティッシュで拭く
  • ウェットティッシュで拭く


無水エタノールを含ませたティッシュで拭く


一番きれいに落ちるのは、アルコールを含ませたティッシュや布などで拭き取ることです。

一番良いのは薬局などで売っている無水エタノールを使うことです。無水エタノールは純粋なアルコールなので、これを含ませたティッシュは、ゴムのベタベタ汚れを非常によく落としてくれます。


他にも手を消毒するためのアルコールスプレーなどでもOKです!

これもティッシュに含ませて拭き取るだけで綺麗になります。

ただし、アルコールが良いからといって、お酒を使うのはやめましょう。お酒には糖分を始めとした様々な不純物が含まれているため、別の汚れを付けてしまうことになります。

必ず無水エタノールか消毒用アルコールスプレーにしてください。

ウェットティッシュで拭く

無水エタノールや消毒用アルコールスプレーが無い場合は、もっと簡単な方法があります。

実はあのベタベタ汚れは、消毒用のアルコールを含んだウェットティッシュで拭けば、簡単綺麗に落とせます!

ウェットティッシュの場合は、含まれているアルコールの量が少ないので、少し多めに使う必要がありますが、無水エタノールを使った時と全く同じように綺麗にすることができます!

ちなみにこの汚れは油脂成分なので、有機溶剤で拭けば綺麗にできます。しかし、ベンゼンやシンナーなどでは本体を痛める可能性もあり、おススメできません。それにベンゼン系の有機溶剤は体にもあまり良くないので、2重の意味でNGです!

また、ジッポオイルで拭けば良いという話もありますが、燃えやすいので危険なのと、やはり体に毒です!

そういうわけで、アルコールを含んだ布やティッシュなどがおススメですので、シリコンやゴム製品のベタベタ汚れが付いてしまった時は、是非お試しください!


というわけで、ここまではシリコンカバーやゴム製品のベタベタ汚れを落とす方法を紹介しました。それにしても、なぜゴムがあのようにベタベタになってしまうのでしょうか?

次はあのベタベタ汚れの原因を解説します!

スポンサーリンク


ベタベタの原因


元々、シリコンカバーやゴム製品などは石油を原料にして、作られています。

これらの製品は経年劣化をすると、油脂成分が溶け出して、あの不快なベタベタになります。この原因はゴムの性質にあります。

ゴムは空気中の水分を吸収して、加水分解という化学反応を起こすのです。

この加水分解反応によってゴムはあのベタベタした状態になってしまうのです。

元々の成分が石油なので、水拭きや洗剤でもなかなか落ちません。ティッシュで普通に拭くと逆にティッシュがベタベタに持ってかれて、くっ付いてしまい、更にヒドい状態になります。

この加水分解は、普通に使っていれば、ゆっくりと進むため、そんなに気になりません。

しかし、直射日光が当たる場所などに置いておくと、急激に加水分解が進んでしまい、ベタベタでネチャネチャのひどい状態になってしまうのです。

ゴム製品は保管方法にも十分注意してくださいね!

スポンサーリンク


まとめ

ad26344eff5fb442db325328585ad438_s
今回はスマートフォンのシリコンカバーのベタベタ汚れを落とす方法について、お伝えしました。

もう一度その方法をおさらいしておきますね!

  • 無水エタノールを含ませたティッシュで拭く
  • 無水エタノールか消毒用アルコールスプレーを含ませたティッシュで拭く

  • ウェットティッシュで拭く
  • アルコールを含んだウェットティッシュで拭く

シリコンカバーやゴム製品のベタベタ汚れは全てアルコールで拭き取れば綺麗に落ちます。実は石油を原料にしている物であれば、この方法が応用できるので、覚えておくと便利ですよ!

ちなみにお酒などはアルコール以外の成分がたくさん含まれているので、かえって汚れをひどくしたり、スマホなどを傷める危険もあるので、使わないでくださいね!

スマホカバー以外にもこの方法は応用できるので、是非お試しください!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


2 Responses to “シリコンカバーやゴム製品のベタベタ汚れを落とす方法!”

  1. ヒビキ より:

    スマホでもシリコンカバーでもありませんが、拭いても取れないベタベタした油汚れに悩まされていたので助かりました。ありがとうございました!

    • yahuhichi より:

      ヒビキさん

      読んでくださってありがとうございます!
      お役に立てて嬉しいです。

      やふひち

コメントを残す



このページの先頭へ