ハーブのカモミールの効能!3つの効果と手軽な使い方!



最近は日本でもハーブが身近なものになってきました。カフェに行ってもハーブティーが普通にメニューに載ってますし、食材としても様々なハーブがスーパーにも並んでいます!

そんなハーブの中でも、最もポピュラーなものの一つにカモミールがあります。

今回はカモミールの効能と手軽にカモミールを取るためのレシピを紹介します!

スポンサーリンク


カモミールとは?

カモミールはヨーロッパから西アジアにかけて自生しているキク科の植物です。名前の由来は、「大地のリンゴ」という意味のギリシア語からきています。理由はカモミールの花にリンゴに似た香りがあるからだそうです。

カモミールの3つ効能

カモミールはハーブの中でも最もポピュラーなもののひとつです!それだけ健康効果が高いということです!

そんなカモミールの代表的な3つの効能について見ていきましょう!

リラックス効果
155747 カモミールの代表的な効能は、リラックス効果です!心と体をリラックスさせてくれるので、寝る前にハーブティーにして飲むとリラックスしてとても良く眠れます!

また、ストレスの多いお仕事をしている人は、仕事中に飲むことで、ストレスや緊張を軽減させ生産性のアップも望めます!

抗炎症作用
カモミールには、粘膜などの炎症を鎮める効果があります。

ハーブティーなどにして飲めば口の中や食道などの炎症を抑え、蒸気にして吸引すれば気管支炎や花粉症なども軽減されます。

健胃作用
カモミールには健胃作用もあります。

上記の抗炎症作用により、疲れて荒れた胃や腸を整えて、消化を促進する働きがあります。

その他の効能
カモミールのその他の効能は以下の通りです。

抗痙攣、発汗、消化促進、利尿、嘔吐予防

注意点
カモミールを摂取する上での注意点としては、カモミールはキク科の植物なので、菊にアレルギーをお持ちの方は摂取を避けてください!

アナフィラキシーショックを起こして、亡くなった例もあるそうなので、ご注意ください。

カモミールのお手軽レシピ

身体に良い効能がたくさんあるカモミールを手軽に日常的に取りたいですよね!

カモミールを手軽に取る方法といえば、ハーブティーが一番ですね!ドライカモミールにそのままお湯を注いでも良いですし、ミルクティーにしても良いです。寒い季節なら更に生姜を入れると身体も温まってより安眠効果が得られます!

deef5272376cde9375105e1d55db9066_s
しかし、せっかくなので、ちょっと変わったカモミールを使ったレシピを紹介します!

★カモミールバナナケーキ
【材料】
 A
 小麦粉:100g
 アーモンドパウダー:20g
 砂糖:30g
 ベーキングパウダー:小さじ1
 カモミール:大さじ2
 シナモン:小さじ1.5

 B
 バナナ:1本
 サラダ油:30g
 牛乳:80cc

★作り方
  • バナナ1本のうち100g分をつぶしてペースト状にし、残りは輪切りにしておきます。

  • Aの材料を良く混ぜ合わせます。

  • Bの材料とバナナペーストを良く混ぜ合わせます。

  • 2に3を入れてヘラでさっくりと混ぜます。

  • 15cmの方に4を入れて、バナナの輪切りを飾りとして上に載せます。

  • 180℃であらかじめ温めておいたオーブンで35分焼きます。

  • 焼きあがったら竹串を刺して、何も付かなければ完成です!

スポンサーリンク


まとめ

fbd937ce6d41b4eb9ee5810ef879986d_s
カモミールの効能のリラックス効果は、ストレスの多い現代の日本社会ではとても良いハーブですね!

寝る前や仕事の休憩の時にカモミールを取って、ストレスを取るのに役立ててください!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ