酵素の健康効果!たくさん取るより使い過ぎない事が大切!



最近よく聞く酵素とは何なのでしょうか?

古くは衣類の洗剤、最近では酵素ダイエットなど様々なところで酵素という言葉を耳にします。酵素って何がそんなに良いのでしょうか?私も良く知らなかったので、調べてみたところ驚くことがたくさん発見できました!

酵素は普通に食品から摂取できる栄養素とは違うため、ただたくさん摂取すれば良いというものではないのです!

今回は酵素の健康効果と、酵素を効率的に使う方法についてお伝えします!

スポンサーリンク


酵素について

よく聞く酵素という言葉ですが、そもそも酵素とは何か良く知らない人も多いのではないかと思います。そこで、まずはその酵素の実態について見ていきましょう!

118165

酵素とは?

酵素とは体内での化学反応を助ける働きをします。

例えば何か食べ物を食べた時に、その食べ物の栄養素をそのままの形で体の中に取り込むことは不可能なため、体内で利用可能な形に変えてから取り込む必要があります。これが消化という体の働きです。

また、体内に取り込んで貯蔵している栄養は、そのままでは生命活動に利用することができません。最終的には生命活動に必要なエネルギーに変換する必要があります。これが代謝という体の働きです。

酵素はこの消化や代謝を促進するために必要不可欠なものなのです。

酵素の働き

酵素は体の中でどのように働くのでしょうか?普通、ある物質を別の物質に変える場合は、異なる複数の物質を混ぜ合わせて化学反応さます。

しかし、人間の身体の細胞内では無数の様々な物質が混ざり合っているため、単純に別の物質を混ぜ合わせるだけでは、予期せぬ他の化学反応が起きる可能性があります。複雑にたくさんの種類の物質が混ざり合った細胞内で、目的にかなった特定の化学反応だけを起こすために酵素が仲立ちの働きをするのです。

酵素が無いと生命活動に必要な物質が作れないため、一切の生命活動が行えなくなります。まさに人間が生きていくために必要不可欠な物質が酵素なのです。

私たちは食べ物の栄養素にばかり気を取られがちですが、栄養ばかり取っていても、酵素が無ければその栄養は何の役にも立たないため、酵素はものすごく重要なのです!

177386

3つの酵素

一言で酵素と言っても、種類があります。

今度はそれぞれの酵素について見ていきましょう!

消化酵素
消化酵素は食べ物の栄養素を体内で貯蔵可能な物質に変換する働きをする酵素です。唾液の中などに存在して、デンプンなどの多糖類を分解して、糖にする働きをするアミラーゼや、胃酸の中に存在して、タンパク質を分解して吸収しやすい物質に変えるペプシンなどが有名です。

代謝酵素
代謝酵素は体内に貯蔵してある様々な物質を、実際の生命活動に利用するため物質に変換する働きをする酵素です。

脂肪をエネルギーに変えるものや、体内の老廃物を分解して排泄を助ける働きをするもの、毒を分解して無害化するものなどがあります。

食物酵素
食物酵素は体内で作られるものではなく、私たちが食べるものから摂取できるものです。

食物酵素は代謝酵素を補完する働きがあるため、この食物酵素をいかに多く取るかが重要です!

体内の酵素の量は一定

体内で一日に作られる酵素の量は一定です。しかも、加齢と共に減少していきます…。歳を取ると、肉や油ものを食べるのが辛くなってくるのは、消化酵素が減少しているからです。

また、年々、体力が落ちてきたなぁと感じるのも、代謝酵素が減少していることが原因です。世の中にはビタミンやミネラルを補給するためのサプリメントがたくさん出回っていますが、いくらそのようなサプリメントを摂取しても酵素が不足していては、それらの栄養素は残念ながら活用されないのです(>_<)

だから、これからは酵素を意識した生活をするようにしましょう!

スポンサーリンク


酵素の効率的な使い方

さて、ここまでは酵素の大切さについてお伝えしてきました。しかし、基本的に酵素が作られる量は一定です。では、どのようにすれば酵素を効率的に使うことができるのでしょうか?

今度は酵素の効果を最大限に引き出し、効率的に使う方法について見ていきたいと思います。

酵素の多い食事をする

体内で作られる酵素の量は一定のため、食物酵素を多く摂取することが重要です。酵素は生物の細胞内にたくさん存在するので、どんな食材を食べるかはあまり気にする必要がありません。

しかし、注意が必要なのは食事をしていれば自然に取れるわけではないということです。酵素は基本的にタンパク質から作られるため、タンパク質と同じように熱を加えると変質してしまって、効果が無くなってしまいます。

つまり、加熱調理されていたり、加工されている食品では酵素がほとんど失われているのです!そのため、新鮮な食材をなるべく加熱せずに食べることが重要になります。野菜はサラダで、魚は刺身で食べるなど工夫すると良いでしょう!

また、酵素を取るのに効果的なスムージーの作り方をこちらの記事で紹介しているので、良かったらどうそ!
朝のスムージーの効果!忙しく生活するあなたにおすすめ!

消化酵素を節約する

いくら食物酵素を摂取するだけでなく、酵素の無駄遣いを減らす生活をすることも大切です。一説によると、消化酵素と代謝酵素の体内での比率は1対1と言われています。

つまり、生きるために食べているのに、その食べ物の消化吸収のために生命力の源である酵素の半分を消費してしまっているのです!消化酵素と代謝酵素の比率は普段の生活によっても変わってきます。食べ過ぎやお酒の飲み過ぎなはで、消化酵素の比率が上がる原因になります。体内で生産される酵素の合計量は変わらないため、その分代謝酵素が減少します。代謝が悪くなれば、疲れやすくなったり、カロリーの消費量が減るため、太る原因にもなります。

また、過労や睡眠不足などの不健康な生活は、酵素の生産量自体を減少させる原因にもなります。消化酵素の消費をいかに少なくするかが、元気に生活する秘訣となるのです。

それでは消化酵素を節約し、代謝酵素に多く回すための方法を見ていきましょう!

消化の良いものを食べる
ここでいう消化の良いものを食べるというのは、お粥とかうどん、ゼリーなどの柔らかいものを食べるという意味ではありません。消化酵素の消費量が多い食べ物を避けるという意味です。

具体的には油ものや肉などを避けましょう。油ものは脂肪分を分解する酵素を消費しますし、肉もタンパク質分解酵素を大量消費するからです。油ものや肉以外で、欲を言えば食物酵素を多く含む生の食べ物が理想です。

そうなると結局のところ生野菜になります。やっぱり、野菜って体に良いんですね~。

食べ過ぎない
消化酵素を節約するには、食べる量を減らせば良いわけです。当たり前過ぎますよね…。

しかし、実はとても理に適っていることが分かってきています。最近とても流行っている酵素ダイエットなどは、酵素を補給する補助食品を摂取しながら、断食する方法が主流です。現代は飽食の時代なので、既に身体に必要な栄養が蓄積されています。

そのため、断食によって体内酵素を全て代謝酵素にすることで、体の機能を活発にして、毒素や老廃物を綺麗にし、消費カロリーもアップさせることができるため、健康的なダイエットにとても効果的なのです!

お酒を控える
お酒は非常に酵素を消費します…。アルコールが無害化されるまでには2段階の代謝が必要です。

まず、最初の1段目で無害化可能な物質であるアセトアルデヒドに分解され、2段目で無害化されます。お酒は2倍酵素を消費する上にアセトアルデヒド自体も体にとっては、とても毒なので良い事なしです…。お酒好きの私としては、辛い事実です…。

ちなみにお酒を飲んだ人のお酒臭さは、1段目の分解でできたアセトアルデヒドの臭いなのです。

935420313bb12a0ecc24cbe94c9315fb_s
スポンサーリンク


まとめ

というわけで、酵素の効果と効果的な利用方法についてお伝えしました。

食物からも酵素は取れますが、人間の生命活動に必要な酵素は人間の体内でしか作ることができないため、いかに酵素を効率的に使う生活をするかがカギになってきます。

酵素を無駄使いしない生活を意識して、元気で健康な生活を送ってください!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ