朝のスムージーの効果!忙しく生活するあなたにおすすめ!



忙しく生活している現代人はどうしても不規則で食生活も偏りがちです。健康的な食事をする事は、誰にとっても大切なニーズですが、自炊しようと思って食材を買っても、忙しい生活の中では、毎日自炊できないので、結局、食材を腐らせてしまって勿体無いことをしてしまう…。そういった悩みを持った方は多いのではないでしょうか。

特に一日の初めの大事な朝食は、一番手抜きしがちですよね?忙しくてちゃんとした食事を作るのは難しくて、とりあえずお腹に何か入れるだけになってしまいます。

そこで、おすすめなのが朝のスムージーです。スムージーで足りない植物栄養素を補ってみては、いかがでしょうか(^_^)

今回は朝のスムージーの効果と簡単に手早く作るコツについてお伝えします!

スポンサーリンク


スムージーの効果

vegitable
近年になって、野菜や果物などの植物に含まれる化学成分「フィトケミカル」が注目されています。このフィトケミカルは抗酸化力作用や免疫力アップ、脂肪燃焼効果などをもたらします。ブドウに含まれる「アントシアニン」、大豆に含まれる「イソフラボン」、トマトに含まれる「リコピン」などが有名ですね。

ただし、このフィトケミカルは、一般的に加工や調理を加えると、分解されたり、失われてしまうと考えられています。そこで、加熱などせずに生で摂取できるスムージーが、フィトケミカルを取るのにピッタリなわけです!

また、野菜や果物には酵素がたくさん含まれています。人間の体が作れる酵素には限りがあるため、それを食べ物から取ることはとても重要です!しかし、酵素は熱を加えると壊れてしまうので、生で食べることが酵素を取るためにはとても重要です。

スムージーは酵素を取るためにも効果的なのです!酵素についてはこちらの記事にも詳しく書いているので、良かったらご覧ください!
酵素って何?酵素の驚きの効果と効率的な取り方!

なぜ朝のスムージーが良いの?

では、スムージーはなぜ朝に飲むのが良いのでしょうか?理由は次の2つです!

【スムージーは朝が効果的な理由】
  • 消化による体の負担を減らす
  • 一番の理由はスムージーは消化に良いということです。最初からペースト状になっているため、消化も吸収もとても速いため、胃腸にかかる負担がとても小さいです。

    実は体にとって最も負担のかかる生命活動は食べ物の消化吸収です。人間は消化吸収のために生命力の半分を消費していると言われています!消化が良い食べ物を食べるだけでも体にとってとても良い事なのです!

  • 朝は排泄の時間
  • 朝は体が老廃物を排泄する時間帯です。排便や排尿などを体が優先的に行うことができるようにする必要があります。消化の悪い食べ物を食べると体は消化吸収にエネルギーを割いてしまうため、排泄機能に回すエネルギーが減ってしまいます。

    体に排泄を優先的に行ってもらうためには、朝にスムージーは効果的なのです!


忙しい朝でも簡単!

朝は忙しい時間帯です。野菜や果物を切る時間も惜しい!という方も多いと思います。しかし、材料の野菜や果物をあらかじめ、カットしたり皮を剥いたりして下ごしらえをしてから、ジップロックなどに入れておけば、朝はギュイ~ンとミキサーにかけてしてしまうだけです。

冷凍保存しておいても良いのですが、出来上がったスムージーが冷たすぎるのと、冷凍することで破壊されてしまう栄養素もあるため、少量ずつカットして冷蔵保存しておくのをおすすめします!

スポンサーリンク


スムージーのレシピ

次にスムージーレシピの例をお伝えします!基本的に生で食べると毒な食材でなければ何でも大丈夫なので、自分に合ったスムージーを探してみてください!

果物のスムージー

スムージー初心者の方には、まず果物のスムージーをオススメします。

何を入れてもフルーティで、とても美味しいです!

【材料例】
<酸味系>
  • パイナップル
  • キウイフルーツ
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • みかん
  • レモン
  • ブルーベリー
など

<甘味系>
  • マンゴー
  • バナナ
  • ぶどう
  • いちご
  • りんご
など


酸味と甘味の果物を組み合わせて、好みの味を見つけてください。最後に水を1カップ程度入れて、ミキサーにかければ、完成です。

ミキサーにかける時には、普通のミキサーでは、引っかかってうまく混ざらないことがあるので、こだわる人は専用のミキサー(最近はブレンダーと呼ぶそうです)を使っているようです。

一瞬にして滑らかなスムージーが出来上がる優れものです!



フルーツと水の比率は、お好みで調整してください。慣れてきたら、更にフィトケミカルをバランスよく取れるグリーンスムージーに移っていきましょう!

fruit

グリーンスムージー

グリーンスムージーは、材料に緑色野菜を加えることで、更に色々フィトケミカルを取ることができます。

上記の果物に加えて、下記の緑色野菜を使います。

【材料例】
<緑色野菜>
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • かぶの葉
  • ルッコラ
  • チンゲン菜
  • 水菜
  • パセリ
など


基本は「緑色野菜+果物(酸味系+甘味系+お好みのもの)+水1カップ」です。

グリーンとフルーツの比率は4:6が目安です。

注意が必要なのは緑色野菜は苦みが強いものもあるため、作ってみたら苦くて罰ゲームで出てくる飲み物のようになりかねないので、最初は小松菜やチンゲン菜で作ると良いと思います。

green
スポンサーリンク


まとめ

どんなに身体に良くても、長続きしないと意味が無いので、自分に合った飲みやすいスムージーを追及してください。私の場合は水の代わりにヨーグルトを入れます。そうするとかなり酸味が強くなるので、更にハチミツも入れて飲んでいます。

朝にスムージーを飲む生活を続けていると体が軽くなるのを実感できて、凄く爽快な一日を過ごすことができますよ!皆さんも、是非、スムージー生活を始めてみませんか?


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ