家内、妻、女房!それぞれの呼び方の意味と正しい使い方!



私は結婚していて妻がいます。普段は名前で呼ぶわけですが、かしこまった場に夫婦で行く時に、自分の妻をどう呼んだらいいのかちょっと困ってしまいました

会話の中で、自分の妻を紹介する時に一体どの言葉を使えばよいのでしょうか?妻や家内だと堅苦しい気がしますし、嫁だとちょっと下に見る感じがしないでもないです。

考えてみると、それぞれの呼び名の意味や使い方ってよくわかってないことに気付きました。

そこで、今回は女性の配偶者の呼び名の意味と正しい使い方について細かく解説したいと思います。

スポンサーリンク


女性の配偶者を表す言葉の違い

c1a7f7e219fac83280bd798392c0bd1b_s
女性の配偶者を表す言葉は色々あります。良く使われる呼び方には次のようなものがあります。

  • 家内
  • 奥さん
  • 女房、カミさん

その違いについて、見ていきましょう!

“の意味は、そのまま、配偶者の女性を表します。

という言葉には特に尊敬もへりくだる意味も無いので、普段の会話では「私の妻は○○なんです」と夫が自分の配偶者に対して呼ぶのに使う最もシンプルで丁寧な言葉ですが、少し硬い印象を受けます。

家内

家内“の意味は、配偶者の女性を指す意味に加えて、家の中で家事全般をやっている意味も含まれます。

人に「私の家内です」と言った時には、家の中で家事をやっている一歩下がった者というわざと低く言う意味が込められます。へりくだる意味込めて配偶者を紹介する時に使うのですが、女性の社会進出が進んでいる今の日本では、段々使うことも少なくなってきてます。

個人的に私も自分の妻を蔑んでるような違和感を感じるので、自分の妻を”家内”と呼んだことは一度もありません。

は、夫側の両親が息子の妻を呼ぶ時に使う言葉です。息子に嫁いできた女性の事をいう時に使う言葉なので、自分の妻を”嫁”というのは間違いなわけです。

でも、親しみを込めて「うちの嫁さんは料理が上手なんですよ~」なんて言うことは良くあることで、それが世の中で浸透してきているのなら間違いともいえないと思います。

ただ、かしこまった場などで、自分の妻を”嫁”というのはやめた方がいいでしょう。

096722

奥さん

奥さんは、他人の妻を尊称する言葉です。

他の人の妻の事をいう時に使う言葉なので、自分の妻を”奥さん”というのはやっぱり間違いなわけです。

でも、自分の妻のことを親しみや尊敬を込めて”奥さん”というのも、浸透してきているならやっぱり間違いとはいえないと個人的に思います。ただ、”奥さん”も使い時に注意が必要ですね!

女房、カミさん

女房カミさんは、親しみや愛情を込めて自分の妻を呼ぶ時に使う言葉ですね!

ちょっと古臭いというかおじさん臭い言い方かもしれません。

それぞれの由来はこうです。

【女房】
平安時代にできた言葉で、”房”は部屋の意味なので、”女房”の直接の意味は「女性の部屋」となる。

当時は部屋を与えられるほどの女性は、高い地位にある女官や、貴族に使える上級の侍女だった。

当初は女性の事を指す言葉ではなかったが、次第に女性のことを表す言葉になり、やがて妻を指す言葉として使われるようになった

【カミさん】
江戸時代は将軍の事を上様(うえさま)と呼んだ。

そこから、頭の上がらない存在として、妻の事を上様(かみさま)とか、お上さん(おかみさん)と呼んだのが由来と言われている。


由来はそれぞれ違っても、妻の事を尊敬を込めて(あるいは恐れを込めて?)呼んでるわけです。

私は「うちのカミさんがね~」っていう刑事コロンボのセリフを思い出します(古くてすみません)個人的には好きなのですが、私の妻の場合はこう呼ばれたら多分嫌がると思います…。

現在ではかなり砕けた俗な呼び方なので、これもかしこまった場や、目上の人との会話で使うのはやめた方が良いですね。

スポンサーリンク


まとめ

094947
女性配偶者の呼称は、色々ありますね!基本的に現代の日本社会では”家内“は使わない方が良いでしょう

また、かしこまった場や目上の人との会話の時は、”“を使い、親しい間柄の人との会話では、それ以外を使うのが良いでしょう!

呼び名は色々ありますが、一生を共にする女性なので、大切に仲良く暮らしていきたいですね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ