実は満月ではない中秋の名月!今年はいつ?



中秋の名月と聞いてもあまりピンと来ないのは私だけでしょうか?

中秋の名月は十五夜とも言います。しかし、十五夜と言われても実際の日付が分からず、大抵は天気予報で「今夜は中秋の名月です」と言われて気付くものの何も準備していないということが私の常です…。

個人的にあまり馴染みのない中秋の名月を有意義なものにしたいので、色々調べてみました!

スポンサーリンク


中秋の名月とは

まずは中秋の名月は何の日を指すのかを調べてみました!

2bbd2f4f0475f00a27aa6a68348bafc5_s

中秋の名月

中秋とは文字通り、秋の真ん中の日という意味です。

旧暦では秋は7月~9月なので、その真ん中の日である旧暦の8月15日が中秋の日です。十五夜とは本当は各月の15日の夜のことなのですが、次第に十五夜と言えば、8月15日の夜のことを指すのが一般的になってしまいました。

つまり、中秋の名月とは、旧暦8月15日の夜の月のことを指すわけです。

各年の中秋の名月の日

というわけで、中秋とは旧暦の8月15日ということで、昔は分かりやすかったのですが、現在使われている暦とは違うため、いつが中秋なのか分かりにくくなってしまいました。

というわけで、いつが中秋、つまり旧暦の8月15日なのかを表にしてみました。

西暦 中秋の日付
2015年 9月27日
2016年 9月15日
2017年 10月4日
2018年 9月24日
2019年 9月13日
2020年 10月1日

こうしてみると見事にバラバラです。中にはまだまだ暑さの残る日もあったりしますね。

中秋の名月は満月じゃない!

さて、中秋の名月というと満月というイメージが強いのですが、これまでに説明した通り、中秋は単に秋のど真ん中というだけで、月齢とは関係ありません。旧暦は月の満ち欠けが一周する期間を一か月としていますが、一か月の中で、月が満月になるのは大体16日頃です。

また、月は地球の周りを楕円形の軌道を描いて回っているため、回っている速度も一定ではありません。

そのため、毎月の満月の日付は16日を中心に1日~2日程度前後することがあります。中秋の時期は必ずしも満月ではないわけです!

ea6dcb639e9fb2011d996fe52b0589b9_s

中秋の名月の由来

中秋の名月に月を眺める風習の由来はよく分かっていないそうです。

おそらくは平安時代に中国から中秋に月を眺める習慣が伝わると、それが貴族の間で広まったのが始まりと言われています。その後、秋の収穫を前にして、収穫を感謝するための祭事として、一般に広まったとされています。

中秋の名月の過ごし方

中秋の名月にはお団子を供えますね。

また、他にもサトイモや、枝豆、栗などと一緒にお酒を捧げて月を眺め、豊作を願うのが古くからの中秋の名月の過ごし方です。つまり、収穫の恵みに感謝する心を持って、月を眺めればいいわけですね!

スポンサーリンク


まとめ

087883
中秋の名月について、調べてみて色々分かりました!

暑い夏を過ぎて、恵みの収穫を前にした時期に豊作を願い、昔の人は過ごしたわけです。現代の日本社会で年中忙しく働いてる日本人は、収穫に感謝するような生活を送ってない人が多いと思いますが、健康に働けて幸せに暮らせていることに感謝しつつ、美味しいものを食べて月を眺めたいと思います!

結局、食べることにつながってしまう管理人でした!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ