心臓カテーテル検査体験記!痛みや検査後の過ごし方!



心臓カテーテル検査と聞いても、ほとんどの人は縁のない検査でしょうし、この検査を受けた経験のある人も、なかなか周りにいないでしょう。

今回は心臓カテーテル検査について、過去に4回もこの検査を受けたことがある管理人の体験からお伝えしたいと思います。検査とは言っても、心臓に異物を挿入されるというのは、なんとも不安なものだと思います。そのため、私の経験を参考にしていただければと思います。あくまでも私の体験なので、私個人の主観で書いています。

当然、どんなことに苦痛や不安を感じるかは個人差があるので、鵜呑みにせず参考として受け止めてくださいね。

スポンサーリンク


心臓カテーテル検査とは

まず、心臓カテーテル検査の目的と概要についてです。

ちなみにカテーテルとは、ドイツ語でを意味する言葉です。

108116

検査の目的

通常のレントゲン撮影や心臓エコー(超音波)検査などでは、分からない情報を得るために行います。

心臓カテーテル検査で得られる情報には以下のようなものがあります。

  • 心臓の中や血管の血圧
  • 心臓内外の血の流れ方
  • 心臓の血液の酸素濃度
  • 心臓の筋肉の採取
  • 心臓の各弁の働き方

こうして集めた情報を元に心臓の状態を正確に把握して、治療方針を決めます。これらの情報は実際に心臓にまで、カテーテルを送って直接測定しないと正確なデータが得られないのです。超音波検査とかじゃ、正確なデータが取れないので、ダメなんですよね(^_^;)

私は医者からカテーテル検査の話を持ち出される度に憂鬱でした…。

ad4b05ccb96593b737aeeb1e10dc5c4d_s

検査方法

検査は比較的、皮膚から浅い場所を通っている動脈と静脈にカテーテルを挿入して行います。

最近は医療技術の進歩により、カテーテルも細いものが開発されているため、腕の動脈・静脈から挿入することも可能です。しかし、血管が細かったり、神経が集中しているなど、リスクも高いので、ほとんどの場合は最もリスクの低い、足の付け根の部分から挿入します。脚の付け根から挿入するのは、検査後に絶対安静の時間が必要になるのが辛い所ですが、一番リスクの少ない安全な場所です。

ちなみにカテーテル検査の場合は、泣いて暴れるような子どもでない限りは、意識のある状態で行います。意識がある状態の方が、何かあった時に患者自身が意思表示できるからです。

白くて殺風景な手術室で、手術着を着ている人たちに囲まれていると緊張しちゃうんですが、不安なことがあれば立ち会っているお医者さんや看護婦さんに我慢せず話してください。色々と話しているだけでも緊張は緩和されるものです!

検査は大まかには以下のような流れで進みます。

  1. 挿入場所の消毒
  2. 挿入場所への局所麻酔
  3. カテーテル挿入
  4. 検査実施
  5. カテーテルを抜く
  6. 止血


ここからはそれぞれの過程でどのようなことをするのかを書いていきます。内容は足の付け根からカテーテルを挿入する前提で書いています。

挿入場所の消毒
挿入場所付近を消毒液で消毒します。

特になんてことはないですが、皮膚にべったりと色が付いてしまいます。検査後に何も知らずに見た時に内出血してるんじゃないかと勘違いしちゃうかもしれませんが、お風呂で洗えばすぐに落ちます。

挿入場所への局所麻酔
挿入場所に麻酔注射を打ちます。

実はこれがカテーテル検査の中で最も痛いです。(>_<)当たり前ですが、麻酔がかかって無い所に注射針を刺す上に、筋肉深くにまで刺して麻酔薬を注入するので、すごく痛いです。(筋肉注射はとても痛い注射です!)麻酔薬を注入される時も熱湯を注入されてるような、焼け付く感覚がして、これも痛いのです。

しかし、最初は痛くても、すぐに麻酔薬が効いて痛みはなくなるので、ご安心ください。

カテーテル挿入
146939
カテーテルを血管に挿入するために、挿入口を開けるための器具を刺します。

残念ながら、これも結構痛いです(T_T)麻酔は効いていても筋肉を刺し通すのはそれなりに痛いです。

でも、麻酔注射ほどの痛みではないのでご安心を!逆にこれがものすごく痛かったら、明らかに麻酔の効きが甘いので、我慢せずにすぐにお医者さんに言ってください

私は変に我慢して、大変だったことがあるので、痛みは我慢しない方が良いです(^_^;)

検査実施
いよいよ検査開始です。

始まってしまえば、何の苦痛もありません。造影剤を注入してX線画像を取る時には、心臓から全身に暖かいものが流れていく感覚がして、違和感がありますが、特に苦痛には感じないので大丈夫です。お医者さんたちが専門用語を使って会話しているのが、妙に緊張を煽られたりするのですが、気にしなくて大丈夫です。

ある時は、お医者さんが自分の海外留学の思い出話をしながら検査をしたりしていて、「おいおい集中してくれよ~」って思ったりもしました。でも、お医者さんの立場になって考えれば、そんな雑談しながらでもできるくらい、簡単な検査なんだろうなと思い、逆にリラックスできました。

カテーテルを抜く
検査が終わればカテーテルとカテーテル挿入用の器具を引き抜きます。

抜く時に一瞬ちょっとだけ痛いですが、最初の麻酔注射に比べたら痛いうちに入りません。

止血
最後に止血します。

動脈に穴を開けてしまっているので、しっかりと長めに圧迫止血をします。止血が終わったら、傷をきつめに抑える感じで絆創膏を貼って完了です。心臓に異物を入れられるというのは、とても不安に感じますが、実は大変なのは最初の麻酔注射だけなので、それさえ終わってしまえば、あとはじっと寝てるだけです。

スポンサーリンク


心臓カテーテル検査の前後

086519
さて、ここまでは検査自体について書いてきましたが、ここからは検査前と検査後がどのようなものかをお伝えします!

検査前

検査前には剃毛をします。

検査後に傷を強く抑える絆創膏を広範囲に貼るために、太ももからお腹にかけて綺麗に毛を剃る必要があります。もちろん、あの部分の毛も剃ります…。

また、実は検査方法のところで説明した最初の痛い麻酔注射のための麻酔もあります。不安であれば検査前に看護婦さんに相談すれば、病院によってはこの麻酔のための麻酔をやってくれるかもしれません。

私もお願いしたことがありますが、看護婦さんは「気休め程度にしかなりませんよ~」なんて言いながらもやってくれました。

ただし、ほんとに気休め程度でやらないよりはマシくらいなので、あまり期待しないでください…。

検査後

検査後は最低6時間は絶対安静になります。

絶対安静とは、ベッド上で仰向けにじっとして腕と頭以外を動かすことが許されない状態のことです。私の場合、仰向けで数時間寝ていると腰が痛くなってしまうので、これがものすごく辛いです。ここは腰が辛くても我慢するしかないので、頑張ってください…。

ただし、腰痛には個人差があるので、平気な人は全然なんともないようです。

また、絶対安静中は当然トイレには行けません

検査前は朝食抜きのはずなので、大きい方がしたくなることは恐らくないと思いますが、おしっこの方はどうしようもありません。検査のために使う造影剤は、少なからず身体に毒です。早く排出させるために点滴でじゃんじゃん生理食塩水を落とされる上、水分もたくさん飲まされるので、半端なくおしっこが出ます。

そのため、ベッドの上で仰向けの状態で尿器におしっこを出す必要があるのですが、慣れないと、とても難しいので、可能であれば検査前に尿器を借りて練習しておくことをおススメします(^_^;)

私は、初めての検査の時は練習していたにもかかわらず、いくら頑張ってもうまくすることができなくて、結局は尿管カテーテルを挿入されるという、とても惨めな思いをしました…。

その恥ずかしい体験については、こちらの記事に書いているので、良ければ読んでやってください…。
尿管カテーテルの痛み!男性の私の恥ずかしい体験談を公開!

検査後、6時間以上経過して、お医者さんが傷をチェックして問題無ければ、安静状態は少し緩やかになって、姿勢を横にしたり、ベッドの角度を少し起こしても良くなります。それでも、まだ歩くことは許されません。そのまま一晩はベッド上で過ごして、翌朝傷に問題無ければ、歩けるようになり、更に翌日に退院というのが一般的です。

スポンサーリンク


まとめ

プリント
以上が、私の受けたカテーテル検査です。

もちろん、病院によって細かい内容は違うので、詳しいことは病院に問い合わせてみてください。

何か不安などがあれば、メールしてください。私の経験からお話しできることもあると思います!

※他にも私の心臓病の経験を書いた記事があるので、良かったらご覧ください!
心臓の不整脈!こんな症状が出たらすぐに医者に行け!
心臓手術の入院期間を短縮!私の体験談からの対策を公開!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


32 Responses to “心臓カテーテル検査体験記!痛みや検査後の過ごし方!”

  1. ほたる より:

    こんばんは。
    10日前に足の付け根からの造影剤検査でカテーテル入れました。
    翌日はなんともなかったのですが、段々カテーテル入れていた箇所や太もも辺りに違和感がでて歩きにくさと筋肉痛の様な感じになってます。
    気にならない時もありますが、意識すると違和感があります。
    少し腫れてるような感じもあります。皮膚の色の変化はありません。
    様子を見てもいいのでしょうか?宜しくお願いします。

    • yahuhichi より:

      ほたるさん

      コメントありがとうございます!

      私の場合、初めて受けたカテーテル検査で、退院後できた自由さから、すぐに色んな所に出かけて歩き回っちゃったのですが、その結果、カテーテルを刺した部分から太ももにかけての皮膚の下が紫色になって、張りが出て関節の動きが悪くなり、歩きにくくなってしまいました。
      明らかに内出血してしまっているようだったので、焦って主治医の先生に診てもらったところ、しばらく様子を見ていれば問題無いとのことだったので、放っておいたら、そのうち紫色も取れて、普通に歩けるようになりました。

      その後のカテーテル検査でも、毎回違和感がしばらくは残りますが、そのうち何ともなく歩けるようになっています。しかし、心配であれば、ちゃんとお医者さんに診てもらった方が良いと思いますよ!
      そうすれば、一発で不安が解消されますので!

      やふひち

  2. ほたる より:

    おはようございます。
    私もカテーテル翌日から、かなり動き回りました。
    それが良くなかったのでしょうか?
    どのくらいで違和感がなくなりましたか?

    検査を受けた病院が、県外で遠いので、連休明けに電話をしてみますね。

    • yahuhichi より:

      内出血させてしまった最初の時は、紫色が消えて違和感なく歩けるようになるまで1ヶ月くらいはかかってしまいました。
      それ以外の時でも10日間くらいは違和感を感じました。
      足のしびれとかが無ければ大丈夫だとは思いますが、病院にお電話なさるとのことですので、その時に是非お医者さんに聞いてみてください。

  3. ほたる より:

    御返事ありがとうございます。
    本日、足の付け根から五センチ位離れたところの皮膚の色が、赤紫になってきました。
    押さえると痛かったところです。
    内出血が、二週間も経って現れるのか不安になりました。
    普通に歩くととても重だるいです。

  4. ほたる より:

    こんにちは。先程病室へいってきました。
    検査をしましたが大丈夫でした。
    色々とありがとうございました。

    • yahuhichi より:

      ほたるさん

      大事なくて良かったですね!
      安心しました。
      あとは時間が経てば、今まで通り違和感なく生活できると思います。

  5. たかし より:

    Yahuhichiさん
    詳しい説明、大変参考になりました。
    私は5日前に、左手首からカテーテルを入れて心臓検査をし、5日目になります。やはり腕にだるさが残っています。
    試しに整形外科で使っている「経皮吸収型鎮痛テープ」を貼ってみたら、楽なような気がします。
    これって邪道かも知れませんせんが・・・。
    明後日が再診日です。

    • yahuhichi より:

      たかしさん

      コメントありがとうございます。
      私は腕からのカテーテルはしたことがありませんが、やはり違和感が残るんですね~。

      > これって邪道かも知れませんせんが・・・。
      私はそれで楽になるのであれば、邪道ではないと思いますよ!
      やせ我慢して、その結果、治りが遅くなるより、集中して薬などを使って早く治す方が、結果的に良いこともあると思います。

      早く良くなってくださいね!
      次回の受診で良い結果が出るように願ってます!

      やふひち

      • たかし より:

        やふひちさん
        丁寧なコメントを頂き、ありがとうございます。
        検査後1週間目の本日、診断に行ってきました。
        主治医からは、徐々に良くなり、心配することはないと言われました。腫れも引きましたが、まだ若干違和感は残っていますが、様子を見ることにします。
        ありがとうございました。
        たかしより

        • yahuhichi より:

          たかしさん

          穴を開けてる場所が場所だけに心配ですよね。
          その気持ちわかります。
          でも、順調なようで良かったですね!
          順調に良くなるように引き続き願ってます!

          やふひち

  6. まりりん より:

    検診で心雑音があるとの事で心電図やエコー検査で僧房弁の開閉不全と言われ 次にカテーテル検査と結果次第では早い時期に手術をしたほうが良いと言われました。すでに高齢者なのですが、本当に手術をして普通の生活が出来るようになるのでしょうか?今のところはあまり違和感などは感じずにいます。また 最近はマリチスライスCTでの楽な検査がカテーテルの代わりにありますが、これはどうなのでしょうか?
    医師は割に簡単なように説明しますが、やふひちさんのご説明ではやはりすごく大変なようなので
    手術にまで今踏み切る決心がつきません。

    • yahuhichi より:

      まりりんさん

      私はまりりんさんのことを診察したわけではないので、やはり主治医の先生のお話を良く聞いた方が良いと思います。その上で私の経験からお話しすると、私の場合は大動脈弁の閉鎖不全症で手術直前は4度(最も重症な状態)でしたが、それでも違和感は感じまず普通に生活していました。

      弁膜症は自覚症状が出てから治療しても心臓の回復は期待できないと言われています。現在、違和感など無いのであれば早く発見できたということなので、もし、手術することになったとしても、何事も無かったかのように普通の日常生活が送れるようになると思いますよ!

      私の場合、手術は2回受けていますが、今は健常者の人たちと同じように、普通に毎日働いています。少しは楽させてもらいたいと思うくらい元気に働いてます(^_^;)


      肝心のカテーテル検査についてですが、やはり、CTやMRIでは分からないことがカテーテル検査で分かるため、受けておいた方が良いと思います。ただし、不安や疑問は主治医の先生によく相談した上で決めてください。

      カテーテル検査が辛いのは検査の日だけですし、もっと言うなら検査中に辛いのは麻酔注射をしている30秒間だけです。それ以外は苦痛は無いですし、手術後の絶対安静の時も腰痛になる人の方が少ないようなので、大丈夫な人はぐっすり寝ちゃってる人もいるくらいです。だから、そんなに心配し過ぎることはないですよ!

      • まりりん より:

        やふひち様
        大変ご丁寧な説明を有難うございました。
        おかげさまで少し不安がやわらいできました。
        心カテーテルの検査を受けて、またいよいよ手術の事を決めるようでしたら、またぜひ具体的に色々と
        教えて頂けたら幸いです。
        このようなサイトを開いて下さっていたことに
        心から感謝申し上げます。

        • yahuhichi より:

          まりりんさん

          こちらこそ読んでくださりありがとうございます!
          お役に立てたのなら嬉しいです。
          また、いつでもご連絡ください。

          やふひち

  7. 岡田祐一 より:

    私は脚の付け根から入れました。
    麻酔も…と言うよりオペが終わる2時間(私の場合の所要時間)一切の痛みはありませんでした。麻酔自体、腕の採血程度です。
    オペ中は眠くてアクビが出る始末でした。
    脚の付け根の動脈と言うことでオペ後の絶対安静の方が辛かったです。(6時間は絶対。その後も次の朝まで寝たまま)
    その後の出るはずだった(これも私の場合での症状です)も重い筋肉痛がずっと続いていたと言う感じです。
    担当医になぜ痛みが軽いのか伺ったら「ユックリ、少量ずつやりましたからね」と言う答えでした。
    傷口は1mm位で、自分からは鏡で見ても分からない位です。
    余りにも「痛い」と言うかたが多かったので、自分のような人も多い、そしてそれはどんどん医療が痛みを取り除きながら前に進んでいるんだと言うことを御伝えしたかったので投稿出せていただきました。

    どうか、気を樂に持ってこれから受けるかたにも頑張ってきてほしいと思います。
    因みに…痛かったら直ぐに訴えれば直ぐに対応してくれますよ!

    • yahuhichi より:

      岡田さん

      コメントありがとうございます。

      私も一番最後にやったのが8年前なので、医療技術も進歩してるんでしょうね!
      でも、私はその時のカテーテルが、なぜか一番痛かったんですけど(T_T)

  8. 石井 慧 より:

    検査が約1週間後なので、大変に参考にさせて頂きました。
    術中は問題無いと思いますが、術後の絶対安静と仕事復帰に不安が残りますね。
    以前に腰痛が原因で横に寝る癖がついているのとトイレが近いので辛そうです。
    仕事もどうしても重い物を運んだりするので。

    • yahuhichi より:

      石井さん

      コメントありがとうございます。

      腰が大変そうですね。
      無理せず看護師さんにベッドの向き変えてもらったりして、
      何とか乗り切ってください。
      最近では医療器具の技術革新で、絶対安静の時間も短めに
      なってるようですから、少しの時間辛抱して下さね!

  9. かりん より:

    こんにちは
    狭心症と診断され、明日大きな病院で詳しい検査と言われています。
    心臓カテーテル検査がとても不安でたまらず、色々と調べていたら、このサイトに出会いました。みなさんのコメントを読んでいるうちに勇気が出てきました。ありがとうございます。

    • yahuhichi より:

      かりんさん

      カテーテル検査、確かに不安ですよね。
      私は過去4回受けていますが、何の後遺症もないので、大丈夫ですよ!
      頑張ってくださいね。

  10. むうみん より:

    一昨日、右手首より心臓カテーテル検査うけました。皆さんに聞きたいですが、カテーテルの通過した身体の経路部分に違和感ありますが、普通なんでしょうか。また、だるさもあります。

    • yahuhichi より:

      むうみんさん

      コメントありがとうございます。
      私は腕からカテーテルを挿入したことは無いので、よくわかりません。

      しかし、検査で使った薬剤の影響も考えられます。
      あと検査中の姿勢なども影響するかもしれません。

      詳しくは、やはりお医者さんに相談なさるのをおすすめします!

  11. 浅井 より:

    カテーテル手術後退院差し込み箇所のしこりと膝までの内出血冷やしてますが、風呂で温めてもいいのですかエコーでは問題無いのですが痛く歩きにくいですが

    • yahuhichi より:

      浅井さん

      私も最初のカテーテル検査の時は退院後に紫色のアザが広い範囲にできてしまいました。

      私の場合は、放っておいたら段々消えて、その後も何も問題ありませんでした。

      とは言え、浅井さんの場合は、痛みがあって歩きにくいということなので、ちょっと心配です。私も直接見たわけではないので、お風呂で温めても大丈夫かどうかは何とも言えません。

      是非、お医者さんに相談なさってください。

  12. おーー より:

    初めまして。私は先天性心疾患で、今月に心臓カテーテル検査をやる予定です(3泊4日で、MRIもやります。最後にカテーテル検査を受けたのは6年前です)

    私も過去に何回も受けてるんですが、その頃は小さかったので、検査の30分前に睡眠薬を飲んで、検査をやる頃に眠ってしまっていて、起きた時には病室に戻っているという感じでした。なので、痛みも、違和感も何も感じませんでした。
    でも、もう中3なので、睡眠薬無しでやるか不安です。後、検査後のトイレは嫌ですね(ノ_<)

    でも、もし睡眠薬ありでやったとしても、大人になっても、絶対にやらないといけないので、その時はこのサイトを思い出して、少しでも安心しようと思います。このサイトに出会えて良かったです。ありがとうございました( ´ ▽ ` )

    • yahuhichi より:

      おーーさん

      コメントありがとうございます。

      睡眠薬無しの覚醒状態でやってみれば良く分かりますが、結局、大変なのは、検査後から歩く許可が出るまでの間ですよ…。

      既におーーさんは検査の経験がおありなので、恐らく大丈夫です!

      だから、睡眠薬を使っても使わなくても、大変さはほぼ変わらないので、そういう意味では心配無用ですよ^^;

  13. おーー より:

    お久しぶりです。カテーテル検査をやってきました。一応睡眠薬は飲んだんですが、睡眠薬は、寝る人もいれば、眠らない人もいるらしく、私は検査中は初めて眠らないでやりました(子ども病院なので、検査をする部屋は天井にテレビがついていてDVDを持って行き、テレビを見てました笑)私は30分ぐらい前に、足の付け根に痛み止めのシールを貼って、やったんですが、最初の針を刺すのは、まあまあ痛かったです(^_^;)その後は、まあ大丈夫でした。
    実は、検査をやる前に、念の為、点滴のルートの確保?を取るために、点滴の針を刺したんですが、5回失敗されてそっちの方が痛かったです笑
    それで、検査後の絶対安静は3時間で、その間は睡眠薬が効いたのかすぐ眠りました。3時間たったら、トイレなどの時は歩いてもいい。という事で、やっぱり大人と子供で違うのかな…
    また、2.3年後にカテーテル検査をするという事になりました。大人になるのが嫌だな〜( ̄∇ ̄)

    • yahuhichi より:

      おーーさん

      無事終わっておめでとうございます。あまり痛くなくて良かったですね^^

      きっと若さも影響して、回復力も早いんでしょうね。

      私は4回やったことがありますが、回を追うごとにカテーテル挿入時の痛みが増して、大変でしたよ。

      痛み止めのシールは私も貼ってもらいましたが、私の場合は全然効かなかったです…。

      私の体は、麻酔薬に耐性でもあるんでしょうかね^^;

  14. おーー より:

    もし麻酔薬に耐性があったらキツイですね^_^;

    私は右足からカテーテル検査をやったんですが、カテーテル検査後は、足の付け根の辺りが、内出血をする事は知ってたんですが、今は、内出血していてアザが出来て、少し腫れています。ただ、私は血液をサラサラにする薬を飲んでいる為、退院する日に「2.3日はなるべく安静にして下さい」と言われ歩く時は、なるべく右足に負担を掛けないようにして歩いています。あと、検査の時に造形剤?を使ったんですが、退院した日の夜から吐き気がしたり、歩いてる時に頭がクラクラして急に倒れそうになったりします(今も続いています)これは造形剤?の副作用なんでしょうか?

  15. きょん より:

    三年前より、ごくたまに胸が痛くなることがあり、今日病院に行くと、カテーテル検査をした方が良いとのことで、予約をして来ました。
    しかし、ネットで検査について見ていると、とても怖くなり検査を断ろうかとすごく悩んでいます。
    した方がいいのか本当に悩んでいます。

    • yahuhichi より:

      きょんさん

      記事を読んでいただきありがとうございます。

      血管の中に管を入れて、心臓まで送り込むなんて、怖いに決まってますよね。その不安な気持ちわかります。

      まず、その不安な気持ちも含めて、もう一度お医者さんとよく相談してみてはいかがでしょうか?別の病院を受診して、セカンドオピニオンを聞くのも良いかもしれません。

      カテーテル検査なんて、これから外科手術が必要になる可能性が高い人が受ける検査です。

      そんな、検査をいきなりしなくても、超音波検査など他にもできる検査は、まだあるはずですよ。


      ちなみに私もカテーテル検査はもうしたくないと思ますが、その理由は記事にも書きましたが、怖いからではなくて、検査後の苦痛が大きいからなんです。

      世の中にあふれている情報は、最悪の可能性を書いていることが多いですよね。

      でも、私が検査を受けた病院では、実際に過去に亡くなった方は、一刻も早く手術をしないと危険な状態の人だったそうです。

      座して死を待つよりは、リスクをかけてでも、まずカテーテル検査をして、手術のやり方を決めたかった…。お亡くなりになるような人は、そのようなシチュエーションの人が多いそうですよ。

コメントを残す



このページの先頭へ