都市銀行と地方銀行とネット銀行の違い!賢い大人は使い分け!



先日、私は東京から仙台に引っ越しました。引っ越すと当然、色々と生活に変化が出ます。

その変化の一つが日常生活で使っている銀行です。東京に住んでいた頃の私は、何も考えずに支店数の多い都市銀行に口座を持っていました。

しかし、地方に行くと都市銀行の支店はグッと減り、近所にあるのは地方銀行の支店ばかりです。

地方銀行が身近でなかった私にとっては、とっても新鮮です。

いったい都市銀行と地方銀行って何が違うのでしょうか?そして、どっちの方がメリットがあるんでしょうか?

更にはネット銀行との違いはあるのでしょうか?

普段の生活に欠かせないものだからこそ、しっかりとした知識を身に付けて賢く利用したいですよね!

そこで、ここでは都市銀行と地方銀行とネット銀行の違いをお伝えします!

スポンサーリンク


それぞれの違い

都市銀行と地方銀行とネット銀行にはいったいどんな違いがあるのでしょうか?

実は法律などで明確に線引きされているわけではありません。

そのため、営業形態や適用されるルールなどは基本的に一緒です。

一般的にそれぞれの定義は、次のようになっています。

【都市銀行】
大都市を本拠として、全国的にまたは複数の地方にまたがる営業基盤を持つ普通銀行。

【地方銀行】
一般社団法人「全国地方銀行協会」の会員である銀行

【ネット銀行】
自前の店舗やATMが少なく、預金通帳も発行していない銀行


それぞれの定義の違いは、大体こんな感じです。


でも、そんなこと言われたってピンときませんよね?

大切なのは私たちの生活にとって、どんな関係があるかという事です。

そこで、次は各銀行の特徴を見ていきましょう!

スポンサーリンク


各銀行の特徴

それぞれの銀行には営業基盤の範囲や経営規模によって、違った特徴があります。

それぞれの特徴を順番に見ていきましょう!

都市銀行

まずは都市銀行の特徴からです。

私たちの日常生活目線で見た時の特徴としては、次のようなものがあります。

  • 支店が全国的にあるので、地方でお金を引き出す時に便利
  • 扱っている金融商品の種類が豊富
  • 経営規模が大きいので、つぶれにくい

3つ目のつぶれにくいに関してですが、当然無茶な経営をすれば、どんなメガバンクだってつぶれる可能性はあります。あくまでも一般論の話です。

また、実際につぶれたとしても1,000万円までなら預金保証制度(ペイオフ)によって保障されるので、よほどのお金持ちでない限りは、神経質になる必要はないですね。

地方銀行


次は地方銀行の特徴です。

地方銀行には次のような特徴があります。

  • その銀行がある都道府県には、とにかく支店がたくさんある

一般庶民目線の特徴としては、この1点だけです。でも、実際にはこれがとても大きいのです。

都市銀行がいくら全国的な営業基盤を持っていると言っても、地方に行くと県庁所在地に支店が一つだけなんてことがしばしばあります。

でも、地方銀行はすぐ近所に支店が存在するので、とっても便利なんです。

ネット銀行

最後にネット銀行の特徴です。

ネット銀行の場合はちょっと特殊な特徴になります。

  • 手数料が安め
  • 預金金利が高め
  • 店舗やATMが無いため、常に手数料がかかる
  • 振り込みや引き出しに、独自のサービスを持っていることが多い
  • インターネットに接続できないと利用できない

私たちの日常生活において一番大きいのは、実店舗やATMがほとんど無いことです。

そのため、生活費を引き出すには、他行のATMやコンビニATMなどを利用することになるため、常に手数料がかかってしまいます

しかしながら、ネット銀行の場合は条件を満たすと、引き出しや他行への振り込みの手数料が無料になるサービスがあります

都市銀行や地方銀行よりも、条件や無料になる回数などが有利であることが多いです。

そのため、日常の様々な決済のために利用すると便利です。


というわけで、それぞれの銀行の特徴を見てきました。

では、私たちが日常生活を送る上でのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

今度はそれぞれの銀行を比較してみましょう!

スポンサーリンク


それぞれのメリットデメリット

私たち庶民目線で、銀行を見た時には、生活の面で便利かどうかが大切ですよね。

そこで、都市銀行、地方銀行、ネット銀行のメリットとデメリットを独断と偏見で比較してみました。

【それぞれの銀行のメリットとデメリット】
項目 都市銀行 地方銀行 ネット銀行 備考
ATM手数料 ×※ ※ただし条件を満たせば無料になる
日常生活での利便性 〇※ × ※引っ越しが多いなら都市銀行
ネットバンキングの利便性 × × 手数料が安い分ネット銀行の方が便利
安全性 経営規模が大きい分だけ都市銀行有利だが気にするほどでもない

こうして見てみると、ネット銀行にはあまりメリットが無いように思えますよね。

しかし、ネット銀行の場合は、既に説明した通り、預金残高や保有する金融商品などの条件をクリアすると、手数料が無料になるサービスがあります。

しかも、その条件は都市銀行や地方銀行よりも低く、無料になる回数も多いのが特徴です。

ネット銀行を利用する時には、手数料無料の条件を満たすことを前提にすると良いですよ!

スポンサーリンク


まとめ

銀行は私たちの生活になくてはならないものですよね。

世の中には都市銀行、地方銀行、ネット銀行がありますが、それぞれ自分のライフスタイルに合わせて、利用する銀行を選ぶと良いのです。

それぞれの銀行はこんな人に合ってると思います。

  • 都市銀行
  • 引っ越しが多い人、日本全国の移動が多い人

  • 地方銀行
  • その土地に根差した生活や仕事をしている人

  • ネット銀行
  • 日常の決済をインターネット上ですることが多い人


自分のライフスタイルに合わせた銀行に口座を持つと、日常生活が便利になりますよ!

例えば私は生活費の引き落としには、色んな点で便利な都市銀行の口座を使い、振り込みなどの決済には手数料無料回数が多いネット銀行の口座を使っています。

それぞれの銀行をご自分の生活を便利にするために、賢く使い分けてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ