固結びの簡単なほどき方!ビニール袋もレジ袋もこの方法で



コンビニやスーパーでもらうビニール袋を再利用している人は多いですよね。物を入れたり、ゴミ袋に使ったりすることが多いと思います。

こういった袋は、中に物を入れた時に袋の口を固結びにすることが多いと思います。でも、いったん固結びにしてしまうと、再びほどくのってとても難しいですよね。

もう一度、開きたい時にもの凄く、てこずりますよね…。何かうまくほどく方法ってないのでしょうか?

というわけで、ここではビニール袋やレジ袋の固結びのほどき方をお伝えします。

スポンサーリンク


固結びのほどき方!


ガッチガチに結ばれてしまったビニール袋の固結びは、実はとても簡単に開く方法があります。

その手順とはこうです。

  1. 結び目から1cm~2cmの所を持つ
  2. 紐を数回ねじる
  3. そのまま押し込む!

順番に解説していきますね!

結び目から1cm~2cmの所を持つ

まず最初に結び目から1cm~2cmの所を持ちます

あまり離れすぎた場所を持ってもうまくいかないので、大体この辺りを持つのがポイントです。

持つのはどちらか一方の紐だけで大丈夫です。

紐を数回ねじる

次に指で持った部分を数回ねじります

ねじり過ぎると紐がうねってしまいうまくいかないので、ほどほどがちょうど良いです。

このようにクリクリっと数回ねじっちゃってください。

そのまま押し込む!

そして、ねじった紐を結び目の方に押し込みます

するとスルッと結び目の奥に押し込めてしまいます。

これで結び目は緩くなったはずです。後は普通に指でほどけばOKです。

でも、なぜこんなに簡単にほどけてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク


簡単にほどけてしまう理由


実際にやってみると分かりますが、紐をねじるだけで、簡単に押し込めてしまうなんて不思議ですね。

一体なぜこんなに簡単にほどけてしまうのでしょうか?

それは紐をねじることで、紐がやや細くなるからです!

紐が細くなった分、隙間ができるため指で押し込むことができるのです。ムニュっと押し込めてしまうのは、とても奇妙な感触ですが、便利なので、是非お試しください!

スポンサーリンク


まとめ


スーパーやコンビニのビニール袋を縛る時って、蝶結びにするには、紐の部分が短いので、ほとんどの場合、固結びしちゃいますよね。

私も固結びしてしまったことをいつも後悔してしまいます。

そんな時の簡単なほどき方をもう一度おさらいしておきます

  1. 結び目から1cm~2cmの所を持つ
  2. 紐を数回ねじる
  3. そのまま押し込む!

一番良くあるのが、ゴミ袋にしたビニール袋にゴミを追加したい時です。

ゴミ袋にしている場合って、特にギュッと縛ってしまっていることが多いので、このほどき方はとても役に立ちます。

是非、試してみてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ