ハッカとミントの違い!一体何が違うのか徹底解説!



小さい頃、色んな味のキャンディーが入っている缶詰が好きだったのですが、1つだけ苦手な味がありました。それはハッカ味です…。

子供の時はどうしても苦手で、この味だけは親にあげてしまっていました。

でも、大人になってからはミントティーやミント入りのお菓子なども美味しく感じるようになりました。あんなにハッカが苦手だったのに、なぜなんでしょう?

ハッカとミントには何か違いがあるのでしょうか?

気になった私はハッカとミントの違いを調べてみたので、皆さんにも共有したいと思います。

スポンサーリンク


ハッカとミント

8b3f3d9008981cee3529142089e09030_s
ハッカもミントもスーッとする清涼感が特徴ですね。爽やかでスッキリするため、休憩して気分転換したときなんかに最適です。

でも、小さい頃の私にはこれが刺激的過ぎて、苦手だったんですよね…。

というわけで、ハッカとミントがどんなものかを見ていきましょう。

ハッカ

b109a48cc7410e662c51bf0d6b43e1fc_s
ハッカ(薄荷)はシソ科ハッカ属の中のニホンハッカペパーミントを指します。

ニホンハッカは古くから日本にあり、お菓子や飴に使われてきました。

ニホンハッカもペパーミントも、あのスーッとする成分であるメントールを多く含んでいます。特にニホンハッカはメントールが多く含まれており、ペパーミントの2倍近くのメントールが含まれています。

メントールが多いため、スーッとするのが特徴です!

ミント

153c92b73c3ca3912d828732de6aeed4_s
ミントはシソ科のハッカ属やメンタ属、ミント属の植物の総称です。

シソ科ハッカ属には先ほどのニホンハッカやペパーミント以外にも、様々な植物が存在していて、数百種類も存在すると言われています。

とにかく生命力が旺盛で、どんどん増えてしまい、駆除するのが困難です。プランターなんかで栽培していても水さえあげてれば、どんどん増えてくれるため、栽培がすごく楽です…。

ミント全般にもメントールが含まれていますが、含有量もまちまちで、別の香り成分を含んでいる種類もあります


というわけで、まずはハッカとミントがどんなものかを見てきました。

次はそれぞれの微妙な違いを見てみましょう。

スポンサーリンク


2つの違い

082622
一般的にミントといった場合は、ペパーミント系とスペアミント系の2つに分けることができます。

ペパーミント系はハッカに含まれるため、ハッカとミントの違いは、ペパーミントとスペアミントの違いと言い換えることができるわけです。

というわけで、ペパーミントとスペアミントの違いを見ていくと、次の2つのようなものがあります。

  • メントールの含有量はペパーミント系の方が多い
  • スペアミント系はカルボンという芳香成分が中心

両方ともメントールが含まれているものの、スペアミントの方は含有量が少なく、主成分はカルボンです。

カルボンは甘い香りが特徴です。このカルボンのおかげで、スペアミントはマイルドな香りで、豊かな香りがします。

それに対して、ペパーミントはメントールの刺激が強く、スッキリでキリッとした香りが特徴です。

つまりハッカはメントールの刺激がとても強いわけです。更にキャンディーにしてあるため、メントールの量も凝縮されているため、子供の頃の私には刺激が強すぎたというわけです。

実は大人になった今でも、ハッカキャンディーが苦手な私は、とても納得しました…。


さて、ハッカとミントに含まれるメントールは、お菓子や医薬品にも広く使われています。このメントールにはいったいどんな効果があるのでしょうか?

最後にメントールの効果を紹介します。

スポンサーリンク


香りの効果

b4d075ed7d0ccae7b4d4dc85724488d0_s
メントールはスーッとする清涼感が特徴です。これ以外にも塗った部分の血管を拡張させる効果もあります。

このような作用を利用して、次のような用途に使われています。

  • リップクリーム
  • 咳止め
  • かゆみ止めの薬
  • 湿布薬

また、漢方やアロマでは、次のような効果があるとされています。

  • 健胃
  • イライラの軽減、リラックス
  • 偏頭痛の緩和
  • 乗り物酔い防止
  • 快眠

健胃とは消化を助けたり、吐き気やむかつきなどを改善する効果です。精神の安定や気持ち悪さを改善する効果があるんですね~。

かなり優秀な効果ですが、漢方やアロマはメントールという物質ではなく、メントールを含んだハッカやミントを利用します。そのため、メントール入りのキャンディーやガムでこの作用が得られるとは限らないので、ご注意ください!

スポンサーリンク


まとめ

081806
ハッカとミントの違いとは、言い換えるならばペパーミント系のミントとスペアミント系のミントの違いでした。

これらの違いは次の2つです!

  • メントールの含有量はペパーミント系の方が多い
  • スペアミント系はカルボンという芳香成分が中心

ペパーミントは香りが強いのが特徴ですが、スペアミントは豊かで深い香りが特徴です。

日本人は古くから日本でも使われているニホンハッカに慣れ親しんでいるため、ペパーミントの方を好むようですね。

私は刺激的過ぎるので、スペアミントの方が好きですね~。

人それぞれ好みはありますが、メントールの香りには精神をリラックスさせたり、胃の働きを助けたりする効果もあります。

皆さんもハーブティーなんかで飲んでみては、いかがでしょうか?


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ