カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ!それぞれの違いは?



私は普段このブログを書く時は、カフェを利用しています。自宅で書こうと思っても、すぐにテレビを見ちゃったりして、集中できないんですよね~。

で、いつもはカフェラテを飲みながら作業するのですが、さすがにいつも同じものを飲んでいると飽きてしまうので、たまには他のも飲んでみようと思いました。

でも、メニューにはカフェラテ以外にも、カフェオレカプチーノ、更に最近ではカフェミストなんてものもあります。

材料はコーヒーとミルクを使った、同じような飲み物だとは思うのですが、一体何が違うのでしょうか?

ここではカフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェミストの違いについてお伝えします。

スポンサーリンク


それぞれの違い!

a8f9154437918b256c912769cbd913cd_s
カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェミストはそれぞれコーヒーとミルクを使っていることは同じです。

しかし、コーヒーの抽出方法や、ミルクの温め方などに違いがあるのです!

それぞれの違いを表にしてみました。

【コーヒー飲料の違い】
名前 ベースのコーヒー 割っているミルク 備考
カフェラテ エスプレッソ 主にスチームミルク イタリア語
カフェオレ ドリップコーヒー 普通のミルク フランス語
カプチーノ エスプレッソ 主にフォームミルク イタリア語
カフェミスト ドリップコーヒー 主にフォームミルク

昔からお馴染みのカフェオレはコーヒーをミルクで割ったコーヒー飲料です。家庭でも実に簡単に作ることができます。

しかし、それ以外の3つはエスプレッソやスチームミルクを使っているため、ちょっと特殊です!でも、それぞれの違いを知っていると、コーヒーを更に楽しむことができます!

そこでこれらの使われているコーヒーやミルクの違いを更に見ていきましょう。

スポンサーリンク


ドリップコーヒーとエスプレッソの違い

6b5ed5411722db08c549a41e7f2129f6_s
コーヒー飲料はベースがドリップコーヒーかエスプレッソかによって、ガラリと味わいが変わります。

それぞれの違いを見ていきましょう。

ドリップコーヒー

d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s
細かく挽いたコーヒー豆に熱湯や水をかけてフィルタで抽出したものがドリップコーヒーです。

抽出時の気圧は1気圧です。

ドリップとは”したたり”や”しずく”の事です。フィルタから抽出されたコーヒーが滴り落ちることからこう呼ばれています。

ドリップコーヒーの特徴は次のようなものです。

  • 雑味や苦みが少なく飲みやすい
  • ゆっくりと抽出されるため、カフェイン含有量が多い

私たちが昔からなじみの深いコーヒーの飲み方といえます。

エスプレッソ

fbe741b71955757cc54ccce07377da7a_s
細かく挽いたコーヒー豆をフィルタに固めて、そこに高圧の熱湯で抽出したものがエスプレッソです。

高圧で抽出する必要があるため、エスプレッソマシーンと呼ばれる特殊な機械が必要になります。

エスプレッソの特徴は次のようなものです。

  • 高圧で抽出するため、香りも苦みもとても強い
  • 高速で抽出されるため、カフェイン含有量が少ない
  • 1杯の量が30ml程度と少量

イタリアではエスプレッソスタンドが町中にあり、朝のまだ眠気が取れない時に、苦くて香りの強いエスプレッソをクイッと飲むのが一般的です。

しかし、日本ではエスプレッソだけを飲むのは馴染みがなく、カフェラテやカプチーノで飲むのが一般的です。

ちなみに私はエスプレッソがどういう飲み物がまだ知らなかった時に、銀座のカフェでエスプレッソを注文したのですが、紙カップの底の方にちょびっとだけ溜まっているエスプレッソを見て、何かの間違いかと思いました^^;

やっぱりあのちょびっとの量を一気に飲むというが、日本人には馴染まない理由なんでしょうね…。

スポンサーリンク


スチームミルクとフォームミルクの違い

11389305fd6bb13a4d14c49034e6b9d3_s
今度はミルクの違いを見ていきましょう。

実はこのミルクの違いは、コーヒー飲料の味わいを大きく変える重要なものです。

順番に見ていきましょう!

スチームミルク

e2fa9b4dea6090a94eac39ae63fceec7_s
エスプレッソマシンには、高温の蒸気が噴出するスチームノズルが付いています。

このスチームノズルをミルクの中に入れて蒸気を噴出させることで、ミルクを温めるのです。

スチームミルクはスチームノズルを使って65℃前後に温めたミルクの事です。

フォームミルク

4dcd77abc7c83ca066ed0d7f4321ffb3_s
フォームミルクとは空気の泡を含んだミルクのことです。

スチームノズルでミルクを温める際に、ノズルの角度などを調整することで、ミルクに大量の気泡を含ませることができます。

このようにして作ったフォームミルクはフワフワの食感になるのです。

スポンサーリンク


まとめ

0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s
カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェミストもコーヒーとミルクを使っているという事は同じですが、コーヒーの抽出方法や、ミルクの温め方が違うため、それぞれ全く違った味わいになります

それぞれの特徴はこのようになります!

【カフェラテ】
ミルクたっぷりだがコーヒーの香りと苦みもしっかりする。

【カフェオレ】
ミルクたっぷりでマイルドな味わい。

【カプチーノ】
フワフワの食感で、こひーの香りと苦みもしっかりする。

【カフェミスト】
フワフワで軽い感じのコーヒー。


私の場合、カフェラテだと濃厚すぎて、軽いのが飲みたい気分の時は、カプチーノを飲んだりします。フワフワで軽いので、とても飲みやすいのです。

更に軽いのが良い時は、カフェミストにする時もあります。

ただし、フォームミルクは時間が経つと気泡が無くなって普通のミルクになってしまうので、気付いたら、ただのカフェラテやカフェオレになっていたなんてことにもなるので、温かくてフワフワしているうちに飲んだ方が良いですよ!

皆さんもこれらの違いを理解して、コーヒー飲料を楽しんでくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ