捺印と押印の意味の違いって何?正しい印鑑の使い方!



契約書などの書類を有効にするために、日本では名前を書いて、印鑑を押すのが一般的です。このような行為を署名捺印と呼びます。

しかし、一方では同じ印鑑を押す行為を押印と呼ぶこともあります。この捺印押印は何か違いがあるのでしょうか?

同じ意味のように思いますが、実は法律上は全く違った意味だったりするなんてことはよくあります。知らなくてトラブルになったりしたら大変です。

そこで、ここでは捺印と押印の意味の違いについてお伝えします。

スポンサーリンク


捺印と押印

22a117a99eeec65e60655919b4251dec_s
社会に出れば、部屋を借りたり、就職したり、様々な場面で、契約書を交わします。そのような時の印鑑を押す行為は、捺印と押印のどちらを使うのでしょうか?

まずはそれぞれの意味の違いを見ていきましょう。

捺印と押印の意味

捺印と押印の意味を調べてみると意味はこうでした。

【捺印】
印章を押す事。または印章を押した後の印影。

【押印】
印章を押す事。(当用漢字の制定により、捺印に変わって使われるようになった言葉)


他の辞書などで意味を調べてみても、おおむねこの通りの意味です。同じようにしか思えませんが、一体何が違うのでしょうか?

違いは微妙

捺印も押印も、言葉の意味としては基本的に「印鑑を押す」という行為を表しています。

しかし、微妙な違いもあります。それは次の2つです。

  • 捺印の方は押した後の印影を表す場合がある。
  • 押印の方は当用漢字として用いられているため、正式にはこちらを用いるのが正しい。

実は押印の方が正式な日本語なのです。

ただし、実際には社会一般的にどのような意味で用いられているかが重要です。そういった意味では、捺印も普通に用いられている言葉なので、印鑑を押すという意味で使っても何ら問題ない言葉なのです。


さて、ここまでは捺印と押印の意味の違いを見てきましたが、今度は法律上では何か違いがあるのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


証拠能力の違い

e879288fc89975645488eca73265325e_s
捺印と押印は法律上の効力には何か違いがあるのでしょうか?

結論から言うと、何も違いはありません。むしろ、印鑑と一緒に書く名前の書き方によって、違いが出てきます

その違いとは何なのでしょうか?

署名と記名

書類に名前を書く場合には、署名と記名の2種類の携帯があります。

それぞれの違いはこうです。

【署名】
自分の手で直接名前を記載する事

【記名】
他人による代筆、ワープロで作成してプリントアウトしたもの、ハンコで押したもの等


名前を書いたり、印鑑を押したりするのは、その書類を本人が書いたことを証明する目的で行います。署名の場合は筆跡に本人のクセが反映されるため、証明力が高いのです。

実は法律上は、書類には署名だけしてあれば、押印をしてなくても、十分な効力があるのです。ただし、日本社会では署名だけでは、不安を感じるため、押印までするのが一般的です。

一方で記名の場合は、法律上はそれだけでは、効力が認められず、必ず記名+押印が義務付けられているのです。

署名捺印、記名押印

70dcab30bb0a3422469fe0d5ecefaf2f_s
署名と記名の違いを整理すると、法律上有効とされるのは次の3パターンだけです。

  • 署名のみ
  • 署名+押印
  • 記名+押印

そして、署名に加えて、押印をする行為の事を、”署名捺印“と言います。更に記名に加えて押印をすることを”記名押印“と呼びます。

つまり、捺印と押印の本当の違いは、署名と一緒に押す印鑑の場合を捺印、記名と一緒に押す印鑑の場合を押印と呼ぶということなんですね!


さて、ここまでで捺印と押印の本当の違いが分かったわけですが、捺印と押印の違いを調べている中で、印鑑について、誤解していることを発見しました。

最後にオマケとして、印鑑に関する誤解をお伝えします。

スポンサーリンク


ハンコを印鑑と呼ぶのは間違い!?

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s
私たちは普段ハンコの事を印鑑と呼びます。

日本社会では印鑑という言葉で意味が通じない事はありませんが、実はハンコのことを印鑑と呼ぶのは間違いなんです!

正しくは印章と呼びます。

印章は所有者を特定するために、印影を登録させるのですが、この登録証明書のことを印鑑と呼ぶのです。でも、一般的に印鑑でも、意味が通じるので、全く問題はありません。

ちなみに私は常に”ハンコ”って呼んでますけどね…。

スポンサーリンク


まとめ

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s
捺印と押印の意味は、基本的に”印章を押す“という行為を指す言葉です。

法律上の意味の違いも無いので、普段は特に気にする必要もありません。

ただし、捺印と押印の使われ方には次のように微妙な違いがあります。

【捺印】
署名と一緒に印鑑を押す場合は捺印。署名捺印

【押印】
記名と一緒に印鑑を押す場合は押印。記名押印


捺印も押印も違いを気にする必要はありません

同じことを言ってるんだなと理解していれば、日常生活で困ることは無いので、何か書類を作成する時は気にせずに書いてくださいね!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ