土用の丑の日今年は何日?実はうなぎの旬は夏じゃない!



毎年、夏になると「土用の丑の日」にウナギを食べるニュースが決まって流れます。

でも、実はウナギの旬は冬眠に備えて栄養を蓄える秋から初冬にかけてです。そもそも、「土用の丑の日」ってどういう日なんでしょうか?

そして、今年はいつが「土用の丑の日」なのでしょうか?

スポンサーリンク


土用の丑の日とは?

子供の頃に「土用の丑の日」にウナギを食べると聞いても、「土曜日の日にウナギを食べる!?」という感じで、全く理解できませんでした!

109558
そんな土用の丑の日がどういうものか、そして、今年はいつが「土用の丑の日」なのかを調べてみました!

土用?丑の日?

土用
ます、最初に”土用”は”土曜“ではありません!

さすがにそんなことご存知ですよね…勘違いしているのは、私くらいです(^_^;)土用とは24節季のうちの立春、立夏、立秋、立冬の直前の18日間の期間のことを指します。

丑の日
丑の日の”丑”は十二支の一つの丑のことです。

あまり馴染みはないですが、毎日それぞれの日に十二支が割り振られていて、○月○日は「子の日」、その次の日は「丑の日」のようになっていて、12日周期で繰り返しています。つまり、「土用の丑の日」とは土用の期間の丑の日というだけです。それだけだったの…初めて知った時の私は拍子抜けしたのを覚えています。

ちなみに「土用の丑の日」は夏に限らず、春夏秋冬それぞれの季節に存在するわけですが、夏の土用の丑の日にウナギを食べる習慣が有名なため、今では土用と言えば、夏の土用を指すというのが一般的です。

今年の土用の丑の日

それでは、今年の「土用の丑の日」はいつでしょうか?

土用の期間は18日間で、丑の日は12日周期でやってくるので、年によっては土用の丑の日は2日あります。2日ある場合は最初を一の丑、次を二の丑と呼びます。それぞれの年の土用の丑の日は以下の通りです!

【年ごとの土用の丑の日】
年   一の丑 二の丑
2015年 7月24日 8月5日
2016年 7月30日 なし
2017年 7月25日 8月6日
2018年 7月20日 8月1日
2019年 7月27日 なし
2020年 7月21日 8月2日

実際は2日ある年が多いんですね…たくさんのウナギが食べられてしまいますね(^_^;)

でも、最近はウナギは、とても高い食べ物になってしまっているため、毎年土用の丑の日になっても、私はウナギを食べたことがありません(T_T)ウナギ食べたいです!

7dd95a2d79312396f4816faaa8b66a65_s
スポンサーリンク


土用の丑の日にウナギを食べる習慣

今では、一般的な「土用の丑の日」にウナギを食べる習慣ですが、発案したのは江戸時代の発明家平賀源内というのは、有名な話ですね!

あるウナギ屋が、真夏で食欲が落ちるせいで、客足が遠のき売り上げが落ちて困っていると平賀源内に相談したところ、平賀源内は「本日土用の丑の日」と書いた張り紙をするようにウナギ屋にアドバイスしました。ウナギ屋がその通りにしたところ大繁盛し、それが今の土用の丑の日にウナギを食べるという風習になっています。

元々、土用の丑の日には”う”の付く食べ物を食べるという風習があったため、考え出したキャッチコピーと言われています。平賀源内は発明だけでなく、キャッチコピーの才能もあったんですね~。

でも、そういうことならウナギが高くなる真夏よりも、旬の秋から冬にかけて食べた方が良いってことですね…。

125625
というわけで、土用の丑の日には、美味しいウナギを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!私はお金がないので、”う”の付くうどんでも食べて過ごすことにします…。

ウナギ食べたい…。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ