暑中お見舞いと残暑お見舞い時期の境目は?



暑中お見舞いは日本の古き良き習慣ですね。

大切な人への気遣いをはがきにしたためて送るのは、とても良い文化です。でも、実際書こうと思うと意外に知らないことも多いですよね?

今回は「暑中お見舞い」と「残暑お見舞い」の境目の時期や書き方をお伝えします!

スポンサーリンク


暑中お見舞い・残暑お見舞いの時期

暑中お見舞いも残暑お見舞いも、夏の暑い時期に大切な人の体調などを気遣うためにするものです。

それぞれの時期について、見ていきましょう!

96efbd07e01e6bed400c9e5838227623_s

暑中お見舞いと残暑お見舞いの変わり目

暑中お見舞いと残暑お見舞いの切り替わりの日は、こよみの立秋である8月7日を境とします。

8月7日を過ぎたら”残暑お見舞い”とすれば問題ないのですが、人が出して、人が受け取るものなので、その人たちがどう感じているかが大切です。例えば、ある年は7月の間はあまり気温が上がらず、天気の悪い日が続いていたとします。8月になってようやく気温が上がって、やっと夏が来たと思っていたところに、8月7日を過ぎたからといって、残暑お見舞いが来ても、受け取った人は気が早い感じを受けるかもしれません。

私の感覚も、お盆までは真夏、それを過ぎると夏の終わりといった感じです。最終的には、その年の天候や相手の住んでる地域や気持ちを考えて決めると良いのです!

暑中お見舞い・残暑お見舞いの期間

以上を踏まえたうえで、暑中お見舞いを出す期間の目安をお伝えします!

【暑中お見舞い】
 ★出し始めの時期
  こよみの小暑梅雨明けを過ぎた頃

 ★終わりの時期
  こよみの立秋の頃

【残暑お見舞い】
 ★出し始めの時期
  こよみの立秋を過ぎた頃

 ★終わりの時期
  8月末まで

038986ff6d978c8efef08f592c4f2c11_s
スポンサーリンク


暑中お見舞い・残暑お見舞いの書き方

暑中お見舞い・残暑お見舞いの一般的な文例についても書きておきます。

あくまでも一般的なものなので、上司やお客さんなどが相手であれば、それに合わせて変えてくださいね!

季節のあいさつ

暑中お見舞い申し上げます」または「残暑お見舞い申し上げます」と最初に大きめに書きます。

ここはお決まりのこの言葉を書いてください。

時候の挨拶

はがきを出す時期に合わせた時候の挨拶を書きます。

【時候の挨拶の例】
 「梅雨が明けてから暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか」

 「立秋とは名ばかりの暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか」

 など

こちらの近況

ここは自由に最近の状況を書くと良いと思います。

具体的に書いた方が、相手にとっても楽しいでしょう!

【こちらの近況の例】
 「私は熱中症に負けない体力作りのために毎朝ラジオ体操に励んでおります」

 「私は家族と一緒に海に行って真っ黒に日焼けしました」

 など、何でも構いません。

 面白いことを書いてあげてください!

相手の体調などを気遣う言葉

暑さが厳しい時期だからこその”お見舞い”の便りですので、相手を気遣う言葉を書いてください。

【気遣いの言葉の例】
 「暑さはこれからが本番ですので、くれぐれもお身体に気を付けてください」

 「記録的な暑さが続いていますので、熱中症にならないようにご自愛ください」

 など

日付

最後にはがきを書いた日付を記載します。

暑中お見舞いの場合は「平成○○年 盛夏」、残暑お見舞いの場合は「平成○○年 晩夏」「平成○○年 八月」などと具体的な日付を書かないのが、一般的です。

8498ab63959e5bfb2022155584081dbd_s
スポンサーリンク


まとめ

普段あまり暑中お見舞いや残暑お見舞いを書かない方も、大切な人に書いてみてはいかがでしょう?きっと喜ばれますよ!

私も書いてみようと思います!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ