浅草ほおずき市初めてガイド!由来やほおずきの効能!



毎年夏になると、各地でほおずき市が開催され、その風景はニュースなどでもよく取り上げられています。でも、なぜ”ほおずき”を売ってるのでしょうか?

せっかくの日本の伝統文化なので、ほおずき市のことを知っておきたいと思いました。

スポンサーリンク


浅草ほおずき市とは?

浅草ほおずき市の正式な名称は「四万六千日」といいます。

浅草ほおずき市「四万六千日」の由来について、調べてみました。

90dfe4215f344b5c96006e949d9fe7f4_s

ほおずき市の由来

浅草寺でほおずき市が開かれるようになったのは、江戸時代になります。

古来より、毎月18日が「仏様と特別な縁がある日」=「縁日」と呼ばれていて、この日にお参りする風習がありました。

やがて、室町時代に「功徳日」という新たな縁日が設けられました。この功徳日にお参りすると100日分のご利益が得られるとされ、その中でも7月10日の功徳日は1,000日分のご利益が得られる日とされていました。それが、江戸時代になると、46,000日分のご利益があるということになり、この日のお参りが盛んになりました。このような大きな縁日には、参拝客目当ての市が開かれます。浅草寺の場合はその市がほおずき市だったわけです。

46,000日分のご利益があるのでこの日の参拝が「四万六千日」(しまんろくせんにち)と呼ばれています。厳密にはほおずき市のことを「四万六千日」と呼んでいるわけではなく、元々、ほおずき市は「四万六千日」のおまけだったわけですが、現在は、ほおずき市が有名になってしまいました。

そういえば、近所の神社やお寺で屋台が出る日を「縁日」って言ってましたが、元々は神社やお寺にお参りする日だったんですね。みんなお参りに行かなくなったせいで、「縁日」も廃れてしまったのでしょうが、浅草寺の場合はお参りよりもほおずき市自体を目当てに行く意味合いが強いので残ってるのかもしれませんね。

浅草ほおずき市の開催期間

元々、「四万六千日」は7月10日だけなのですが、7月10日に誰よりも早く参拝したいという人が、7月9日からたくさん訪れるため、市も7月9日から開かれるようになりました。

そのため、今でもほおずき市は7月9日と7月10日の2日間に渡って開催されます。

c037af82755cbb628891fe47ef67944d_s
スポンサーリンク


なぜ。ほおずきを売ったのか?

でも、なんでほおずきを売ったのでしょうか?

観賞用の植物なのに、不思議だなぁと私はずっと思ってました…。

ほおずきの効能

ほおずきはナス科の多年生植物です。

当時、ほおずきは薬草として人気がありました。ほおずきを煎じて飲むと子供の疳の虫(夜泣き、かんしゃく、ひきつけ)、大人の癪(お腹や胸のあたりに起きる痛み)などに効果があるとされ、これを参拝土産に持って帰るのが恒例になっていたため、「四万六千日」にはほおずき市が立つようになりました。

ただ、実際には、ほおずきには、女性の子宮を緊縮させる作用のある成分が含まれているので、妊娠中や妊娠の可能性のある女性は口にしないように注意してください!あくまでも観賞用にしておくのが良いと思います!

3453c693cd95b45751e3505cb6b3d8b0_s
スポンサーリンク


まとめ

ニュースでもほおずき市ばかりが取り上げられますが、一年でも参拝客が最も多く訪れる日だったんですね!

ほおずき市で購入したほおずきは宅配便での配送も可能ですので、古き良き江戸の風情を感じさせてくれる浅草寺のほおずき市に行ってみてはいかがでしょうか!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ