叔父と伯父、叔母と伯母の違い!義理のおじさん、おばさんは要注意!



よく何かの手続きで、親族の名前を書かなくてはいけない時に、自分との続柄を書かなくてはいけない時があります。また、結婚式などで席次表を作る時などには、親族との続柄を全て書かなければいけませんよね。

そんな時に、特に困るのがおじさんおばさんの書き方です。なぜかおじさんとおばさんだけは、叔父(叔母)さん、伯父(伯母)さんと2種類の書き方があります。

私も席次表を作る時に、分からなくて困りました…。自分との続柄というのは、実は血縁のない義理の関係も含めると、間違いやすいので注意が必要です。

そこで、今回は叔父と伯父、叔母と伯母の違いについて、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク


おじさん、おばさんの続柄の書き方の違い

086917
おじさん、おばさんは、お父さんかお母さんの兄弟姉妹のことですね。

まずは血縁がある場合の、おじさんやおばさんの違いから紹介します。

血縁がある場合

血縁がある場合のおじさん、おばさんの書き方は次のようになります。

【血縁がある場合のおじさん、おばさん】
  • 叔父さん⇒お父さん、または、お母さんの弟
  • 叔母さん⇒お父さん、または、お母さんの妹
  • 伯父さん⇒お父さん、または、お母さんの兄
  • 伯母さん⇒お父さん、または、お母さんの姉

例えばお父さんのお兄さんは伯父さん弟は叔父さんになります。同じように、お父さんのお姉さんは伯母さん、、妹は叔母さんになります。

とここまでは良いのですが、実は義理のおじさん、おばさんの場合はちょっと困ることがあります。次は義理のおじさんおばさんの場合の書き方です。

義理のおじさん、おばさんの場合は要注意!

義理のおじさん、おばさん、つまり、実のおじさんやおばさんと結婚している夫や妻の場合は、どう表記すれば良いでしょうか?

例えば父方の叔母さん(お父さんの妹)のご主人(義理のおじさん)が、お父さんより年上だった場合には、この方は伯父さんと叔父さんのどっちで表記すれば良いのでしょうか?実はこの場合は叔父さんと表記します。

その他の場合も下記のようになります。

【義理のおじさん、おばさん】
  • 義理の叔父さん⇒お父さん、または、お母さんの妹の夫
  • 義理の叔母さん⇒お父さん、または、お母さんの弟の妻
  • 義理の伯父さん⇒お父さん、または、お母さんの姉の夫
  • 義理の伯母さん⇒お父さん、または、お母さんの兄の妻

このように義理のおじさん、おばさんの場合は、年齢は関係ありません

叔父さんと結婚している女性なら叔母さん、伯母さんと結婚している男性なら伯父さんとなるわけです。


ここまでは、叔父さんと伯父さん、叔母さんと伯母さんの違いについて見てきました。他にも迷いやすい続柄があるので、それについても紹介します!

スポンサーリンク


その他、間違いやすい続柄

1c6cb37104c522593d78879ce9baf604_s
普段あまり使うことが無い続柄は、分かりにくいものですよね!

ここではおおおじさん、おおおばさん、そして、いとこについて見ていきたいと思います。

おおおじさん、おおおばさんの場合

おおおじさん、おおおばさんとは、お祖父さん、お祖母さんの兄弟姉妹のことです。大叔父大伯父大叔母大伯母と書きます。

これも両親が祖父母に変わっただけで、基本的には一緒です。

【おおおじさん、おおおばさん】
  • 大叔父さん⇒お祖父さん、または、お祖母さんの弟
  • 大叔母さん⇒お祖父さん、または、お祖母さんの妹
  • 大伯父さん⇒お祖父さん、または、お祖母さんの兄
  • 大伯母さん⇒お祖父さん、または、お祖母さんの姉

父方でも母方でも両方一緒です。

いとこの場合

445753
いとこはおじさん、おばさんの息子、娘のことです。いとこには従兄従弟従姉従妹と4種類の表記があります。

これらの4種類の使い分けは次のようになります。

  • 従兄⇒自分より年上の叔父、伯父、叔母、伯母の息子
  • 従弟⇒自分より年下の叔父、伯父、叔母、伯母の息子
  • 従姉⇒自分より年上の叔父、伯父、叔母、伯母の娘
  • 従妹⇒自分より年下の叔父、伯父、叔母、伯母の娘

いとこの場合は、叔父さん、伯父さん、叔母さん、伯母さんのうちの誰の子供であるかは、一切関係無く、自分との年齢と性別だけで決まります。

ここだけは少し迷いやすいので、注意してくださいね!

スポンサーリンク


まとめ

166122
今回は叔父さんと伯父さん、叔母さんと伯母さんの違いを説明しました。

おさらいすると、お父さん(お母さん)の兄、姉が、伯父さん、伯母さんで、弟、妹が叔父さん、叔母さんでした

理解してしまえば、何も難しくないので、この際しっかり覚えてしましましょうね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ