痔ろう体験談!手術後の痛みとその後の対処について!



突然ですが、痔は最も多くの人が患っている病気と言われていて、実に日本人の3人に1人は何らかの痔を持っているそうです。

そんな痔の中で、あまり知られてないのが、痔ろうです。実は管理人の私は痔ろう(痔瘻)になった経験があります。周りに痔ろうを患った人もいないので、とても大変な思いをしました。もし、この記事を読んでる方が、痔ろうで大変な思いをなさってる方であれば、少しでも役に立てば幸いです。

というわけで、今回は痔ろうについてです!

スポンサーリンク


痔ろうとは?

痔ろうといっても普通の人は良く知らないですよね?

そこで、まずは痔ろうがどういう病気なのでしょうか?

117816

痔の種類

痔には大きく分けて3種類あります。

痔ろうはその内の一つです。脱肛や裂肛はなかなか完治しないという特徴がありますが、痔ろうは治療をすれば確実に完治します

でも、苦痛だったり、日常生活への影響など総合的に見て、痔ろうが一番大変だと思います…。それでは、痔ろうを知るには痔の全体を知った方が良いと思うので、3種類の痔の説明をしたいと思います。

脱肛
いわゆるイボ痔です。痔の中でも最も有名で誰でも知ってますよね!

脱肛は、肛門付近の粘膜が肥大して、肛門の外に飛び出してしまう状態を指します。粘膜には血管がたくさん通っているため、ウンチの時にいきんだり、長時間便器に座っていると肛門付近の血圧が上がり、粘膜が飛び出してしまう原因になります。和式便所の場合、あの体制でいるだけでも、かなりの圧力がかかるため、脱肛のリスクが高いのです…。

また、便秘がちの人は自然といつも力が入ってしまうので、高リスクです。そのため、脱肛は以外にも女性に多い痔です。軽いうちは、飛び出しても自然になかに戻りますが、症状が進むと、飛び出したままになり、指で中に押し戻さないといけなくなります。

また、飛び出した粘膜は血管がたくさん通っているため、ひどいと大量の出血を伴います。なかなか完治が難しく、ひどい場合は外科手術で肥大した粘膜を切り取る必要があります

裂肛
いわゆる切れ痔です。固いウンチが原因で、肛門が切れてしまう痔です。

ウンチをするたびに激痛が走るため、自然とトイレを我慢するようになってしまいます。我慢するとウンチが更に固くなり切れた個所を更に悪化させます

そして、更に我慢するようになり、ウンチが固くなる…という悪循環を生んでしまいます。これはかなり苦痛を伴う痔です(>_<)便秘などが原因のため、やはり、女性に多い痔です。

痔ろう
脱肛も裂肛も便秘など、主に固いウンチが原因なのに対し、痔ろうは他の2つの痔とは違い、ウンチの固さはあまり関係ありません

私はお腹が弱い方なので、どちらかというとウンチは緩めなので、イボ痔や切れ痔とは無縁の人生でした。ところが痔ろうは、どちらかというとウンチが緩い人の方がなりやすいようです。とは言っても防ぎようがなく、なってしまったら運が悪いとしか言いようがありません(T_T)

痔ろうの原因は、直腸と肛門の境目にある窪みに便が入ってしまい、それが腐って、化膿してしまうことが原因と言われています。化膿して、膿が溜まり、お尻のどんどん深い部分に化膿が進み、大量の膿が溜まります。この化膿して膿が溜まっている状態を肛門周囲膿瘍と言います。

化膿が進んで、最終的にお尻の皮膚に貫通するか、自然に貫通する前に切開して強制的に貫通させると痔ろうとなります。

痔瘻の原因についてはこちらの記事にも書いているので、良ければご覧になってください!
痔瘻の原因はストレスと疲労!?頑張り屋さんは要注意!

スポンサーリンク


痔ろうになるまで

ここまでは、痔という病気について見てきましたが、ここからは私が痔ろうになった経験から、痔ろうの症状や手術についてなどをお伝えします。痔ろうの説明のところでも書いた通り、まず最初に肛門周囲膿瘍になって、それが皮膚に到達して、穴が開いた状態になると痔ろうの状態になります。

私の経験から、それぞれの状態の細かい特徴を説明します…。

110401

肛門周囲膿瘍の状態

肛門周囲膿瘍は最初はお尻に少し違和感を感じるくらいから始まります。

やがて炎症が進んでくると熱も出てきて、だんだんお尻全体が腫れて痛くなってきます。私の場合、なんとなくこれは痔ろうなのではないかと薄々気付いていたのですが、恥ずかしくて受け入れることができず、整体に行ってマッサージを受けたりしてました。もちろん全然良くなりませんでしたけど…。

肛門周囲膿瘍が進むと、お尻が炎症を起こし、痛くてまっすぐ座っていられなくなります。そのため、仕事など当然できず、寝込むしかありません。ウンチをする時も痛くてたまりません

また、その頃には高熱が出ることがあるので、全身ぐったりです(>_<)ちなみに上記は私の場合の症状で、中には膿が溜まっているのに痛くも痒くもなく普通に生活していて、ある日お尻から膿が出て、痔ろうになったことを知るなんて人もいるようです。

痔ろうの状態

さて、化膿が進んで、最終的にお尻の皮膚に貫通するか、自然に貫通する前に肛門科で切開して、強制的に貫通させると晴れて痔ろうとなります。

私の場合はゴールデンウィーク中で、病院の一般外来がお休みの時に一気に悪化して、歩くことも困難になってしまいました。歩けないし座れないし、もはや寝込んでるだけでしたが、どんどん苦痛は増していくので、救急外来のある病院に行ったのですが、肛門科の医者がいないからという理由で、結局休み明けにまた来るように言われ帰されてしまいました。

しかし何とか必死に肛門科の医者がいる病院を探し出しました。病院では、お医者さんが少し診ただけで、肛門周囲膿瘍だから麻酔をかけて切開しようということになりました。

「切るって言われても心の準備ができてないんですけど!」と思いましたが、そんなことよりも今の状態が辛かったので、最後は何でもイイから切ってくださいって感じでした!私の場合はかなり化膿して腫れていたので、膿もかなりの量でした(>_<)切ってもらって膿が出てしまえば、痛みは治まり、熱も下がって、それまでの苦痛は無くなってしまうのですが、今度はお尻に開いた穴から常に膿が出続ける状態になります。

しかし、この状態は自然に治ることはほとんどなく、手術しないと完治しません。入院して手術してもらうまでは、常に膿がにじみ出てくる状態なので、そのままにしていると下着が汚れてしまいます。そのため、色んな人は女性用の生理用ナプキンだったり、赤ちゃんの紙おむつ適当な大きさに切って、あてがったりするようですが、私の場合はどっちもイマイチうまくいかなかったので、単にティッシュをあてがっていました。

生理用ナプキンや紙おむつをお尻にあてがうのは、かなりの屈辱です…。

痔瘻の症状について、更に詳しいことはこちらの記事に書いているので、参考になさってください!
痔瘻の症状と痛み!最初は冬場のあの病気みたいです!

スポンサーリンク


完治まではどんな治療が必要?

痔ろうは基本的に手術しないと完治しません

たまに自然治癒する場合もあるので、しばらく経過観察する場合もあります。私も切開してもらってから1週間程度、様子見をしましたが、やっぱり自然には治らなかったので、入院して手術することになりました。

手術方法

手術方法には2種類あります。

それぞれメリット・デメリットがあります。

くりぬき方式
痔ろうのトンネルが深かったり、トンネルが複雑な構造の場合に、痔ろうのトンネルの膿んだ部分をくりぬく方式の手術になります。

【メリット】
複雑な痔ろうでも手術可能
肛門括約筋へのダメージが最小限

【デメリット】
痔ろうの取り残しやすく、再発率が高い(15%程度)
完全に傷が治るまで、排便時の痛みが強い場合がある


開放方式
痔ろうのトンネルが浅い場合は、痔ろうのトンネルを切り開いてしまう解放方式の手術になります。

【メリット】
再発率が低い(2%程度)
排便時の痛みはほとんど無い

【デメリット】
複雑な痔ろうには使えない手術方法


私の場合は開放方式でした。

病院にもよりますが、どちらの手術も腰椎麻酔で行う場合がほとんどです。手術前日の夜から飲食を止めて、当日の朝は下剤や浣腸で腸の中をすっきり空っぽにしてから手術になります。手術時間は痔ろうの複雑さにもよりますが、15分~30分程度とあっという間に終わります。

手術自体は麻酔のせいで、何の感覚もないので、痛みどころか何されてるのかも分かりません。膿を出す時にお尻を切られた痛みの方が何倍も苦しかったくらいですので、手術は何にも怖くないです。

手術後

手術が終わってしまえば、後は肛門を清潔に保って、手術の傷が治るのを待つだけです。

とは言っても、トイレの時に手術でできた傷の横をウンチが通過するのは不安ですよね?私も手術翌日の初めてのウンチの時はとても不安でしたが、実際痛みはほとんどありませんでした。

ただ、排便後にお尻をシャワーで洗わなければいけないのですが、こちらはシャワーが傷に沁みて大変でした!大体数日で傷は沁みなくなるのですが、それまではやはりトイレに行くのが怖くなってしまいます。

私の家のシャワー付きトイレは水流を最弱にしてもかなり勢いがあるので、大変でした(T_T)

おススメなのは携帯用ウォシュレットを使うことです。

管理人おススメの携帯用ウォシュレットはこちらです ⇒ 携帯用ウォシュレット

これなら水流も弱いので、刺激が少ないです。

傷が治った後も、旅行などでシャワー付きトイレが無い場所に行くときなどに便利なので、準備しておくと良いですよ!

スポンサーリンク


まとめ

016753
痔ろうはあまり知られてなく、私も自分が痔ろうになるまで、こんなに大変なものだとは知りませんでした。痔ろうになる人はあまり多くなく、また、実際になった人も恥ずかしくて隠していることが多いので、私の体験が少しでもお役に立てばと思います(^_^;)


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ