紫外線アレルギーの対策と予防法!この食べ物に気を付けろ!



現代は様々なアレルギーを持っている人が増えています。軽いものまで含めれば、健康な人でも何らかのアレルギーを持っていると言われています。

最近は環境汚染などが原因で、様々なアレルギーが出てきています。そんなアレルギーの中でも特殊なのが、紫外線アレルギーです。

私も年齢と共に肌が弱くなったせいか、紫外線を浴びると皮膚が火傷したようにヒリヒリしてしまうので、紫外線ケアについて色々と学び紫外線アレルギーのことも徹底的に調べてみました。。

紫外線アレルギーは、原因になるのが紫外線なので、日焼けとは違い、対策が少し特殊です。

そこで、今回は紫外線アレルギーの対策と予防法、気を付けた方が良い食べ物についてお伝えします。

スポンサーリンク


紫外線アレルギーの対策

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s
紫外線アレルギーとは、紫外線を浴びることによって、肌に湿疹水膨れができたり、目が染みて涙が止まらなくなるなどの症状が出ることです。

詳しい症状はこちらの記事に書いてあります。
紫外線アレルギーの症状と原因!皮膚や目の症状を徹底解説!

この紫外線アレルギーの原因は、紫外線だけだけではありません。紫外線以外にも原因があるため、次のような対策が必要になります。

  • 食べ物
  • 薬を変える
  • 服装
  • 日焼け止め
  • サングラス

実は紫外線によって体内の物質などが、アレルギーの原因物質になってしまうことがあるのです。そのため、外からくる紫外線と体の中に入れる食べ物の両方に対策が必要になります。

その対策を順番に見ていきましょう!

食べ物

8380ac9391d860bb78d0d84fd491da9a_s
実は食べ物の中には、紫外線アレルギーの抗原の基になる物質が含まれていることがあります。

その抗原の基になる物質はソラレンといいます。このソラレンは紫外線を吸収する性質があるため、紫外線に対するアレルギー反応を助長してしまいます。

ソラレンは次のような食べ物に含まれています。

  • レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツ
  • きゅうり
  • パセリ、クロレラ、セロリ、大葉などの香草類

特に柑橘系のフルーツはビタミンCが含まれているため、お肌に良いとされています。また、きゅうりでお肌をパックすることもよくあると思います。

しかし、柑橘系フルーツを食べた直後や、きゅうりパックをした直後に太陽光の下に出るのは、かえってお肌にとても良くない事なので、十分注意してください。

薬を変える

抗生物質などの一部の薬は、紫外線を浴びることによって、体内でアレルギーの原因物質に変化してしまいます

紫外線アレルギーの原因になる可能性がある薬には次のようなものがあります。

  • 抗生物質
  • 風邪薬
  • 頭痛薬などの痛み止め
  • 高血圧の薬
  • その他の薬

これらの薬を飲んでいる時に、アレルギー症状が出るのを気付いたら、飲んでいる間は、日光を避けるか、薬を変えるようにしてください。

服装

食べ物や薬が原因でない場合は、紫外線対策をするしかありません。長袖で襟のある服裾が足首まで届くズボンなどを履いて、紫外線が皮膚に届くのを防いでください。

ただし、紫外線が強い夏場は、暑い時期です。そういった時期に完全に紫外線を通さないほどの厚手の服は、厳しいと思います。

最近は紫外線を完全にカットする日傘も売っているため、そういったものも併用して対策をしてください。

日焼け止め

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s
紫外線対策を服装だけでするのは、困難です。

夏場の暑い季節は、厚手の服は厳しいため、日焼け止め紫外線をカットする機能のある化粧品と組み合わせて対策をしてください。

ただし、日焼け止めや化粧品は時間と共に落ちてしまうので、こまめに直してください。

サングラス

b11c42fadf3a4bc0e861c15f7449e27a_s
紫外線アレルギーの症状は目にも出ます。そのため、サングラスなどで目に入る紫外線の対策もしてください。

ただし、サングラスなら何でも良いというわけではなく、ちゃんと紫外線を遮断する機能のある物を選んでください。

参考までに紫外線カット機能のあるサングラスを紹介しておきます!
紫外線カットサングラス

ここまでは紫外線対策の方法をお伝えしてきました。しかし、紫外線アレルギーの対策をする上で、気を付けるべきことがあります。

今度は紫外線対策の注意点を見ていきましょう。

スポンサーリンク


紫外線対策の注意点

146939
紫外線対策は、気を付けるべきポイントがあります。ただ紫外線を浴びないようにすれば良いというものではありません。

具体的に注意する必要があるのは、次の2点です。

  • いきなり強い日光を浴びない
  • 日焼け止め自体が原因になることもある!

順番に説明していきます。

いきなり強い日光を浴びない

e5da8daff99821be43acb1076a12f56c_s
紫外線アレルギーは、光線過敏症と呼ばれる症状の内の1つです。光線過敏症は強い日光を浴びることで、健康な人でも一時的に、紫外線アレルギーなどの光線過敏症の症状が現れることがあります。

紫外線は人間にとって有毒な物なので、普通の人でも紫外線に対しては、体は敏感に反応します。

そのため、紫外線対策がいくら万全でも、いきなり強い紫外線を浴びると、アレルギー症状が出てしまうのです。

こちらの記事に書いたように、紫外線は5月~7月が最も強い時期です。紫外線対策が万全であっても、この時期は特に過信するのは禁物です!
紫外線の多い時期や時間帯は?グラフで分かりやすく解説!

日焼け止め自体が原因になることもある!

紫外線を防ぐための日焼け止めや化粧品は、紫外線対策として、とても有効です。しかし、それらの化粧品が紫外線アレルギーの原因になることがあるのです!

日焼け止めや化粧品の中には、紫外線を浴びることで別の物質に変化してしまうものがあります。

そして、それらの変化した物質が、新たなアレルギーの原因物質になってしまうのです。

そのため、日焼け止めや紫外線カット機能のある化粧品を使っても、アレルギー症状が改善しなかったり、むしろ悪化してしまったりすることがあります。

そのような場合はお使いの日焼け止めや化粧品を変えて様子を見てみてください。

スポンサーリンク


まとめ

38dccd8cf6cfdf8f1dd216416d061a55_s
今回は紫外線アレルギーの対策についてお伝えしました。

紫外線アレルギーは、日焼けと勘違いしやすいため、正しい対策をしないと症状が良くなりません。

また、お肌のためと思って食べている物が逆効果ということもあるため、紫外線アレルギーの正しい知識を身に付けることが大切です。

具体的には次のような対策を心がけてください。

  • ソラレンを含む食べ物に注意する
  • 抗原になる可能性のある薬に注意する
  • 紫外線を防ぐ服装をする
  • 日焼け止めや紫外線を防ぐ化粧品を使う
  • 紫外線カット機能のあるサングラスをする

紫外線アレルギーがある人はこれらのポイントに注意してください。

ただし、自分が紫外線アレルギーかどうかは、自分で判断せず、必ず病院で診断してもらうようにしてくださいね!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ