紫外線アレルギーの症状と原因!皮膚や目の症状を徹底解説!



最近はオゾン層の破壊などの環境破壊により、紫外線が強くなっていると言われています。そうなると気になるのが、日焼けや皮膚ガンなどです。

若い頃は紫外線対策など気にしませんでしたが、最近では紫外線対策を怠ると、皮膚が真っ赤になって火傷したようになってしいます。

段々とただ日焼けするだけでは済まなくなってきているので、紫外線と皮膚の関係について、色々と調べてみました。

すると、タダの日焼けや皮膚の火傷とは違う、紫外線アレルギーという皮膚のトラブルの存在を知りました。もし、自分が紫外線アレルギーだと知らないで生活していると大変です。

そこで、今回は紫外線アレルギーの症状と原因についてお伝えします。

スポンサーリンク


紫外線アレルギーの症状

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s
紫外線アレルギーとは、日光アレルギーとも呼ばれ、光線過敏症という病気の内の一つです。自分が紫外線アレルギーであることはなかなか気付きにくいのが特徴です。

紫外線アレルギーは大別すると次の3つのような場所に症状が出ます。

  • 皮膚
  • その他

これらの症状の特徴を順番に見ていきましょう。

皮膚

皮膚の紫外線アレルギーは次のような症状が出ます。

【皮膚の症状】
  • 丘疹
  • 丘疹とは、皮膚が盛り上がった状態のことで、直径1cm以下の物です。

  • 紅斑
  • 紅斑とは、皮膚が赤く腫れたような状態になることです。

  • 水疱
  • 皮膚にぷくっとした水が溜まった袋ができます。

  • 蕁麻疹
  • ぶつぶつした発疹ができた状態です。

言葉だけだと分かりづらいと思いますので、画像も参考してみてください。

【丘疹】
db1aae19023c123dadf6259a706e41d4_s
【紅斑】
紅斑
【蕁麻疹】
蕁麻疹

目にも紫外線アレルギーの症状があります。

具体的には次のような症状が出ます。

【目の症状】
  • 充血
  • 目の毛細血管が拡張して芽が充血します。

  • 目が染みる
  • 目が染みる感じがして、涙が大量に出ます。

  • 目がゴロゴロする
  • 目にゴミや異物が入ったようなゴロゴロした感覚が出ます。

その他

紫外線アレルギーは、その名の通りアレルギー症状なので、アレルギーの原因となる抗原が体内でできています。

その抗原が理由で、皮膚や目以外にも次のような症状が出ます

【その他の症状】
  • 頭痛
  • 体内にできた抗原に対するアレルギー反応により頭痛の症状が出ることがあります。

  • 発熱
  • 同じくアレルギー反応によって発熱の症状が見られます。

  • 吐き気や食欲不振
  • アレルギー反応により、吐き気や食欲の低下の症状も出ることがあります。

紫外線アレルギーの症状は、原因が紫外線と気が付きにくく、他の病気と勘違いしやすいことに注意が必要です。


ここまでは紫外線アレルギーの症状を見てきました。しかし、どうして紫外線に対してアレルギー症状がでるのでしょうか?

今度は紫外線アレルギーの原因について見ていきます。

スポンサーリンク


紫外線アレルギーの原因と対策

38dccd8cf6cfdf8f1dd216416d061a55_s
紫外線アレルギーは、言葉の通り、紫外線に対するアレルギー反応です。そのため、日焼けによる皮膚のトラブルとは似てるようですが、同じものではありません。

そんな紫外線アレルギーには、大きく分けて次の2つの原因があります。

  • 元々、抗体が正しく働かない
  • 薬や化粧品が原因

1つ目が内的要因、2つ目が外的要因と呼ばれます。それぞれの原因と対策を詳しく見ていきましょう。

元々、抗体が正しく働かない

全てのアレルギー症状は、抗原と呼ばれるアレルギー反応の原因となる物質が引き金となって起きるものです。体内に抗原が入ることで、体は異物である抗原に対抗するために、抗体をたくさん作りだします。

しかし、抗体が作られ過ぎたり過剰に反応してしまうことで、自分の体に害を起こしてしまうことがあります。これがアレルギー症状です。

紫外線アレルギーも同じように、紫外線が抗原となって、体内で紫外線に対する抗体が作られるのですが、その抗体が異常に働いてしまうことで、皮膚にトラブルを引き起こすのです。

このような自分の体質による内的要因の場合の対策は、抗原である紫外線を浴びないようにするしかありません。

UVカット機能のある日傘や、長袖のシャツ日焼け止めなどが有効です。

薬や化粧品が原因

紫外線アレルギーには、紫外線自体が抗原にならないタイプがあります。

服用している薬や化粧品、時には食べ物などに含まれている物質が、紫外線を浴びることで、抗原となる物質に変化してしまうのです。

中には紫外線対策のために使っている日焼け止めが、抗原になる場合もあります

この場合は原因となっている薬や化粧品を使うのを止めたり、食生活を見直すことで改善します。突然、紫外線アレルギーの症状が現れた場合などは、これらの原因を疑ってみてください。

紫外線アレルギーの対策については、こちらの記事に更に詳しく書いているので、参考になさってください。
紫外線アレルギーの対策と予防法!この食べ物に気を付けろ!

スポンサーリンク


まとめ

e5da8daff99821be43acb1076a12f56c_s
今回は紫外線アレルギーの症状と原因についてお伝えしました。

紫外線アレルギーは原因が日光であることを特定し辛いため、なかなか気付きにくいのが特徴です。赤くなったり水ぶくれができることがあるため、日焼けと勘違いしやすいので注意が必要です。

またこちらの記事に書いたように、特に紫外線が強い時期は、5月~7月なので、この時期に症状が強くなるのであれば、紫外線アレルギーの可能性を疑ってみた方が良いかもしれません。
紫外線の多い時期や時間帯は?グラフで分かりやすく解説!

いずれにしても、素人では見分けるのはなかなか難しいため、皮膚や目に原因不明のアレルギー症状が出たら、自分で判断せずに病院で診てもらってくださいね


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ