アイスクリームで頭痛がする原因!冷たいものを安心して食べる方法!



暑い時期になると、アイスクリームやかき氷などの冷たい食べ物が、恋しくなるものです。

しかし、冷たいものを一気に食べた時に、決まって起きるのが頭痛です!私などは氷を浮かべた冷たい飲み物をぐいっと飲んだだけでもキーンと痛くなってしまいます。

もはや、夏の風物詩と言っても良い、あのキーンとくる頭痛は一体なぜ起きるのでしょうか?

そこで、今回はアイスクリームやかき氷などの冷たいものを食べた時の頭痛の原因と、頭痛にならない方法をお伝えします。

スポンサーリンク


アイスクリームやかき氷を食べた時の頭痛!

bd85608f6c4b105841552e0da5836072_s
冷たいものを食べた時のキーンと来るあの頭痛、すぐに治まると分かっていても、かなり激し痛みで辛いものですよね!

実はこの頭痛には医学的なちゃんとした名前があります。

名付けて「アイスクリーム頭痛」と言います。

この辛いアイスクリーム頭痛の原因は次の2つと言われています。

  • 脳の血管が急に広がって、痛みを引き起こす
  • 神経が冷たさを痛みと間違えてしまう

何だか難しいそうな理由ですね。まずはこれらのアイスクリーム頭痛の原因について、順番に分かりやすく説明していきます。

脳の血管が急に広がって、痛みを引き起こす

223534
人間の体には体温を一定に保とうとする働きがあります。そのため、冷たいものを一気に食べたり飲んだりすると、体は下がった体温を上げるために、血管を拡げて血が流れる量を増やすことで、体温を上げようとします。

冷たいものを食べた時の血管の拡がり方は、食べた物が冷たく、量が多いほど、急激になります。血管の拡がりが急激に起きると、血管の周りに炎症が起き、付近にある三叉神経に痛みを感じさせるのです。

三叉神経とは、人間の頭部を通っている感覚や痛みを伝える神経です。三叉神経と難しい名前で呼んでも、頭の部分に集中してあるだけで、感覚と痛みを伝えるのは、他の神経と一緒です。

そのため、今後は単に神経と呼ぶことにします(^_^;)

さて、実はこのメカニズムは、偏頭痛と似ています。そのため、偏頭痛持ちの人は、アイスクリーム頭痛が起きやすいという特徴があります。

偏頭痛の原因はこちらの記事に書いているので、良ければご覧ください。
偏頭痛の原因はセロトニンの過剰!対処方法はストレスを溜めない事!

神経が冷たさを痛みと間違えてしまう

2d2979f8b2c568b5070345368411f755_s
感覚や痛みを伝える神経は喉にもあるため、冷たいものを飲んだり食べたりすると、喉の神経を刺激します。

しかし、神経は急激に冷やされることで、冷たさを痛みと誤解してしまうのです。そのため、脳は冷たさを痛みと勘違いして、頭が痛くなったと感じてしまうのです。

確かにドライアイスなどを手で掴むと、冷たいというよりも、痛いと感じてしまいますが、あれと似てるのかもしれませんね…。

ちなみにこのアイスクリーム頭痛ですが、私はアイスクリームを食べた時よりも、かき氷を食べた時の方が一気にキーンとくるイメージです。

それもそのはず、実はアイスクリームは細かい空気の泡がたくさん含まれているため、体が冷えるスピードが、かき氷よりも少し遅いのです。一方でかき氷の方は基本的に氷そのものです。そのため、一気に体が冷えるのでアイスクリームより痛みが激しいのです。


というわけで、ここまではアイスクリーム頭痛の原因を見てきました。

では、アイスクリーム頭痛にならないためには、どうすれば良いのでしょうか?今度はアイスクリーム頭痛にならないための対策を見ていきましょう!

スポンサーリンク


アイスクリーム頭痛にならない方法

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
アイスクリーム頭痛の痛みはかなりの激しさです。ほんの数秒で治まりますが、やはり痛くならない方法は知っておきたいところですよね!

そんなアイスクリーム頭痛にならないための方法は次の2つです。

【アイスクリーム頭痛を防ぐ方法】
  • ゆっくり食べる
  • アイスクリーム頭痛は、普通の状態から冷たいものを一気に食べることで起きます。このギャップが急激だと、頭が痛くなるのです。そのため、最初だけゆっくり慎重に食べるようにすれば、体が慣れて頭痛が起きなくなります。

  • 温かいものと一緒に食べる
  • 冷たいものを食べた直後に、常温の水やホットコーヒーを飲むことで、体の体温を上げるための極端な反応を和らげます。

注意すべきポイントは冷たいものを食べ始めた瞬間だけです。最初だけこれらのポイントに気を付けて冷たいものを食べれば、後は体が慣れてくるので大丈夫です!


しかし、いくら気を付けていても、やはりアイスクリーム頭痛が起きてしまうかもしれません。

そこで、今度はアイスクリーム頭痛が起きてしまった時の対処方法を紹介します!

スポンサーリンク


アイスクリーム頭痛の対処方法

482091
世の中にはアイスクリーム頭痛が起きない人もいます。冷たいものに対する体の反応は様々なので、そういった人は冷たいものに対して過剰な反応を示さないのです。

しかし、これは生まれつきの体質です。残念ながら訓練すればこのようになれるわけではありません

では、アイスクリーム頭痛が起きてしまう人は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

それは、ズバリ、痛くなった場所を冷やすです。

冷たいものを食べて頭が痛くなっているのに、こんなことをしたら、もっと痛さを悪化させてしまいそうな気がします。

しかし、痛くなっている場所は、血管が拡がることで、周りの神経に痛みを発生させています。そのため、冷やすと拡がり過ぎた血管を元に戻すことができます。

また、痛くなっている場所では、炎症が起きているため、冷やすとその炎症も抑えることができるのです!

なかなか思いつかない対処方法ですが、是非お試しください!

スポンサーリンク


まとめ

146939
今回はアイスクリームやかき氷などの冷たいものを食べた時に起きる、アイスクリーム頭痛についてお伝えしました。

アイスクリーム頭痛は冷たいものに対する体の過剰な反応脳の勘違いが原因です。

アイスクリーム頭痛にならないための方法をおさらいすると次の2つです。

  • ゆっくり食べる
  • 温かいものと一緒に食べる

これらの2つを冷たいものの食べ始めにだけ気を付ければ、体が慣れてアイスクリーム頭痛が起きることを防ぐことができます。

夏場は冷たいものが恋しくなる季節なので、是非これらのポイントに気を付けて、美味しいアイスクリームを食べてくださいね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ