すいませんとすみませんの違い!正しい使い方を徹底解説!



日本語は日本人でも間違って、使っていることがよくあります。難しい表現や曖昧で間違いやすい言葉など色々ありますよね。

私も良く間違った日本語の使い方を指摘されます。この前言われたのが、「すいません」じゃなくて「すみません」て言った方が良いよというものでした。

すいませんは間違った言葉なのでしょうか?疑問に思った私は調べてみました!

そこで、今回はすいませんとすみませんの違いと正しい使い方を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


すいませんとすみませんの意味

76e95f4f72a0b7057a810ebed0e54d2b_s
すいませんとすみませんは、そもそもどういう意味なのでしょうか?

早速、解説していきたいと思います。

すいませんとすみません

すいませんとすみませんの意味を辞書(goo辞書)で調べてみました。

【すいませんの意味】
[連語]「済みません」の俗な言い方。

【すみませんの意味】
《動詞「す(済)む」の連用形+丁寧の助動詞「ます」の未然形+打消しの助動詞「ん」》「すまない」の丁寧語。相手に謝罪・感謝・依頼などをするときに用いる。「連絡が遅れて―」「お見舞いをいただいて―でした」「―が本を貸してください」

すいませんはすみませんの俗な言い方だったんですね!

意味自体はどちらも同じです。謝罪や感謝、頼みごとをする時などに幅広く使います。

すみませんの語源

では、角度を変えてすみませんの語源を見てみましょう!

すみませんは、済みませんと書きます。辞書にある通り、済まないの丁寧語です。済みませんが元々の意味だけでなく、謝罪や感謝、依頼などの意味が加わった理由は、次のような言葉から、済みませんだけが残ったからだと思われます。

  • 謝っただけでは済みません
  • 何も無しでは済みません
  • ただでは済みません

このようにすみませんは本来は謝罪の意味ではなく、何か過ちをおかした時に、取り返しがつかない事をしてしまった恐れ多い気持ちを表現するものでした。

どっちが正しいのか?

では、すいませんとすみませんはどちらを使った方が良いのでしょうか?

辞書ではすいませんはすみませんの俗な言い方とありますが、会話で使う時はすいませんでも間違いではありません

ただし、冒頭で私が言われたように、すいませんは崩した言い方なので、すみませんと言った方が良いと感じる人がいるのも事実です。

どちらも間違いではないものの、すみませんを使った方が無難なようです。


ここまでで、すいませんとすみませんの意味が分かりました。しかし、言葉は実際に正しく使いこなすことが大切です。

そこで、次はすみませんの正しい使い方を見ていきましょう!

スポンサーリンク


正しい使い方

プリント
すみませんは同のような場面で使うのが良い言葉なのでしょうか?実際の使い方を説明していきます。

すみませんは汎用的な言葉

まず、すみませんは謝罪だけでなく、感謝や依頼などの意味もある汎用的な言葉です。

誰かに行ったことの無い街で、道を教えてもらう時には、すみませんと言って声をかけますし、教えてもらった後もすみませんでしたと言うことができます。

何にでも使える汎用的な言葉なので、あまりすみませんを繰り返すのは、違和感を感じます。

そのため、すみませんは適度に使うのが良いでしょう。

謝罪の時は「申し訳ありません」

すみませんには謝罪の意味がありますが、汎用的な言葉なので、少し軽い印象があります。

特に謝罪する時には注意が必要です。謝罪しなければいけない事が重い内容であれば、すみませんは使わない方が良いです。

ビジネスでは、「申し訳ありません」を使う方が良いです。ビジネス以外でも、すみませんと軽く言うよりも、「すみませんでした」という方がより丁寧に感じます。

もし、謝罪の時のすみませんの使い方に迷うようなら、「ごめんなさい」を使う方が間違いがありません。

すみませんは謝罪の時には、使わないのが無難と覚えておきましょう!

スポンサーリンク


まとめ

2b2c8b94ad48921f2a1e254a62a37ee4_s
今回はすいませんとすみませんの違いについてお伝えしました。

すいませんとすみませんは同じ意味ですが、すいませんはすみませんの俗で崩した言い方なので、すみませんを使う方が良いです。

また、謝罪する時には、ビジネスでは「申し訳ありません」、それ以外では「ごめんなさい」か「すみませんでした」が良いです。

言葉は意味が正しいだけでなく、お互いが気持ちよくコミュニケーションできることが重要なので、正しく使いこなしていきたいですね!

私もすいませんではなく、すみませんと言うように改めようと思います!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ