道路標示のひし形の意味!3割の人しか知らないその意味とは?



自動車運転のルールは教習所でしっかり習ったはずなのに、忘れちゃってることって多くないでしょうか?私は忘れちゃってることが結構多いです。結構重要なことを勉強してるはずなのに、忘れていることがかなり多いです。

例えば車を運転してると道路にひし形の標示があります。あれってなんの意味があるのでしょうか?なんかの目印なんでしょうか?

実は多くの人があの道路のひし形マークの意味を知らないのです。

で、もの凄く気になった私は徹底的に調べてみました。恐らく私のようにあのひし形マークの意味が気になってる人も多いと思います。

そこで、今回は道路標示のあのひし形のマークの意味をお伝えします。

スポンサーリンク


道路標示のひし形

IMG_4131
道路標示のひし形の意味を知ってる人は、3割程度と言われています。私も知りませんでした…。

というわけで、まずはあのひし形の正しい意味からお伝えします。

ひし形の意味

道路にひし形の標示がある時は、その先に「横断歩道または自転車横断帯があること」を意味しています。そう言われてみると、あのひし形の先には確かにいつも横断歩道があります。

IMG_4133
つまり、このひし形の道路標示は歩行者や自転車に注意することを促している標示なのです。

別に横断歩道なんて、見ればすぐに分かるじゃんと思うでしょうが、夜や悪天候の時などでも、分かるようにわざわざ道路標示を付けているのです!

ひし形の道路標示の正式名称

では、このひし形の道路標示は、正式にはなんという名前なのでしょう?

色々と調べてみましたが、どうやら正式な名前は無いようです…。ちゃんと名前を付けてないから認知度が低いんじゃないのかと思ってしまいました。

とりあえず「ひし形の道路標示」だと回りくどいので、以下、ひし形と呼ぶことにします!

スポンサーリンク


ひし形がある時の正しい運転

というわけで、改めて道路にひし形があるのが見えた時の正しい運転方法をお伝えします!

ひし形は横断歩道や自転車横断帯の手前、30m50mの位置に必ず2つあります。

ひし形
ひし形が見えたら歩行者や自転車の存在に注意しつつ、横断歩道や自転車横断帯の手前で停止可能な速度に、徐々に減速するのが正しい運転です。

せっかく、道路にひし形が書いてあるので、是非、頭の隅に入れておいてくださいね!

スポンサーリンク


まとめ

道路標示のひし形は、この先に「横断歩道または自転車横断帯があること」を意味している物でした。

ちなみに私は車が車線の真ん中をちゃんと走っているか確認するための印だと思ってました…。

こんなんで、このひし形マークは役に立ってるといえるんでしょうかね~。この記事が少しでもこのひし形の認知度を上げるために、役に立てば幸いです。

皆さんはまずはこのひし形の正しい意味を知った上で、歩行者や自転車に注意した安全運転をしてくださいね!


スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ