大相撲の懸賞一本の金額は?懸賞の仕組みと作法を解説!



大相撲の取り組みを見ていると、たまに取組前に懸賞をかけている企業の旗が土俵の周りを回っています。大相撲を観ている時のおなじみの光景です。

しかし、お馴染みでありながらも、大相撲の懸賞のことは知らないことが多いことに気づきました。そこで、懸賞の金額や受け取る時の作法、懸賞のかけ方など調べてみたのですが、面白いことばかりでした!

というわけで、今回は大相撲の懸賞一本の金額や仕組みについてお伝えします!

スポンサーリンク


懸賞の金額

IMG_2874
さて、早速勝利力士がもらっている懸賞の金額について見てみましょう!実は力士は懸賞としてかけられた金額の全てを貰っているわけではありません。

内訳は次の表のようになっています。

【大相撲の懸賞の内訳】
分類 金額 備考
総額 62,000円
力士に手渡される分 30,000円 取組後に勝利力士に直接手渡される
相撲協会の手数料 5,300円 相撲協会の事務手数料という名目
口座に預金される分 26,700円 力士が納税する時のためという名目

実は勝利力士がもらっている熨斗袋には、現金30,000円がしっかりと入っています。形だけの熨斗袋なのかと思ったらちゃんとお金が入っているんです!

そして、相撲協会に入る5,300円を除いた残りの26,700円は、力士の納税分という名目で勝利力士の口座に振り込まれます。実際に税金のことが頭になく、調子に乗って懸賞金をパーっと使いきってしまう力士が多かったために、このような内訳になっているようです。


では、この懸賞はどうすれば懸けることができるのでしょうか?次は懸賞をかける方の方法について見てみましょう!

スポンサーリンク


懸賞のかけ方

IMG_2856
今度は懸賞をかける方法を説明します。懸賞をかけるには、以下の流れで進めていきます。

  1. 懸賞をかけることを申し込む
  2. 懸賞旗を作る
  3. 懸賞旗の審査を受ける
  4. 懸賞をかける取り組みを決める

流れにするとこの4つです。順番に見ていきましょう。

懸賞をかけることを申し込む

まずは相撲協会に懸賞をかけることを申し込むことから始まります。懸賞は1本62,000円ですが、申し込む際は最低15本からになります。金額にすると93万円です。15本以上申し込みたい場合は、1本ずつ増やしていくことができます

懸賞を申し込むと会社概要の説明書を提出した後に、懸賞旗の製作に移ります。

懸賞旗を作る

懸賞旗とは土俵の周りを、呼び出しの人が持って歩くための宣伝用の旗です。

懸賞旗のサイズは縦120cm横70cmのものを企業が自分で作ります。旗は会社名を入れなければならず、デザインや記載する文字などの制限を守って作る必要があります。

懸賞旗の審査を受ける

完成した懸賞旗のデザインは、相撲協会のチェックを受け、問題が無ければ懸賞をかけられるようになります。

懸賞をかける取り組みを決める

懸賞金を払い、懸賞旗も完成したら、実際に懸賞をかける取り組みを決めます。懸賞をかけることができる取り組みは中入り後の取り組み、つまり幕内の取り組みのみです。

また、1つの取り組みに、同一企業がかけられる懸賞の本数は5本までです。

懸賞をかける取り組みの指定の仕方は3つあります。

【懸賞をかける取り組みの指定方法】
  • 取り組みを指定
  • 何番目の取り組みかを指定します。順番が後半の方が視聴率が高いですが、他にも懸賞がかかっていると効果は分散してしまいます。

  • 力士を指定
  • 力士を指定します。その力士の取り組みに懸賞がかかります。

  • お任せ
  • 懸賞を掛ける取り組みを相撲協会にお任せすることもできます。「後半の5番のうちで懸賞の本数が少ない取り組み」のように、ある程度条件を指定することもできます。

高見盛が永谷園のCMに出演していた頃は、高見盛の取り組みに永谷園が必ず5本の懸賞をかけていました。そのため、高見盛の相手の力士は目の色を変えて、普段以上の力を発揮してきたため、高見盛は大変だったらしいです…。

取り組みが中止になっちゃったらどうなる?

懸賞がかかっていた取り組みが、力士の休場などで中止になってしまった場合は、懸賞は取り消されて、企業は懸賞をかけなおすことになります。

不戦勝になった力士に懸賞が渡ることはありません。

一般人は懸賞をかけられるの?

一般人は懸賞をかけられるのかは、興味がありますよね?何か宣伝したいものがあれば、一般人でも可能なようです。

過去には相撲ファンの、はなわやポールマッカートニーが懸賞に申し込んだのですが、何も宣伝しないのでは、懸賞をかけられないと断られたため、自分のCDを宣伝する懸賞旗を作ることで、認められたそうです。


さて、最後は懸賞がかけられた取り組みに勝利し、実際に懸賞を受け取る時の力士の作法について見ていきましょう。

スポンサーリンク


懸賞金を受け取る時の作法

286198
懸賞を勝利力士が受け取る際にも作法があります。大相撲を観ていると、勝利力士が手刀を切って、懸賞を受け取っています。実はこの作法にも歴史や、ちょっと変わった作法があります。詳しく見ていきましょう!

元々の由来

大相撲に懸賞がかけられるようになったのは、実は歴史が浅いのです。懸賞制度は古来の伝統に基づいていないため、受け取る時にも特に作法は無く、勝利力士はただ受け取っていくだけでした。

その様子が見た目に良くないと考えた昭和の大関、名寄岩が手刀でという字を描くように、左⇒真ん中⇒右の順で、3回手刀を切ることを始めました。それを見た他の力士も名寄岩を真似して、手刀を切ってから懸賞を受け取るようになったのです。

現在の作法

しかし、懸賞を受け取る際の手刀が、みんなが見よう見まねでやったせいで、力士によってバラバラで統一感が無い状態になってしまいました。そこで、昭和30年頃に元双葉山の時津風理事長が、左⇒右⇒真ん中の順で手刀を切ってから受け取るように統一しました。

左⇒右⇒真ん中の順で手刀を切る根拠は、「勝負を支配する三柱の神様への感謝を表す」というもので、名寄岩が始めたのとは、違う意味になってしまっています。

また、懸賞を受け取る際の作法には、もう1つ面白いものがあります。それは懸賞を受け取る際に、「誤って懸賞を土俵に落としてしまった場合は、足で拾い上げなければいけない」というものです。理由は特に無く、そういう作法だからだそうです。

私は偶然テレビで目撃したことがあるのですが、間違って土俵に落ちた懸賞袋を、足の指でつまんでから拾い上げている姿は、なんだか奇妙でした…。知らない人が見るととても無作法な感じを受けるかもしれませんが、これが正式な作法なんです。面白いですね!

スポンサーリンク


まとめ

5fe9a8c69ee497ac5a45482b4975b822_s
懸賞袋に入っているお金は30,000円でした。懸賞本数の過去最高記録は61本だそうです。つまり、その取り組みに勝った力士は、1,830,000円も貰えたわけですね!

大相撲の給金制度!給料以外にもらえる力士報奨金とは?」の記事にも書きましたが、大相撲はプロスポーツの中でも、安定した収入が得られる上に、実力があれば懸賞金のような特別ボーナスも貰えるわけです。

最近は外国人力士ばかり活躍しているので、是非日本人にも力士になって活躍してもらって、たくさん懸賞金を稼いでほしいものですね!


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ