ふるさと納税の仕組みを簡単に説明!実際のやり方とは?



最近の日本経済は都市部に一極集中してしまい、地方経済は衰退していく一方だそうです。

将来、田舎暮らしを夢見ている私としては、地方経済が衰退していくことは、死活問題です!バラ色の未来のためには、地方にも元気になってもらいたいと切に願っています。

そこで、忙しい私のようなサラリーマンでも、手軽に地方を応援できるふるさと納税をやってみることにしました!実際にやってみたらネットショッピングするかのようで、その手軽さに驚きでした!

というわけで、今回はふるさと納税のやり方と、控除を受けるまでの仕組みを簡単にわかるようにお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク


ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは所得税や住民税を国や自分が住んでいる地方自治体に収める代わりに、他の地方自治体に寄付するという制度です。

そして、寄付した金額から2,000円を引いた額だけ、所得税や住民税が減額されます。

図にするとこんな感じです。

hurusato

↑クリックすると拡大します

寄付した金額分全てが税金から引かれるわけではないのですが、地方自治体の多くはふるさと納税に対して、お礼の品をくれます。その品物の価値によっては、寄付金に対して、お釣りがくるくらいになります。

ふるさと納税の目的

ふるさと納税は地方振興が目的です。大都市以外の地方自治体では、人口の減少や経済の衰退により、税収が減っています。

そのため、大都市部の自治体に集中している税金を、ふるさと納税によって地方の自治体に回して、有効な政策を実施してもらうことで、地方を盛り上げていくことが狙いなのです!

各地方自治体はふるさと納税をしてもらえるように、ふるさと納税をしてくれた人に、様々なお礼の品を用意して、少しでも多くの寄付金を集めようとしています。

ふるさと納税をすることのメリット!

ふるさと納税をすることは、私たちにとっても次のようなメリットがあります。

【ふるさと納税のメリット!】
  • 実質2,000円の負担だけでできる
  • ふるさと納税は5,000円しても、50,000円しても、自己負担額は2,000円だけです。5,000円寄付した人は、3,000円の控除を受けられますが、50,000円寄付した人は48,000円の控除を受けることができるため、寄付金が多いほどコストメリットが出ます。

  • ふるさとじゃなくてもできる
  • ふるさと納税は自分の好きな地方自治体に対してできます。自分の故郷じゃなくてもOKです。そのため、自分が応援したい場所で選んでも、お礼の品で選んでも大丈夫です!

  • 使い道を指定できる
  • ふるさと納税で自分が寄付したお金は、使い道をある程度指定することができます。「子供たちのため」、「高齢者のため」、「社会インフラ整備のため」などを指定することができるのです。

ふるさと納税は寄付金

ふるさと納税と言っても、実際に自分の好きな地方自治体に、税金を納めているのとはちょっと違います。

厳密には自分の好きな地方自治体に、お金を寄付して、寄付した金額の分だけ税額控除を受けるわけです。税金を先払いしているのとは違うので、ここを理解していないと損してしまいかねません。

この辺りの注意点は、後で説明しますね!


さて、次はいよいよ実際にふるさと納税を実際にやってみながら、その手順をお伝えします!

スポンサーリンク


ふるさと納税の手順

それでは、実際に管理人の私が、実際にふるさと納税をしてみながら、手順を説明していきたいと思います。実際のふるさと納税は、ネットショッピングをしているかのような手軽さでできてしまいます。

今回はさとふるというサイトを使って、ふるさと納税をやってみたいと思います。

さとふるのサイトはこちらから行けるので、この手順を見ながら、一緒にやってみてください。
さとふる

まず、最初にさとふるのサイトに行きます。

satohuru1

まずはアカウントを作るために、メールアドレスを登録します。メールアドレスを記入したら「個人情報取扱い規約等の利用規約に同意してメールアドレス確認メールを送信」をクリックします。
satohuru2b

登録したメールアドレスに対して、メールが送られます。
satohuru3b

届いたメールを開くと、メールの下の方にあるリンクがあるので、それをクリックします。
satohuru4b

メールのリンクをクリックするとブラウザのウィンドウが開いて、アカウント登録されます。続けて「会員情報の入力」をクリックして、アカウントの基本情報を登録していきます。
satohuru5

パスワードと電話番号を登録し「入力内容の確認へ進む」をクリックします。
satohuru6b

登録した内容を確認して正しければ「会員登録する」をクリックします。
satohuru7b

これで会員登録は完了です。続けてふるさと納税の寄付をする対象の自治体を選びます。今回はお礼の品で選びたいので、「お礼品から探す」をクリックします。
satohuru8

今回は魚介類の中から選びたいと思います!
satohuru10

へしこを肴にお酒を飲みたいので、こちらを選びたいと思います。
satohuru11

ふるさと納税の実施先がここで問題無いことを確認したら、「この地域の寄付手続きへ進む」をクリックします。
satohuru12

「個人情報取扱い規約等の利用規約に同意する」にチェックを入れて、「寄付情報の入力へ進む」をクリックします。
satohuru13b
satohuru14

住所、氏名、電話番号などの必要情報を記載してください。お礼の品や寄付の証明書などはここに記載した宛先に届くので、正しい情報を記載してください。
satohuru15b
satohuru16b

お礼の品の配送先や登録した情報に、間違いないことを確認したら、「上記注意事項に同意の上、送信する」をクリックしてください。
satohuru17b
satohuru18b

とりあえず、これでふるさと納税は完了ですが、更に「寄付金の使い道を指定する」をクリックすると、寄付金の使い道を指定することもできます。
satohuru19

希望する寄付金の使い道を選択してください。福井県美浜町の場合は1つしか選べなかったので、「まちの振興と活性化に資する事業」を選びましたが、通常は複数から選ぶことができます。選んだら「決定する」をクリックしてください。
satohuru20

使い道を指定したらふるさと納税は完了です!
satohuru21

後はお礼の品と寄付証明書が、送られてくるのを待つだけです!今回は私自身がさとふるで、ふるさと納税を実施してみました。実に様々なお礼の品があって、中にはユニークなものもありますよ!

ちなみに今回の寄付に対してのお礼は、数日後に送られてきました!寄付した自治体によって、早さは違いますが、予想以上の早さでした!
IMG_4213
IMG_4216

ふるさと納税はとても簡単なので、是非やってみてくださいね!
さとふる

このようにふるさと納税の手順は、とても簡単です。しかし、間違うと損してしまう場合もあるため、ちゃんと注意点を押さえておく必要があります。今度はその注意点を見ていきましょう!

スポンサーリンク


注意点

166122
ここまで読むとなんだか得する事ばかりな気がするふるさと納税ですが、実は注意しなければいけない点もあります。

主な注意点は次の3つです。

  • 住民税は戻ってくるのではなく、翌年に収める分が減る
  • 確定申告が必要!
  • ふるさと納税には限度額がある

これらのポイントだけは、ちゃんと理解していないと場合によっては、損してしまいます。それぞれの注意ポイントを説明していきますね!

住民税は戻ってくるのではなく、翌年に収める分が減る

寄付した金額のうち、所得税の控除分は、指定した銀行口座に振り込まれますが、住民税の控除分は翌年の住民税から減額される形で戻ってきます。

ここを理解していないと、寄付した金額のほとんどが戻ってきてないような錯覚に陥るのでご注意くださいね!

確定申告が必要!

ふるさと納税をしても、それだけで税金が控除されるわけではありません。ふるさと納税による税金の還付と控除を受けるには、確定申告が必要です。ここがいちばん注意が必要なポイントです!

確定申告すらしたことが無い方も多いと思います。この確定申告を忘れてしまうと、控除を受けられないことになるので、注意してくださいね!

確定申告で税額控除を受けるには、ふるさと納税をした後にしばらくして送られてくる、寄付証明書が必要なので、なくさないようにしてください。

ちなみに次の条件を満たす場合は確定申告が不要になります。

  • 所得税の確定申告をする必要が無い人(サラリーマンなど)
  • 寄付をした自治体の数が5つ以下の人

この条件を満たしている場合は、ふるさと納税の寄付をした地方自治体に「ワンストップ特例申請書」を郵送で提出すれば、確定申告が不要になります

ワンストップ特例制度のやり方はこちらの記事に詳しく書いているので、良ければ参考になさってください!
ふるさと納税の確定申告は不要!ワンストップ特例制度のやり方!

確定申告は慣れないと、分からないことだらけで難しく、面倒なことも多いです。そのため、サラリーマンであれば寄付対象の自治体を5つまでにとどめておく方が良いと思います。

その他、確定申告のやり方についても、さとふるのサイトに書いてあるので、参考にしてみてください!

ふるさと納税には限度額がある

ふるさと納税で寄付できる金額には限度があります。この限度額を超えて寄付した場合、自己負担額が2,000円より多くなってしまうため、要注意です!

自分の限度額がどれくらいなのかは、事前にしっかりチェックしておいて、うっかりオーバーしないように注意してください!

ふるさと納税の上限額は、収めている住民税の20%です。正確な限度額のチェックもさとふるのサイトで、実施可能なのでちゃんと確かめておいてくださいね!
さとふるの控除額シミュレーションページ

スポンサーリンク


まとめ

73e1eaa4a85726529a5931010bb417cf_s
今回はふるさと納税の仕組みとやり方をお伝えしました。

ふるさと納税はとっても簡単にできます。確定申告が必要な場合だけ面倒ですが、自分が応援したい地方自治体に寄付することで、税金が控除されるというのは、実質、自分が納める税金の使い道を自分で決めているようなものです。

是非、積極的に利用して、地方を応援しながら、お礼の品でちょっとした贅沢をしてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ