山の日が祝日になった理由!なぜこんなに休みが必要なの?



2016年から、8月11日は「山の日」という祝日になりました。

これで祝日がない月は6月だけとなりました。休みの日が増えるのは嬉しいことですが、どうせ法律で、国全体の休みを作るなら、もうちょっと工夫してみれば良いのになぁと思ってしまいました。

日本はなぜこんなに祝日を増やす必要があるのでしょうか?

そこで、山の日がなぜ祝日になったのかその理由を見つつ、日本社会の祝日の現状と、私の思うところについて書いてみました。

スポンサーリンク


山の日とは

7860d75f49a19521bc207b2f0499ecf2_s
さて、祝日のことについて、あれこれ書く前に、今回追加になった「山の日」はどんな日なのでしょうか?

「山の日」は2016年の8月11日から、祝日になる8月11日固定の祝日です。日本は国土の7割が山地ということもあり、「山に親しむ機会を持って、山の恵みに感謝する」という趣旨のもとに2014年に制定されました。特に由来らしいものも無く、海の日ができたのなら山の日もということで、日本山岳会を初めとする山岳関係の諸団体や、地方自治体などの働きかけから、2013年に超党派の「山の日」制定議員連盟が発足し、議論を重ねてきました。

その中で、いくつかの候補日から、8月12日が最初に上がりましたが、日航機墜落事故の日ということもあり、その日をお祝いするのは違和感があるとの理由から見送られました。

そのため、8月12日の1日前で、お盆休みと連続させやすいという理由から8月11日に決まりました。ただし、今は8月11日ですが、山の日もいずれハッピーマンデーになると言われています。

ちなみに山の日以外の国民の祝日については、こちらの記事に詳しく書いてあるので、良ければご覧ください!
祝日と祭日の違い!現在は祭日は無いって知ってましたか?

スポンサーリンク


固定の祝日はもういらない!

49a012cfbd9a551f9035eaac1cab3e44_s
ところで、山の日ができたことで日本の祝日の日数は16日になりました。これは先進国の中でも、トップクラスの多さです。

そもそも何で日本は祝日が多いのか?

働き過ぎと言われる日本が、以外にも最も多く祝日があるのはなぜでしょうか?

理由の一つに挙げられるのは、経済効果です。祝日には多くの人が行楽に出かけて、たくさん消費するため、経済効果があります。日本人の有給休暇取得率は、先進国の中でも最下位のため、国の法律で祝日を増やすことで、国民に休みを取らせて、経済効果を上げる狙いがあるわけです。

近年導入されたハッピーマンデー(一部の祝日を月曜日固定にする)も、連休を増やすことで、国民がよりたくさんの消費行動をすることが目的の一つとしてあります。

国民が一斉に休むことの限界

しかしながら、国が定めた祝日に一斉に国民が休むと、どうなるでしょうか?

当然、行楽地は混雑します。高速道路は渋滞し、観光地もたくさんの人が詰めかけて、ゆっくり楽しむこともできません。テーマパークも混雑して、アトラクションも長蛇の列です。それでいて、料金は休日料金で普段よりも高くなっています。

これらの場所は平日に行けば、渋滞にも巻き込まれず、ゆったりと安価で楽しむことができます。実際のところはお休みの日は、混むからという理由で、出かけない人も多いのではないでしょうか?ただ、やみくもに祝日を増やしても、十分なリフレッシュ効果も得られず、経済効果も最大限に得られているとは言い難いのではないでしょうか?

新しい祝日の考え方「移動祝日はいかが?」

というわけで、管理人の私は考えました!

どうせ祝日を増やすなら、日付を固定にするのではなく、例えば各企業それぞれに年間で何日間か全社一斉に休業する日を義務付けるのはどうでしょうか?既にお盆とか年末年始は、全社一斉に休業の会社も多いですが、全国的に休み時期では意味が無いですし、日数自体もまだまだ少ないので、それ以外の時期に義務付けるわけです。

国民が休日を取る日が分散すれば、お休みを取る人は、色んなサービスをゆったりと堪能することができて、もっと休日を楽しむことができます。また、観光産業も普段客が来ない時期にも売り上げが上がることになり、こっちの方がもっと経済効果があると思います。

スポンサーリンク


まとめ

467ecc44bd971140859addfde332c340_s
とは言え、一番良いのは、有給休暇の取得率がもっと上がるように、日本社会の文化や、企業風土、国民一人一人の意識が変わっていくことですよね。有休取得率が上がることが一番ですが、社会全体が変わるには時間もかかるので、こういった工夫をしてみてもいいのではないでしょうか?

私も日本社会がもっと有給休暇を取りやすい社会になるように率先して、お休みを取るようにします!…などと、仕事を休むことを正当化する管理人でした!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ