セミの種類と分布!普段鳴き声を聞いてるセミはコレだ!



夏になると、日本中いたるところで響き渡るのがセミの声ですね。

セミの鳴き声を聞くと夏本番といった感じがしますよね!そんな日本の夏と切っても切り離せない、セミについて色々調べてみました!

スポンサーリンク


セミの種類と鳴き声

日本だけでも実に多種にわたるセミが生息しています。ここでは代表的な種類のみ紹介します!

062946

ニイニイゼミ

日本全土に生息する小型のセミです。

鳴き声は「チーーーーーーーー」と長く引っ張る感じの鳴き声です。日本全土に生息するとのことですが、個人的にはあまり聞き慣れない鳴き声だったので、うちの近所には住んでないのかもしれませんね。

クマゼミ

八重山諸島・九州から三浦半島くらいまでの南関東に生息しています。

鳴き声は「ジジジジジジジジジーーーーー」とフェードアウトする感じの鳴き声で、凄くうるさいセミです。最近は北関東にまで、生息域が広がってきているようです。公園などの植樹などによって、根っこに幼虫が付いたまま南から北に植え替えられて、移動してきてるみたいです。

アブラゼミ

日本全土に生息する、代表的なセミです。

鳴き声は「ジリリンジリリンジリリンジリリリリリリリ…」といった感じです。

ヒグラシ

日本全土に生息しています。

鳴き声は「ケケケケケケケケ」といった感じで、最後はフェードアウトします。夏休みのお盆を過ぎた頃に涼しげでどこか寂しい鳴き声が、個人的には風情を感じて一番好きです!

エゾハルゼミ

日本全土に生息していますが、涼しい所を好むので、関東地方より南だと山などの標高の高い所に住んでいます。

鳴き声がとてもユニークで「ヒョーキン、ヒョーキン、ケケケケケケケケ」といった感じでしょうか…。実際に聞いたことが無いので、生で聞いてみたいですね!

ツクツクボウシ

日本全土に生息するセミです。

鳴き声は名前の通り「ツクツクボウシ、ツクツクボウシ」です。個人的には最もよく鳴き声を聞くセミで、声を聞いてるだけで暑さを感じて汗がにじんでくるような、夏を感じさせるセミです(^_^;)

ミンミンゼミ

日本全土に生息するセミです。

鳴き声は名前の通り「ミーン、ミンミンミンミンミン、ミ~~~~ン」です。個人的にはツクツクボウシと同様、夏を感じさせるセミです。鳴き声を聞いてるだけで暑くなってきます…。

チッチゼミ

日本全土に生息する小型のセミです。

鳴き声は「チッチッチッチッチッチッチッチッ」といった感じで音量は小さいです。個人的にはあまり聞き慣れないですが、音量が小さいせいで、聞き逃してるのかもしれませんね。

スポンサーリンク


知ってるつもり?!セミの意外な知識

セミは日本全土そこらじゅうにいる昆虫ですが、以外に知らないことが多くあります。

そんな以外に知らないセミの知識を紹介します!

711eea4fc299d7bbe4bd4180d273e295_s

実はセミはとても長生き!

セミの寿命は1週間とよく言われ、短命なことの代名詞になっていますが、実は自然界では1カ月程度は生きているそうです。

なぜ1週間と思われているかというと、セミはとてもデリケートな昆虫で、飼育が難しく、捕獲して飼っていても1週間程度で死んでしまうので、セミは短命だと誤解されています。実際には成虫になってから1カ月程度いきていますし、そもそも地中で3年~17年も暮らしているので、昆虫の中でもトップクラスの寿命の長さです!

セミの寿命が短いと誤解されている理由やセミの一生については、こちらの記事にも詳しく書いているので、良ければご覧ください!
セミの寿命はなぜ短いと思われてる?実は凄く長いのです!
セミの幼虫の期間はどれくらい?その長い一生を解説!

セミって食べると美味しい?

友人が沖縄出身の人と歩いていて、セミの鳴き声が聞こえてきたので、友人が「セミの鳴き声が聞こえて、すっかり夏だね~」と言ったところ、その沖縄出身の人は「本当だ美味しそう!」と言ったそうです!

なんと沖縄では、セミを食べる食文化があります!一般的に沖縄では翅と脚と胸の固い部分を取って炙って、食べるそうですが、その沖縄出身の人は生で食べちゃうそうです…。まぁ、世界中どこでも、色んな食文化がありますよね。私はさすがに食べるのは無理ですが…。

0fd20acc35f024ea3bfe8bbf7df468d2_s
スポンサーリンク


まとめ

知ってるようで知らないセミについて、お伝えしました!

もし、お子さんがいれば、セミを自由研究のテーマにしても良いかもしれませんね!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ