母の日に贈るカーネーションの由来とは?



今年も母の日が迫ってきました…なんて言うと感謝が感じられませんが、でも、毎年のように何を贈ろうかとあれやこれやと悩まされるのも事実です。今年は何を贈ろうかなと、私も頭を悩ませます。スイーツを贈ろうか…、はたまた一緒に食事に行こうか…。アクセサリーや服などは、本人の希望に合わなければ、喜んでもらえないし、花はありきたりだし…。

でも、そこでふと疑問に思いました。「なんで母の日にカーネーションを贈るのだろう?」そこで、調べてみました。

今回は母の日にかネーションを贈る由来についてお伝えします!

スポンサーリンク


母の日誕生の歴史

今では世界中に浸透している母の日。

その母の日はどのようにして生まれたのでしょうか?

a0008_000770

カーネーションを贈る由来

母の日にカーネーションを贈る由来は、20世紀初めの1905年5月9日に遡ります。当時、アメリカのフィラデルフィアに住んでいた少女、アンナ・ジャービスが、大切なお母さんを亡くしました。彼女は誰にとっても大切なお母さんに感謝と敬意を表す機会を作ろうと考え、世の中に広めていきました。アンナはお母さんが、日曜学校の先生をしていた教会で母を偲ぶ会を5月9日に開いて、その時に、お母さんが好きな白いカーネーションを教会に贈りました。

これが、母の日にカーネーションを贈る由来です。

母の日の始まり

やがて、アンナの活動は、アメリカ全土に広がりました。そして、遂に1914年に、当時のアメリカ大統領のウィルソンが、アンナがお母さんを偲ぶ会を開いた日にちなんで、5月の第二日曜日を「母の日」として、祝日に制定しました。

ちなみにアンナのお母さんは、南北戦争の時に、地域の女性をまとめて、戦場で負傷した兵士を敵味方問わず、助ける活動をしていた方だそうです。まさに母の中の母ですね!

カーネーションの色の意味

母の日に贈るカーネーションの色は、赤のイメージが強いですが、これはお母さんが健在であれば、赤いカーネーションを、既に亡くなっているのなら、アンナが贈ったカーネーションの色にちなんで、白いカーネーションを贈るのだそうです。

日本ではカーネーションといえば赤が定番なので、私はカーネーションの色に、白があることすら知りませんでした(^_^;)

スポンサーリンク


まとめ

a0005_000064
母の日の贈り物は色んな選択肢がありますが、何を贈るにせよ、感謝と尊敬の気持ちが一番大切だと思いました。普通の少女の母を大切にする気持ちが、国中に広がって、国民の祝日にしてしまうとは、彼女の母を大切に想う心には、脱帽です。そんな彼女の心にあやかり、今年のプレゼントには、赤いカーネーションとメッセージカードを添えて、贈りたいなと思いました。

まだ何を贈るか、決まってないんですけどね…。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連コンテンツ


コメントを残す



このページの先頭へ