夏至ってどんな日?日の出と日の入りの時間は?



夏至と聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

夏至は一年で一番昼間が長い日です。でも私にとって夏至の時期は、普通に働いてる時期なので、気が付いたらもう過ぎてるというのが、正直なところです。

しかし、せっかく一年で昼間が一番長い日なので、もっと楽しく過ごしたいと思い、色々と調べてみました!

スポンサーリンク


夏至ってどんな日?

2015年の日本の夏至は6月22日(月)です。

その日、は一年の中で最も日照時間が長い日ですが、それだけではありません。昔から様々な風習があります!

13399ca0e4384ee94fdb7c875193d458_s

日本の夏至の風習

日本は、夏至の日に、関西ではタコをたべたり、関東では焼き餅を供えたりする風習があります。

歴史的に農業が生活の中心だった日本では夏至の時期は農繁期だったため、あまりノンビリと何かをやってる暇が無かったようですね(^_^;)

3623bcf26736cf5930a7c3805c4d3b01_s

世界の夏至の風習

やはり、代表的なのは北欧のスウェーデンやフィンランドの夏至祭でしょう!

夏至の日に最も近い金曜日と土曜日が祝日となり、夏至を祝う祭が盛大に行われます!この時期の北欧は一日中太陽が沈まない(厳密には沈んでるんですが、沈み方が浅いので明るい)白夜の時期なので、夜通し(夜が無いのに”夜通し”って変ですが)飲んで食べて歌って踊ってと一年で最も大事な行事として大騒ぎします。私も夏至の時期の北欧に行って、白夜を体験するのが夢なんです!

スポンサーリンク


天文学的な意味

それでは、夏至の日は天文学的にはどういう日でしょうか?

日の出と日の入りの時間

毎年、微妙に違うものの、2015年の東京の場合。

日の出:午前4時23分53秒
日の入り:午後7時0分44秒

地域によっても、また変わります。

詳細な時刻はこちらのサイトで計算できますよ!

日の出と日の入りの方角

夏至の時期の日の出と日の入りの方角ですが、これも地域によって微妙に差がありますが、一言で言うと一年の中で最も北から太陽が出て、最も北に太陽が沈みます。詳しくはこちらのサイトで確認できますよ!

スポンサーリンク


夏至の時期が最も暑いはずじゃないの?

夏至より1ヶ月~2ヶ月後が最も暑い理由

私も疑問に思ってたのですが、一年で最も日照時間が長いのに、最も暑い時期は7月~8月ですよね?それって何故なんでしょうか?

空気を温めるのは、地面の熱だから
まず、空気は日光に直接温められるよりも、日光で温まった地面からの熱で温まります。当然、昼間は地面は温められて気温が上がり、夜間は地面は冷えて気温も下がります。夏至が過ぎてもしばらくは、昼間の方が長いので、冷めるよりも温まる傾向の方が強いため、夏至を過ぎてしばらく経ってから気温のピークを迎えるわけです。と言っても実際には太平洋高気圧の勢力など色々な要素があるので、この理由だけではないため、参考程度にしてくだいね!

夏至の時期は紫外線に注意
気温のピークは7月~8月でも、紫外線のピークは間違いなく夏至がピークです!この時期、本州のほとんどの地域は、梅雨で曇りがちですが、侮ってはいけません!

紫外線は透過率が高いため、曇りでも結構な量の紫外線が注いでいるので、一年で最も紫外線ケアが必要な時期です!私も夏至の時期の曇りの日にビーチバレーをやったのですが、曇りだったので日焼け止めを塗らずにプレーしてしまい、真っ黒に日焼けして、皮もズルむけでヒリヒリして大変でした(>_<)

スポンサーリンク


まとめ

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s いかがだったでしょうか?私は昼間が長いというだけで、テンションが上がってしまいます!

皆さんも一年で最も昼間が長い日を楽しんでくださいね!


スポンサーリンク


2 Responses to “夏至ってどんな日?日の出と日の入りの時間は?”

  1. 野浦 より:

    はじめて訪問する野浦といいます。

    夏至って日本だけの風習かと思ってましたが
    あの白夜もそうだったんですねぇ
    子供の頃、ニュースで白夜の模様を見て
    不思議な気分になったことを思い出しました。

    それではまた訪問しますね。
    応援もポチ!しておきました♪
    では、ありがとうございました。

    • yahuhichi より:

      クリックありがとうございますm(_ _)m

      私も白夜はテレビでしか見たことがないので、一度体験してみたいんです。
      一晩中明るいってどんな感じなんでしょうかね?

      ちなみに夏至の時期に一日中明るいなら、冬至の時期は一日中暗いらしいです。
      こっちは陰気な感じだからそんなに有名じゃないんでしょうかね(^_^;)
      北欧のもっと北の街だと冬至の時期は、一日中太陽が登らず夜がずっと続くんだそうです!
      その街では冬至が過ぎて久しぶりに太陽が昇る日にお祭りをします。
      これもテレビでしか見たことがないんですけど、太陽が登らないほど北の街で、季節が真冬なので、こっちは体験したいとは思いませんでした(>_<)

コメントを残す



このページの先頭へ