野球のインフィールドフライを落球するとタッチアップは必要!?



前回は振り逃げについて、お伝えしました!

見逃し三振でも振り逃げして良いケースや2アウト時の例外ケースなど、以外にレアケースを理解できてない方もいたのではないでしょうか?今回は、インフィールドフライについて書きます!

試合中に頻繁に発生しますが、テレビを見てるだけだと、審判の声はあまり聞こえないので、野球をテレビで観るだけの人は、このルールを知らない人も多いと思います。

そんなインフィールドフライは通常のフライとどう違うのでしょうか?野手が落球した場合でもタッチアップは必要なのでしょうか?似たルールに故意落球というルールもありますが、それとは何が違うのでしょうか?

そういうわけで今回は、インフィールドフライについて、書いていきます!

スポンサーリンク


インフィールドフライの成立条件

baseball076
インフィールドフライは以下の3つの条件を満たした時に、審判が「インフィールドフライ」と宣告すると成立します。インフィールドフライは審判のうちの誰か一人でも、宣告すれば成立します。

【インフィールドフライ成立の条件】
  1. アウトカウントがノーアウトまたは1アウトの時
  2. 走者が1塁・2塁、または満塁の時
  3. 内野フライが上がった時

順番に説明していきます。

アウトカウントがノーアウトまたは1アウトの時

ルールの目的(後述)を踏まえると2アウトの時には適用する必要がないので、ノーアウトか1アウトの時のみが条件です。

走者が1塁・2塁、または満塁の時

走者が1塁のみの時は、打者が全力疾走で1塁に向かえばダブルプレーにならないだろうという考え方から、走者が1塁のみの時は適用外です。でも、足の遅い打者だったら、簡単にダブルプレーになっちゃうと思うんですが…。

内野フライが上がった時

バントからのフライやライナー性の打球の場合はインフィールドフライの適用外です。内野フライなら何でも適用されるわけではなく、内野手が無理なく捕れるであろうと審判が判断した時のみが対象です。バントのフライや緩いライナーをワザと落として、ダブルプレーを取るのは、実際の試合でもよく見かけますね!

baseball097
インフィールドフライが成立すると打者は、ただちにアウトになります。そのため、走者はフォースアウトになることがなくなります。

インフィールドフライが成立した後に、走者は元々いた塁にリタッチする義務が生じます。インフィールドフライの成立は審判がインフィールドフライを宣告した時なので、その後に野手が落球したとしても、走者はタッチアップが必要なのです!

インフィールドフライのルールが存在する理由は、野手がフライをワザと捕らずに地面にボールを落とせば簡単にダブルプレーを取れてしまうので、試合を面白くするためにそれをできなくするのが目的です。

スポンサーリンク


故意落球との違い

インフィールドフライに似たルールとして、故意落球というルールがあります。

これは内野手が無理なく捕れるであろう内野フライをワザと落としたと審判が判断した時に適用され、打者はただちにアウトになり、ボールデッドになって走者は元いた塁に戻ります。インフィールドフライの場合は、ボールインプレーのままなので、プレーが続行されます。

また故意落球が適用される走者の状態は、走者が1塁、1塁・2塁、1塁・3塁、満塁の時です。これもインフィールドフライトの違いです。

ちなみにインフィールドフライが宣告された打球を内野手が落球した場合は、インフィールドフライが優先され、故意落球は適用されません。

let0004-009
以上が、インフィールドフライのルールです。

内野フライが上がってもインフィールドフライが宣告されなければ、ダブルプレーを取るチャンスです。

この辺はプロの選手でも、時たま混乱している姿を見かけるので、審判が宣告したかどうかをしっかり聞いて、その後のプレーを判断できるように、日頃から練習しておくのが大切ですね!

というわけで、今回はインフィールドフライについてでした。

次回は意外な盲点があるアピールアウトについてです!

野球の難しいルール
第一回:「振り逃げ」
第二回:「インフィールドフライ」
第三回:「アピールアウト」


スポンサーリンク


コメントを残す



このページの先頭へ